大学編入コース新学期が開講します!

1年ぶりの書き込みです。昨年は春先に1回更新してそのままになってしまいました 😥 。長いこと、このブログを書いてきて、大学編入については言いたいことを言い尽くした感があって、過去ログを検索して頂ければと…(上から目線ですみません 😐 )。 とは言え、ここ数年、大学編入試験にもいろいろと変化が起きています。内容が古くなっていることも確かです。そろそろ復活!と、自分に言い聞かせて…。 ということで、また、よろしくお願いします 😀 。 さて、今日はとりあえず、中ゼミでのアレコレを。 まず、中央ゼミナールでは16日の日曜日に、大学編入コースの総合ガイダンスを行いました。私は、冒頭で30分間お話しして、それから理系・看護編入ガイダンスに移り、試験の早い学生のために「志望理由書・面接対策ガイダンス」を行いました。 大学編入コースガイダンスでの話は、具体的な勉強方法は学部別ガイダンスで行うため、私の担当は受験生の姿勢・心構えに関すること、つまり精神論。毎年、よかった、やる気が出たと言って下さる方もいれば、話の間中、つまらなそうな方もいます 😥 。 後で回収されたアンケートを拝見すると、今年もよかったと言って下さる方と、話が長いという方が同数程度。時間は最初から予定通りなのですが、来年は10分間、短縮することを決めました。でも、やはり私は、精神論も必要だし、やさしいだけでは…と思っていますので、嫌 … 続きを読む 大学編入コース新学期が開講します!

久しぶりにブログを再開します(+産経新聞の記事について)

「大学編入のホント~部長の独り言」というブログを何年も続けて、いつしか、同じような内容を繰り返し書いていることに気づき、燃え尽きて?ずっとお休みしていました。 でも、春も近づき、何となく気持ちもそわそわする中、タイトルを少し変え、大学院や社会人入試まで範囲を広げて、再開することとしました。私がおもに中ゼミ生のみなさんとかかわるのは、看護3年次編入、看護学士編入、それに社会人入試全般ですので、そちらも含めて…。中ゼミ生の皆さん、そして、さまざまなかたちで受験を目指す皆さんに、読んで頂ければと思います。 週に1回程度になりそうですが、よろしくお願いします。と、挨拶だけ?という突っ込みが入りそうですね 😕 。 今日、中ゼミをご紹介頂いた産経新聞の掲載紙が手元に届きました。2月22日に掲載されたようですが、全く見ていなくて…。入学相談で来校された複数の方がこれを読んで来ましたと持っていらしたりして、ああ、掲載されたんだなと思っていました 😳 。(なんかのんきで) 久しぶりに編入に関するものです。20年くらい前、多くの短大生が編入試験にチャレンジしていた頃は、朝日新聞に掲載して頂いたり、テレビ取材もいくつかあったりしました。でも、今回のように、大学入試のリベンジをする大学生を取り上げて頂いたのは、初めてかもしれません。 紙面掲載に先立ち、産経新聞のウエブ版でも取り上げて頂いたのですが、6万件 … 続きを読む 久しぶりにブログを再開します(+産経新聞の記事について)

大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!⑤

 早稲田大学社会科学部はすでに出願締め切り、明治、筑波も期限が迫ってきました。予定を変更して今日は出願について。  早稲田大学社会科学部は、願書の裏に志望動機を書く欄がありますが、試験要項の出願書類には志望理由書と書かれていません。そのため、中ゼミ生にも志望理由書は必要ないと思い込んでいる人が複数いて、スタッフが何度も「志望理由を書く欄があるので準備を早めに!」と、確認メールを送っていました。  また、明治大学も学部によって必要な提出書類が異なっていて、少々わかりにくいと思います。情報コミュニケーション学部を受験する学生に「よくわからない」と聞かれ、一緒に試験要項を確認した経験から言うと…。まず、外国の大学からの志願者に求められる書類一覧を見て、一瞬、「え?シラバスがいるの?」と思い、よく見直して、「ああ、外国の大学を出た人ね」と気づき次にいきました。実は、以前、外国の大学出身者向けの出願審査期間が、自分にも該当していると勘違いして相談してきた人がいます。試験要項をしっかり読まないと不必要なことで慌てることもありますし、外国の大学からの受験者については、受験手続きがさらに複雑なんだということがわかりますね。  さて、明治を受ける学生から、「写真はボックスで撮ってよいんでしょうか」と聞かれていたため、私の目は写真に関する記載で止まりました。すると、驚くべきことが書かれていました。 ア … 続きを読む 大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!⑤

