社会学プログラム

私たちの周りの何気ない出来事にも学問的魅力があふれている!

社会学とは

私たちの生活が営まれている社会は、当たり前すぎて普段は意識することのない、さまざまなルールや制度に満ちています。自明であるがゆえに見えにくくなっている、そうした社会構造を対象化して分析するのが社会学です。

研究科名に囚われない受験戦略を

社会学研究科あるいは社会学専攻と名称でそれと分かるところはもちろん、それ以外にも社会学を研究できる、社会学を学ぶことで受験できる大学院は多くあります。中央ゼミナールでは受験校の情報提供から受験対策までサポートいたします。

ターゲット校

  • 東京大学大学院人文社会系研究科
  • 東京大学大学院教育学研究科
  • 東京大学大学院情報学環・学際情報学府
  • 東京大学大学院総合文化研究科
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科
  • 京都大学大学院文学研究
  • 京都大学大学院人間・環境学研究科
  • 京都大学大学院教育学研究科
  • 京都大学大学院アジアアフリカ地域研究研究科
  • 京都大学大学院農学研究科
  • 一橋大学大学院社会学研究科
  • 東京工業大学大学院環境・社会理工学院
  • 早稲田大学大学院文学研究科
  • 早稲田大学大学院教育学研究科
  • 早稲田大学大学院社会科学研究科
  • 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科
  • 早稲田大学大学院政治学研究科
  • 早稲田大学大学院国際コミュニケーション研究科
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科
  • 慶應義塾大学大学院社会学研究科
  • 慶應義塾大学大学院法学研究科
  • 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
  • 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
  • 上智大学大学院文学研究科
  • 上智大学大学院総合人間学研究科
  • 上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科
  • 上智大学大学院地球環境学研究科
  • 上智大学大学院実践宗教学研究科
  • 国際基督教大学大学院アーツサイエンス研究科
  • 明治大学大学院文学研究科
  • 明治大学大学院政治経済学研究科
  • 明治大学大学院情報コミュニケーション研究科
  • 明治大学大学院国際日本学研究科
  • 明治大学大学院農学研究科
  • 青山学院大学大学院総合文化政策学研究科
  • 立教大学大学院社会学研究科
  • 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
  • 立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科
  • 立教大学大学院観光学研究科
  • 中央大学大学院文学研究科
  • 中央大学大学院総合政策研究科
  • 法政大学大学院社会学研究科
  • 法政大学大学院政策創造研究科 など多数

社会学系の併願作戦

社会学とは、社会の見えない構造を可視化する学問です。社会学理論をフィルターにしたり、社会調査によって、社会の見えない構造を可視化します。こういった社会学を研究できる環境は、社会学研究科や、文学研究科社会学専攻にもありますが、その他、いろいろな研究科や専攻で社会学を研究することができます。研究科や専攻に社会学と書いていないところでも、社会学を研究できるところがたいへん多くなっています。

例えば、東京大学大学院の場合、

  • 人文社会系研究科 社会学コース
  • 人文社会系研究科 宗教学宗教史学コース
  • 人文社会系研究科 文化資源学コース
  • 教育学研究科 比較教育社会学専攻
  • 情報学環・学際情報学府 社会情報学専攻
  • 情報学環・学際情報学府 文化・人間学専攻
  • 総合文化研究科 相関社会科学コース
  • 新領域創成科学研究科 社会文化環境学コース

などで、社会学を研究することができます。

東大の場合、「人文社会系研究科 社会学コース」が社会学のメインの大学院となりますが、このように他にも多くの選択肢があることがわかります。研究科の名前が違っても、受験すべき内容は同じことが多いので、社会学が研究できる専攻をピックアップし、効率よく併願戦略を立てることがポイントです。多くの選択肢の中から、自分の関心分野などにぴったりなところを見つけることをお奨めします。

同じことは、早稲田、慶應の大学院などでも言えます。早稲田ならば文学研究科社会学専攻以外に、教育学研究科、社会科学研究科、政治学研究科、アジア太平洋研究科、人間科学研究科、国際コミュニケーション研究科、慶應の場合は、社会学研究科以外に、法学研究科、政策・メディア研究科、メディアデザイン研究科など多くの選択肢があります。上智では、総合人間学研究科社会学専攻以外に、グローバルスタディ研究科、文学研究科、地球環境学研究科、実践宗教学研究科といった選択肢があります。MARCH、関関同立なども同様にひとつの学校の中で、複数の研究科で社会学を研究できるようになっています。

