企業と大学がタイアップして新商品を作るような産学連携も当然のように行われるようになっていますし、大学内にベンチャー企業を作って研究資金を集めるような動きも活性化しています。

産学連携で研究することももちろんですが、
産学連携についての研究も重要視されていますね。

 

AI(人工知能)の研究での大学院進学もやはり目立つようになって来ました。

東工大、慶應、早稲田と、最近の中央ゼミナール生の中には、
AIの研究での大学院進学が目立ち始めています。

大学院の研究も、やはり時事とリンクしています。
社会的ニーズが高い分野を研究テーマに選ぶのも
いいやり方のひとつだと思います。

 

女優の二階堂ふみさんは、
たいへんユニークなキャラでいらっしゃると思います。

演技をしたり、
写真を撮ったり、
バラエティに出演など
多彩でいらっしゃいますよね。

二階堂ふみさんは慶應義塾大学総合政策学部ですので、
学問分野を横断(文系も理系も横断)して学んでおられるので、
多方面の知識があるのではないかと思います。

1つの分野に絞って学ぶのではなく、
学際的に分野横断的に学びたい方もぜひ中央ゼミナールにご相談ください。

二階堂さんの慶應SFC(湘南藤沢キャンパス)の大学院もいかがですか?

 

吉井理人コーチは、
筑波大学大学院において、
スポーツ科学、コーチ学を専攻なさり、
修士号を取得なさっておられます。

自分の体験をしっかりと言葉にして説明できる
いいコーチになりたいということが
大学院進学の動機だったそうです。

科学哲学者のマイケル・ポランニーが
言う暗黙知の形式知化ってことですね。

自分の仕事上の課題をブレークスルーするために
社会人が大学院に進学することは、
実務界にもいい影響が出ますし、
学術界としても現場の様子を学べて、
WIN-WINですよね。

中央ゼミナールからも吉井コーチと同じ研究科に今年も合格者が出ております。

スポーツ関係の相談もよろしければどうぞ。

 

『魔法少女まどか☆マギカ』の名シーンとしては、

ほむらちゃん、ごめん。
私魔法少女になる!
私やりたいことを見つけたの。
だから、そのために、この命使うね。

というシーンがあると思いますが、
自分の命を注げるようなものが見つかった人は幸せだと思います。

どうしてもこれを研究したい!というテーマを見つけて受験する人もいれば、
まずは合格して、その後でじっくりテーマを見つける人もいます。

『魔法少女まどか☆マギカ』などの魔法少女の研究で、
大学院に進学する人が2年連続で中央ゼミナールにはいますよ。

テーマはそこら中に転がっていますよ。

 

北海道日本ハムファイターズの
栗山英樹監督は来期も監督が決定し
8年目になるそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=OAGcqO6OGSY

栗山監督は、
東京都小金井市にある国立大学の
東京学芸大学のご出身という
国立大学出身プロ野球選手
およびプロ野球監督でいらっしゃいます。

珍しい経歴ですと、よく報道されますし、仕事も来るようですよね。
インテリキャラとしてマスメディアからも注目されますし。

とにかく学んでおくことは、人生の選択肢を広げることにつながると思います。

大学を出ていなくても、明治、立教、法政などの社会人大学院(土曜日と平日夜間少しの授業でOK)に飛び級できたりもしますし、生涯学習の時代だと文部科学省も言っていますし、よろしければいかがですか?

 

明治、法政などのMARCHの大学院には不合格だったのに、
早稲田、慶應には受かるというパターンもあります。

面接官から嫌われると、いくら優秀でも不合格になるのが大学院入試です。

アルバイトの面接では、お店の雰囲気に合わない人は落ちてしまいますが、
大学院ですと、ゼミの雰囲気に合わない人は落とされることももちろんあるわけです。

ですから、各自に合ったところも受けないといけないわけです。
大学院受験は複雑ですので、情報がとにかく大事です。

 

今日が合格発表の慶應の大学院もありましたが、
中央ゼミナールからは今のところ5人の方からうれしい報告が届きました。
まだ連絡がない人もおりますし、
明日が合格発表の別の研究科もありますし、
出願がこれからの慶應の大学院もありますし、
大学院受験はまだまだ今年度も続きます。

 

貴乃花は、
明治大学付属中野中学校(明大中野)
を卒業後に角界に入門なさいました。

つまり、貴乃花はMARCHですね。

確固たる自分の考えを通した内部指向型(リースマン)の人ですよね。

貴乃花のように明治大学、MARCHがいいな、という方は
明治大学大学院をはじめ、いろいろな選択肢がありますよ。

 

イギリス王室のメーガン妃は演劇学と国際関係論のダブルメジャーでいらっしゃいます。

ノースウエスタン大学で、
演劇と国際関係を専攻なさり、
二つの学位を獲得して卒業なさいました。

アメリカでは、異なる2つの分野を専攻することはよくあることです。

日本では、専攻は1つと考える人が多いですが、
アメリカでは複数なのはとてもよくあることです。

大学院進学の際には、学部の専攻とは違う分野を専攻することも
もちろん可能ですし、
分野が横断的な学際的な専攻に進学することも可能ですよ。

まぁ、お気軽にご相談ください。

中央ゼミナール講師兼学習指導スタッフ赤田(あかだ)