教育系大学院合格者インタビュー

教育系大学院に合格された方から、喜びの声が届きました。インタビュアーは教育系大学院担当講師の高橋幸絵先生です。大学院受験の心構えや中ゼミの活用方法など、参考になるお話をたくさんいただきました。これから受験される方は、是非ご一読ください。

東京大学大学院教育学研究科修士課程基礎教育学コース合格 木村久美子さん

合格おめでとうございます。まずは、今のお気持ちをお話しいただけますか。

合格できるかどうか、かなり不安でしたので、ほっとしたというのが、一番の気持ちです。前日まで教育実習でしたので、9月はほとんど勉強ができませんでした。試験は9月下旬でしたから、本当に心配でした。

そうでしたね。本当に大変でしたよね。それでも合格されたということは、本当に木村さんのご努力の結果だと思います。 今日はいろいろと木村さんにお聞きして、大学院受験を考えている方のお力になれればと思っています。ところで、まず、そもそもですが、どうして木村さんは大学院を受験されようと思ったのですか。

大学4年間で何を学べたかなと考えたときに、何もわかってないんじゃないかなと思って、もう少し勉強したいというのが最初の動機です。教育学を学んだとはいっても、本当に何もわからないままだなぁと思って。出身校の大学院を受験するんだったら、独学でも合格できるかなとは思ったんですが、他の大学に行きたいという思いがまずあったので。他の大学の大学院受験を考えたときに、情報もないし、どうしたらいいか全然わからなくて。それで、中ゼミを知って、一度相談に行こうと思いました。

中ゼミはどのように知りましたか。

インターネットで知りました。実は最初は、大学院だけでなくて大学編入も考えていたんです。相談に行ったときはまだ、大学院に進学すること、研究するとはどういうことなのか、全くわかっていませんでした。何を研究するのか、卒論をどうしたらいいのかも全然見えていない状態でした。今までずっと、自分は心理学がやりたかったのではないかという思いもあって、編入してもう一度大学での勉強をやりなおそうと考えていたんです。でも研究をするということを考えたとき、自分の興味関心が漠然としすぎていて、ただ「勉強したい」では駄目なのだということを知りました。高橋先生からお話を伺ううちに、私の興味のある内容は、心理学ではなくて教育学でだって研究できる、編入ではなくて大学院入試で大丈夫だということがわかりました。

実際に勉強してみて、教育学でも違和感なかったでしょ?

はい、やっぱり私の中には、教育学がいいという思いが最初からあったのだろうと思います。しかも、私には心理学の科学的アプローチよりも向いていたみたいでよかったです。中ゼミに相談に来た時期が遅かったので、とても不安でした。相談に来たのが、5月に入ってからでしたから。受験するコースを決めるまで、本当に悩みました。

そうでしたね。木村さんの場合には、どこを受験するのか、どういう方向に進むのかを決めるまでが大変でしたよね。

はい。研究計画書を作っていく段階で、自分は大学院で、何を「勉強」したいかではなく、何を「研究」したいかということを考えることが大事だということを知って、いろいろな方向性を考えました。そのとき、つきたい先生というのがわからなくて、いろいろなところを探して、見学にも行きました。最終的に、東大の先生の著作を読んで、この先生いいなと思ったんです。その本や東大を勧めてくださったのが高橋先生でした。私は東大は少しも考えていなかったので(笑)。

でも、木村さんの関心からすると、ぴったりでしょ?

はい。それから、高橋先生に薦められた『アートの教育学』を読んで、面白い!!と、わくわくしました。それを読んだときに、私は、この方向がやりたいんだと思ったんです。

そうでしたね。私自身、木村さんの関心をお聞きしていたら、『アートの教育学』の路線が一番合うかな、と思ったんですよね。

本当にあれは衝撃でした。あの本に載っているのはほとんど東大の先生が書いたものなんですよね。それで、東大の教育学コース、絶対にここに行きたいと思えました。

志望校を決めるのは本当に難しいのですが、木村さんの場合、教育学コースに決まったときは、お互いに、本当に納得しましたよね。 東大の教育学コースを受験していくということが決まると、今度は卒論のまとめと修士論文の研究計画書の執筆に入りましたよね。木村さんの場合、卒論と修士論文の役割が明確に分けて書けたんじゃないかと思います。その部分、とても良かったと思うんですが、どうかしら?

高橋先生からレッジョ・エミリアアプローチについてお聞きして、自分でもいろいろと調べてみました。それで、面白いなあと思って、修士課程で深めたいなあと思いました。ただ、卒論をどうするか、卒論のテーマですごく迷っていました。美術教育ということは決めていました。その場合、一人の人の思想を扱うか、あるいは、教育実践を見て書こうかと思っていました。私の入っていたゼミが、教育方法、教育課程といった実践のゼミだったので、どうしようかと、いろいろな可能性があって迷いました。 それで、レッジョの話を大学の指導教官にしてみたら、今、これから始めるのは大変だから、大学院でやったら、と言われました。今は一人の思想家についてまとめた方がいいんじゃないとアドバイスを受けました。それじゃあ、レッジョは院でやろうと、決心がついて(笑)。