つまり、社会学の大学院は、受験ターゲットとなるところが多いため、情報収集して受験戦略を立てることが合格を引き寄せるポイントです。中央ゼミナールでは、これまでの長年の受験指導から、多くのデータを集めています。各大学院の特色、試験傾向、募集人数、難易度など、総合的な視点から、受験指導を行っています。

社会学系に対応したカリキュラム

最近の大学院受験は、入試方式の多様化が進んでいます。「外国語2科目の和訳+専門論文+面接」という方式の大学院もあれば、「英語の和訳+専門論文+面接」、「TOEFL・TOEICのスコア+論文+面接」というところもあります。また、「筆記試験がなく面接だけ」という大学院も増えています。

激動する大学院入試の様々な形態に広く対応できるように、中央ゼミナールでは、外国語も、論文も、多くの講座を設置し、受験生の皆さんのニーズにお応えしています。

外国語対策の講座として、「東大対策大学院英語<社会学・学際>」、「大学院英語<人文系>」、「大学院英語<社会科学>」、「大学院英文和訳基礎徹底」、「社会学の添削英語」、その他、TOEFL、TOEIC対策の講座、ドイツ語、フランス語、中国語の講座があります。また、社会学系の論文講座は、「大学院社会学論文」、「大学院学際・複合・新領域論文」、「社会科学・学際論文」などを設置しています。

中央ゼミナールには、必要な科目を外国語も論文も取り放題の「大学院入試総合コース」、総合コースから外国語講座を除いた「大学院論文総合コース」、ピンポイントで1科目から履修する「大学院単科コース」、研究計画書と面接対策の個別指導に特化した「大学院受験サポートコース」、筆記対策を個別指導で行う「論文個別指導コース」などがあります。

受験のみなさんのご都合に合ったコースを選択していただき、的を射た準備をして、大学院入試をぜひ突破してください。

研究計画書・口頭試問対策

中央ゼミナールは、集団授業での指導に加え、個別面談による研究計画書の添削指導、口頭試問対策を組み合わせて、大学院受験生をサポートしています。

大学院受験生の悩みの種は、やはり研究計画書だと思います。研究計画書は、書き方のコツが分からないとなかなか書けません。

そこで、中央ゼミナールでは、効率的に研究計画書を書けるようにするために、研究計画書とは何か、なぜ研究計画書が受験で必要なのか、研究計画書に盛り込むべきポイントは何か、テーマの見つけ方、先行研究の調べ方、研究方法の書き方、研究計画書の構成、併願先による研究計画書のアレンジの仕方など、総合的な研究計画書の書き方のアドバイスをさせていただいています。

大学院に提出する研究計画書を教員が読めば、その受験生がどのくらい本を読んで勉強をしているのか、知的レベルはどのくらいか、関心分野が出願している大学院とずれていないか、などまるわかりです。そのため、受験先に合致した内容の研究計画書を作成することが重要です。

合格者の声

東京大学大学院

情報学環・学際情報学府 合格

自分の得意な論文ネタを3つくらい作って、それを使いこなせるように練習しました。出題される多様な問題に対してどうやって自分の得意なネタをからめていけばベストか、論文をたくさん書いて添削してもらって、練習しました。

一橋大学大学院

社会学研究科 合格

大学編入を考えて入学した後、講師の助言で大学院進学に変更。その後は、答案の添削による学力アップに加えて、研究室訪問のコツや面接練習などで強力にバックアップしてもらい、精神的にもすごく大きな支えになりました!

慶應義塾大学大学院

社会学研究科 合格

授業や面接などで学習した内容が、全て血となり肉となり宝となり、試験で役立ちました。院入学後にも役立つと思います。同じ慶應志望の人がいて、共に合格できたこともよかったことでした。

慶應義塾大学大学院

政策・メディア研究科 合格

A先生の授業で習った理論が論述試験でとても役に立ちました。ソーシャルキャピタルは実際に試験で出題されました!また面接対策でどのような質問が想定されるか考えながら練習したことは本番で生かされました。