大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!④

 新年明けましておめでとうございます。今年もこのブログと中央ゼミナールをよろしくお願いいたします。  今年受験を迎える方にとっては、精神的にも体力的にも厳しい1年になることでしょうが、それが合格したときの喜びを大きくしてくれます。今できることをしっかりとやっていきましょう。  さて、年明けに行われる筑波・社会学類、早稲田・社会科学部、明治について、話を続けましょう。今日は試験の傾向を、英語を中心に。  上記3大学のうち、もっとも英語が難しいとされるのは筑波大学です。どの専攻も基本的には専門英文の読解が中心になります。たとえば平成25年度(昨年)の問題を見ると、経済学は34行の専門英文全訳。もっとも、ここはまれに変わった問題を出すことがありますので(出題者次第)注意は必要です。社会学は英文の量は経済学の3倍で、設題が8問。日本語での説明問題や和訳が中心です。政治学は英文の量は経済学の2倍で設問は下線部和訳2題と、内容に関する日本語での説明問題が2題…で終わりかと思ったら、同じくらいの分量の英文を10行程度の日本語に要約する問題までありました。  大学受験レベルの単語集に加えて専門単語をしっかり習得することが大切ですし、単に和訳するだけではなく内容をしっかり読解できるようにする必要があります。合格者の中には、専門知識や専門単語力があれば解けるという人もいるくらいです。  中ゼミの専門分 … 続きを読む 大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!④

大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!③

 今日は昨日の続きで(と言いつつ、アップが遅れまして申し訳ありません)、筑波大学社会・国際学群社会学類、明治大学各学部(理工学部除く)、早稲田大学社会科学部について、私の頭に浮かぶことを並べていきたいと思います。  まず、志望理由書や面接の重要度ですが、これはどの大学でもしっかりした準備があって当然、そうでなければ、面接で残念な結果になることもあり得ると考えるべきでしょう。  特に、毎年多くの方が受験する早稲田大学社会科学部では、筆記の結果だけでは差がつきにくいと推察されます。志望動機も明確で面接時の受け答えもしっかりしている、これで初めて合格が得られます。出身学校名を気にする方もいますが、中ゼミでは偏差値50前後の大学から合格したケースがありますので、当日の筆記と面接(志望理由書)で決まると思って準備して下さい。  志望理由書から読み取れるのは編入に対する熱意だけではありません。自分の思いを明確に相手に伝える文章力、そして、日頃どの程度、問題意識を持ち物事を考えているのか、専門科目を勉強しているのか、それらのすべてがみえてしまいます。たんに紙面を埋めればよいわけではありません。少しでもしっかりした志望理由書を書く必要があります。  なお、面接ですが、明治大学情報コミュニケーション学部のみが筆記試験合格者を対象としており、明治の他学部、他の大学は全員面接です。また、筑波は全員面接で … 続きを読む 大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!③

大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!②

 昨日の続きです。  まず、筑波大学社会・国際学群社会学類、明治大学各学部(理工学部除く)、早稲田大学社会科学部に共通する注意事項ですが、それはいずれの大学も出願にあたっても志望理由書が必要であり、きちんと準備する必要があるということです。  早稲田大学社会科学部には志望理由書はない…と勘違いする方がいますが、単に、独立した志望理由書の用紙がないだけで、入学志願票に記載する欄があります。早稲田はこちら 明治はこちら  いずれの大学も人気が高く難関です。取る人数が少ないだけに筆記の結果だけで合格できると安易に考えると、落とし穴になります。つまり、志望理由書、面接対策まで含めて完璧を期す必要があるということです。特に早稲田社会科学部のように、多くの方が受験して合格者はわずか…という大学については、ちょっとしたことが致命的になります。特に早稲田については、もう時間がない…ということであれば、やむを得ません。志望理由書を一通り用意した上で、面接対策でカバーすることになります。  編入の目的は3年次から専門的に学びたいことを、それに適した大学で勉強することです。したがって、志望理由書や面接では、編入の目的について、どのような学習環境で何を研究したいのか、具体的に示す必要があります。  その際に気をつけたいのは、これも今回あげたいずれの大学にも言えることですが、それぞれの学部(群)・学科(類) … 続きを読む 大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願迫る!②

大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願期間、迫る!

 年明けに編入試験を実施する人気大学の出願が迫ってきました。  まず、年明けの実施がごく少ない国立大学の中で注目されるのが、筑波大学社会・国際学群社会学類です。社会学・法学・政治学・経済学の4専攻が設置されています。出願は1月16日から22日で必着です。試験日は一般入試と同じ2月25,26日で、25日が筆記、26日が面接(全員)です。  それから私立大学で、まず、明治大学から。明治については以下を読んでいただくと、いろいろ疑問を持たれるのではないかと思いますが、長くなるのでそれはまた明日。  まず、文学部が1月9日から15日(消印有効、以下同じ)の出願で、3月1日試験。ここは例年欠員募集で募集学科・専攻・年次が年によって異なります。今回は2年次では、演劇学・西洋史学で募集がありません。3年次はもっと厳しくて、英米文学、文芸メディア、アジア史、考古学、地理学、心理社会学科の2専攻、以上で募集がありません。いずれにしても、自分で確認するのが一番でしょう。要項を確認して下さい。明治の要項はこちら  なお、文学部については受験資格に注意して下さい。2年次は外国語(英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・スペイン語・中国語・朝鮮語・日本語(外国人留学生のみ)の中から2か国語)をそれぞれ2単位以上を含めて30単位以上の修得者又は修得見込者となっています。3年次は外国語(英語・ドイツ語・フランス語 … 続きを読む 大学編入~筑波、明治、早稲田大学への出願期間、迫る!