逆に、それが院に行くための強いモチベーションになったりして(笑)。

はい(笑)。それで、やっぱり、もとになる美術教育の考え方というのを卒論で深めることにして、美術教育学者の思想を扱いました。 卒論で思想研究を行って、院で、その人を発展させるのが一般的だということは聞いていたんですが、私はそれでも、レッジョ・エミリアをやってみたいという思いがありました。それで、研究計画書を高橋先生と相談していく中で、卒論では一人の思想を深めて、その思想の中でも「創造性」ということを扱うことにしたので、その「創造性」が育まれている場としての実践例としてレッジョ・エミリアを見ていったらどうかなと考えるようになりました。この意味では、卒論を修士論文で発展させることができる、という構成が作れたと思います。しかし、教育学コースの中の教育思想の研究室に入るので、レッジョ・エミリアという実践の根底にある思想を研究したいというところに行きついていたので、卒論のまとめと修士論文の計画書が、ちょうどよくまとめられたと思っています。

そうでしたよね。レッジョの実践には深い教育思想がありますからね。それを思想研究のアプローチで深めていくことはとても重要なことなのではないでしょうか。

自分の中で、本当に、きれいに整理がついて、これこそやりたいことだって思えました。

なるほど。木村さんがそこまでレッジョにひきつけられたのはどうしてだったんだろう?

そうですね。自由な雰囲気と、芸術にあふれた雰囲気。普段の生活が芸術になっているというところに魅力を感じました。

そういう生活が子どもたちの創造性を育んでいるわけですよね。 研究計画書以外の受験勉強は、どのように準備されましたか。

英語は完全に、中ゼミにお世話になりました。週に2回、3講座受講していました。先生がそれぞれ違って、いろいろなパターンで授業が受けられたので、面白かったです。専門は高橋先生の授業が楽しくて、専門の授業を楽しみに中ゼミに通ってました。編入の「教育学論文」で教育学の流れ・全体を講義していただいたので、在籍している大学で断片的に学んでいた、つながっていなかった知識がストンと整理された気がしました。

たった一コマしかないですからね。思想も行政も制度も実践も、全部やるというね(笑)。

ほんと、すごいなあと思って。毎回違うテーマでしたし。1時間でまとめられるのが、先生、すごいなって。

ははは。本当に時間がないですからね。

「大学院教育学論文」の方では、専門に特化した学習ができたと思っています。それぞれ毎回テーマが違っていたり、先生のご専門のテーマも深くお聞きできたので、それがすごく良かったです。

ははは。ありがとうございます。

それが面白かったです。しかも、それが入試で役に立って。

ほんと、驚きですよね。あんなマニアックなテーマが教育学コースで出題されるなんて(笑)。何でも勉強はしておくものですね。

入試問題を解くときに、高橋先生の顔を思い浮かべて(笑)。先生のあの授業がなかったら、一問白紙で出すところでした。それから、「理論と実践」の話も出ていて。これも中ゼミで勉強したテーマでしたよね。中ゼミでの勉強を半期分振り返って、今までちゃんと勉強してきたんだという自信とともに(笑)、解答を書きました。

多少はお役に立てたかしら。私も、木村さんはじめ、皆さんに助けられながら、「大学院教育学論文」の授業をすることができたと思っています。皆さんが積極的に発言してくださいましたよね。

みんなそれぞれに頑張っていて、それぞれにしっかり考えを持っているというのがすごくいい刺激になりました。他の人の研究計画書が聞けたのも良かったです。同じ目的を持って勉強している仲間がいるというのが一番心強かったです。みんなにはたくさん助けられました。授業の後に、それぞれ興味がある分野について、いろいろ話したりするのもすごく楽しくて、勉強になりました。

そういうふうにして、お互いを先生にして学ぶことができますよね。その他、木村さんの受験を振り返って、いかがでしたか。

本当にあっというまでした。試験が早かったので、中ゼミに通う回数も限られていましたし。途中からでしたので、すでに授業も数回終わってしまっていましたから。それでいて、出願は一番早かったですから。

本当によく頑張られましたよね。 さて、これから、大学院の生活が始まりますが、抱負をお話しいただけますか。

イタリア語を頑張りたいと思います。入試のときに一人の先生から、卒論を発展させて、アメリカの美術教育の思想家を深めた方が言語的にもいいんじゃないかと言われたんですが、他の先生が、「今はイタリアが注目されてきていますからいいんじゃないですか」とおっしゃってくださって。「はい、イタリア語、頑張ります」と言ってしまったので(笑)。

なるほど。大学院修了後はいかがですか。

研究がどうなるかわからないので、進めたくなったら、博士課程に行くことも考えています。今のところは、教員になりたいと思っています。大学4年間でかなり苦労して小中高の教員免許を取得しましたので。この間、教育実習に行ったときに、教員っていいなぁと改めて思いました。教育実習で生徒たちと関わる中で、色々なことを学べました。授業をするのはすごく難しかったんですけれども、楽しくもあって。人に伝えるというのは本当に難しいことですが、子どもたちはちゃんと反応を返してくれるんですよね。最後の授業のときに30分ぐらいで文章を書いてもらったんですよ。すごく短い時間だったんですが。それが終わったときに一人の女の子が教壇のところに来て、「先生、こんなに疲れた授業、私、初めてだよ」と言ってくれたんですよ。「こんなに集中して、こんなに書いたことない」って。そこまでやってくれたというのが、すごくうれしくて。そして、それをわざわざ言いにきてくれるっていうのが、またうれしくて。本当に授業や教師のやりがいを感じました。

本当に充実した教育実習だったんですね。きっと木村さんでしたら、素敵な先生になってくれるんだろうなあと思います。これからが楽しみですね。大学院でしっかり勉強されて、木村さんの夢を実現されること、強く願っています。本日はありがとうございました。