入会金・受講料

通信サポート入会金・受講料一覧
注意事項

※1過去問題・受験情報のコピーは100枚まで無料です。101枚以降は有料(1枚20円)でコピー可能です。

※2来校での個別面談は、原則として1回60分5回まで利用できます。必ず事前にご予約ください。複数コース履修でも回数は増えません。

※3電話(Skypeも可)での個別面談は、1回30分5回まで利用できます。必ず事前にご予約ください。複数コース履修でも回数は増えません。

※2※3ご都合が悪くなった場合は、必ず前日までにご連絡ください。当日キャンセル・無断キャンセルが続いた場合には、その後サービスを受けられなくなる場合がありますのでご注意ください。

※4手続きなど事務的な確認は電話でお問い合わせください。学習相談や進路相談は原則として個別面談を予約するかメール(ファックス)をご利用ください。

※5原則としてメールや書面でのやり取りとなります。必要に応じて、スタッフから電話面談(事前予約要)などの指示をする場合があります。

※6会員有効期間に行われる公開模試については自宅で無料受験できます。入会前や会員有効期間終了後の公開模試は含まれません。

※7大学院の研究計画書指導は研究計画書コースの履修が必要です。ただし、心理系大学院志望で「臨床心理学」もしくは「臨床心理学入門」を履修する方は、課題の中で研究計画書の添削を5回まで行います。

※8コースに設定されている科目数以上に科目の追加をご希望の場合には、1科目あたり20,000円の受講料となります。

※9通信サポートの全コースに、受験アシストコースと同様のサポートサービスが含まれています。受験アシストコースを単独で申し込む方以外は、別途追加履修する必要はありません。

学費ローン

オリコ学費サポートプランについての詳細はこちらから

通信サポートコースとは?

受験に必要となる科目数に応じて、1科目から(標準は3科目)課題の添削指導が受けられるコースです。通信サポートコースは、科目数に応じた課題の添削指導と、サポートサービスが含まれています。受講料には、中央ゼミナールからの通信費・テキスト代・模試代などのすべてが含まれています。

科目一覧やオススメ履修方法を参考にして、ご自身がどのコースを(何科目を)受講すべきか、検討してみましょう。

ご自身の志望校対策としてどの科目が必要か、わからない方、迷われている方は、お気軽に専門の指導スタッフまでご相談を!

サポートサービスとは

過去問題・受験情報など豊富な情報を提供

充実した資料と情報で受験生をサポート

メール・FAX・電話・質問用紙で質問・相談を受けつけ、孤独な受験生の不安を解消!