大学編入~合格体験記から学ぶこと③

 合格体験記を読んでいると、合格者への共通点に気づきます。それは、方法はさまざまですが、自分で決めたことを最後までやり通した、ということです。  さまざま…というのは、たとえば、朝は○時に起きて学校に行く前に○時間勉強し…など、1日の勉強時間や睡眠時間をしっかり決めて、毎日きちんとやっていた…、やると決めた問題集をすべて3回ずつこなした…、いつまでにTOEFL・TOEICで○○点を取ると決めてほぼ目標を達成した…など。  さらには、中ゼミの授業や小テストのための復習・予習だけはしっかりやった、先生に指示された問題集をきちんとこなした、中ゼミの帰りにその日の授業の復習を終わらせてから帰宅した…など、あげればきりがありません。中には自宅でトイレに行くときにも単語帳を離さなかった…という方もいました^^;。  私は思うのですが、必ずしもすごくこなすのが難しいことである必要はなく、たとえば毎日英単語を20語覚える、問題集を何ページやる、新聞を必ず読む、でもよくて、大切なのは毎日続けることではないかと。それが自分に自信を持つことにつながり、合格に結びつくのではないでしょうか。  体験記を読んでいると、あれもできなかった、それもおわらなかった、でもこれだけは続けた…という言葉の出てくることがあります。私はそこに勝因があると思います。  もう、ずっと前のことですが、編入の勉強が大変だからと途中で … 続きを読む 大学編入~合格体験記から学ぶこと③

大学編入~合格体験記から学ぶこと②

 今日は、メールで届いた2件の合格体験記を読んで、本当に感心しました。文章もしっかりしていますし、自分自身の思いに加えて、これから受験する方に向けての細やかな気遣いにあふれた体験記です。さらに、受験した個々の大学に関する詳細な情報も貴重なものでした。中ゼミ生にしか読んでいただけないのが、残念なくらいです。  その中から、二つの体験記で触れられていたごく一般的な注意事項を拾ってみると、たとえばホテルの予約と受験会場の下見です。早めに予約しておかないと金額の高いところしかとれない…、試験会場への距離、かかる時間を考えてホテルを選択…。○○大学は山の中にあり、バス停の位置や時刻表の事前確認が必要…など。  特にバスについては、ずっと以前ですが、東北地方の国立大学を受験した学生のエピソードを思い出しました。バス停で待っていても全くバスが来ず、よくみたら休日はバスがなかった…慌ててタクシーを探した…というものでした。日頃、交通の便が行き届いている地域で生活している方は、十分気をつける必要がありますね。  受験というと、つい、筆記の対策にとらわれがちですが、こういうことも実は大切です。試験会場に間に合うのか、持ち合わせの現金で足りるのか…などで不安を感じたり慌ててしまって、試験本番で力を発揮できないのでは困りますから。以前、スーツの下のスカートを忘れていて、困り切って、結局、ホテルの方に頼み込 … 続きを読む 大学編入~合格体験記から学ぶこと②

看護編入コース・看護医療コース説明会について

 いきなりですが、今日は看護編入コース、看護・医療コースの新年度に向けて最初の説明会を行います。何度かここでも書いてきましたが、私は中央ゼミナールで対象としている試験の中でも、志望理由書や面接で最終的に合否の決まることがある看護編入、看護医療系の学士編入、栄養系・社会福祉系の編入、1年生からの社会人入試・社会人編入などの受験生を中心に、担当しています。  そのため、大学編入コースの説明会も担当していますが、看護系や栄養系の説明会も私がやっています。しかし、特に、看護師さんや看護学生は忙しく、なかなか説明会には参加していただけません。個人での入学相談の方が多いのですが、それでも、一人でも二人でも来ていただければという思いで、新しい資料を準備しました。はたして、本日、この資料を生かすことはできるでしょうか(^^;)。  さて、上記の二つのコースは、中ゼミの中でも混乱され気味です。看護編入コースは看護系短大・専門学校からの3年次編入で、看護師免許取得(見込み)者が対象になります。一方、看護・医療コースは、これから看護師やリハビリ職などを目指す方を対象としています。受験する試験は大学卒業(見込み)者を対象とした学士2年次編入か、大学1年から入学する社会人入試・AO入試、加えて、専門学校の社会人・一般入試となります。従って、試験の内容も異なっています。説明会に参加されるときはお間違えのないよ … 続きを読む 看護編入コース・看護医療コース説明会について