中ゼミ主催の公開模試を自宅で無料受験可

志望理由書を大学別に添削指導、電話や来校しての模擬面接も実施

各種ガイダンスを動画で視聴

分野別のコース選択例

編入試験や大学院入試では、大学ごと学部学科ごと研究科ごとに試験内容が異なるため、先に志望校・学部・研究科の決定をすると効率的な対策が可能になります。

以下、系統ごとのコース選択例を一部紹介します。

旧帝国大学法学部志望

 語学講座

  • ハイレベル③法学部英語

 論文講座

  • 法学概論
  • 憲法
  • 政治学
  • 法学部の時事論文
  • 法学部の課題文型論文

この履修例の場合、難関法学部コース(6科目)になります。

旧帝国大学経済学部志望

 語学講座

  • ハイレベル①経済経営英語

 論文講座

  • マクロ経済学
  • ミクロ経済学
  • 経営学
  • 経済・経営系の時事論文

この履修例の場合、難関経済・経営コース(5科目)になります。

難関社会・学際学部志望

 語学講座

  • ハイレベル②社会学英語

 論文講座

  • 社会学
  • 学際<政策・情報>
  • 小論文④難関社会科学系課題文型

この履修例の場合、アラカルト4科目コースになります。

難関英文・英語学部志望

 語学講座

  • ハイレベル⑨難関大英語系
  • ハイレベル⑧エッセイ

 論文講座

  • 英語英文・異文化コミュニケーション論

この履修例の場合、標準3科目コースになります。

大学院社会学・学際系志望

 語学講座

  • 院レベル②社会学英語

 論文講座

  • 社会学
  • 学際<政策・情報>

 オプション

  • 研究計画書

この履修例の場合、標準3科目コース+研究計画書コースになります。

大学院MBA系志望

 語学講座

  • 院レベル①経済経営英語

 論文講座

  • 経済・経営系の時事論文

この履修例の場合、単科2科目コース+研究計画書コースになります。

難関心理系大学院志望

 語学講座

  • 院レベル⑤心理学英語

 論文講座

  • 臨床心理学
  • 大学院心理学
  • 心理統計学

この履修例の場合、心理系大学院コース(4科目)になります。

※研究計画書指導は、「臨床心理学」科目内で対策が可能なので、別途「研究計画書」を受講する必要はありません。

中堅心理系大学院志望

 語学講座

  • ハイレベル④心理学英語

 論文講座

  • 大学院心理学
  • 臨床心理学入門

この履修例の場合、標準3科目コースになります。

※研究計画書指導は、「臨床心理学入門」科目内で対策が可能なので、別途「研究計画書」を受講する必要はありません。

入学時期とコース選択について

通信サポートコースご入学は、年間を通して随時受けつけております。

ただし、ご入学の時期によって、サポート期間(会員有効期限)が異なりますので、受験日までのスケジュールを念頭に、どの時期からの入学が適しているかをご案内します。10月入学をご希望の方、次年度に向けて2年間指導を受けたい方は、こちらを参照してください。

どのコースを選択するのが最適か、迷われている方はお気軽にご入学のご相談を!

個別面談について

サービス期間中は、事前予約の上、個別面談を受けることができます。来校での個別面談は、1回60分で5回まで、電話による個別面談は、1回30分で5回まで、志望分野のスタッフが対応します。面談の内容は、学習相談、進路相談、志望理由書の添削指導、模擬面接など、大学編入や転部を志望する学生の幅広いニーズに対応しています。

個別面談以外に、メール(もしくはファックス)でのご相談・ご質問もお受けしています。指導スタッフが必要だと判断した場合には、電話で応対する場合もあります。

校内生としてのサービスについて

通信サポートコースに入会した学生は、そのサービス期間中、校内生としてのサービスを利用することができます。過去問題や受験情報などの各種情報は、初回セットに含まれる請求用紙にご記入の上、送付していただくことでそのコピーをご返送しています。各種情報のコピーは計100枚まで無料ですが、それを超えた枚数をご希望の場合は、1枚につき20円で請求することも可能です。

各種講習について

通信サポートコースのいずれにご入会された方でも、中央ゼミナールの各種講習(夏期講習/冬期講習など)に参加される場合には、校内生料金での割引受講が可能です。また、各種講習にかかる入会金も減額もしくは全額免除されます。

公開模試について

通信サポートコース生は、サービスの適用期間中に実施される中央ゼミナール主催の公開模試を、自宅で無料受験できます。入会前や、会員有効期間終了後の公開模試は含まれません。

コースの切り替えについて

コースの変更は、科目を増やす場合についてのみ差額で手続きできます。(科目数の削減はできません)

例:標準3科目 → アラカルト4科目 = 差額の2万5千円で手続き可

また、英語のレベル変更は、入学後1回のみ無料で行うことができます。

受験アシストコースについて

情報提供、志望理由書添削、公開模試受験など、校内生としてのサービス"のみ"を提供するコースです。

面接と提出書類だけで合否が判断される大学を受験する方、情報の提供だけを希望する方などを対象としています。

入会金の減免について

入会金の減免

過去5年度以内に中央ゼミナールに納入いただいた入学(会)金は減免対象となり、その相当額を今回の入会金から減免します。ただし、入会手続き時に証明となるもの(在籍時の本校の学生証・会員証)を提出した場合に限ります。