経済学プログラム

経済の中心で研究したい!働きたい!!

経済学の研究へ

アベノミクス、少子高齢社会、金融緩和政策、財政再建、TPP、中国経済の減速・・・日本経済や世界経済をとりまく環境は変化し、私たちの生活に大きな影響を与えています。経済について深い知識を持つと同時に、自分がその中心に入って研究していきたい、世界経済や日本経済の中心で働きたいといった希望を持つ方にお勧めなのが、経済学研究科です。経済学研究科に進学し研究者を目指したい、大学院で学び高度専門職業人として活躍したいと考える方は、受験を考えてみてはいかがでしょう。

研究科、その後

経済学研究科修了後の具体的な進路としては、研究を積んで大学の教員になる、シンクタンク(民間研究所)をはじめとした民間企業に就職する、公務員になる、国際機関で働くといった道があります。

中央ゼミナールでの対策

中央ゼミナールでは、英語はもちろん、マクロ経済学、ミクロ経済学、経済時事など専門科目の試験対策や、研究計画書の添削指導、口頭試問(面接)対策まで、さまざまな角度から皆さんのお手伝いをします。

ターゲット校

国公立

  • 東京大学大学院経済学研究科
  • 一橋大学大学院経済学研究科
  • 京都大学大学院経済学研究科
  • 大阪大学大学院経済学研究科
  • 神戸大学大学院経済学研究科
  • 横浜国立大学大学院国際社会科学府経済学専攻 ほか

私立

  • 慶應義塾大学大学院経済学研究科
  • 上智大学大学院経済学研究科
  • 中央大学大学院経済学研究科
  • 明治大学大学院政治経済学研究科
  • 早稲田大学大学院経済学研究科 ほか

試験対策

入試制度が多様化したことで、受験校によって様々な対策が必要になります。そのため、一言で経済学研究科といっても、一人ひとりに応じたカリキュラムを組まなければなりません。中央ゼミナールでは、必要な授業を組合せることで自分に合ったカリキュラムを組むことが可能です。

経済系大学院入試の内容は、研究科または受験者によって異なり、以下のようなパターンに分けられます。

  • A:外国語の和訳、専門科目、面接
  • B:TOEFL/TOEICのスコア提出、専門科目、面接
  • C:TOEFL/TOEICのスコア提出により語学免除、経済学検定のスコア提出により専門科目免除、面接

経済系大学院の人気校では上記AやBのように、英語と経済学の筆記試験が課されることが多く、英語は経済学のトピックについて書かれた英文を読んで、和訳や要約をするケースがほとんどです。そのため、一般的な英語力はもちろん、書かれている内容を日本語で理解できるだけの専門知識が必要になります。専門科目については、マクロ・ミクロ経済学だけでなく、経済史や統計学など、入学後に専門にしようとしている科目での受験も可能です。

筆記試験では、知識のインプットと同時に、論述というアウトプットが要求されます。中央ゼミナールの授業では、講師自身による添削指導が受けられます。講師に自分の文章を直接見てもらえるため、論述の基本から正解を導き出すためのテクニックに至るまで、個々に応じた筆記試験対策ができます。

また、最近はCのようなパターンの大学院も増えています。検定試験は記述でなく、選択問題であることが多いので、早めに対策を始めれば、そういった受け方をすることもできます。

ERE(経済学検定試験)の利用

EREは、主として経済学部および社会科学系学部の学生を対象に、全国規模で経済学の数理的・理論的な基礎知識の習得程度と実体経済での応用能力のレベルを判定する試験です。

多くの経済学研究科では、7月と12月に行われる、経済学検定試験(ERE)ミクロ・マクロで一定以上の成績を残せば、専門科目の筆記試験が免除される制度があります。これは、記述式ではなく、正答を選ぶ選択式の試験なので、場合によってはこれを利用することで筆記試験を受けるより有利になることもあります。詳細は経済学スタッフにお尋ねください。

受験に必要なのは、合格するための情報です。中央ゼミナールは、大学院指導で22年の伝統と実績があるため、他の予備校にはない大量の情報をストックしています。また、過去に中央ゼミナールから受験した先輩たちが、入試のレベルはどの程度か、合格するためにどのような対策が必要か、受験する上で注意することは何か、中央ゼミナールの何が役に立ったか、等々の有益な情報を毎年残している点にも注目です。これらの情報を有効に活用することで、合格により近づけるのです。

研究計画書と面接

どの大学院でも必要となるのが研究計画書と面接です。特に筆記試験が課されない大学院では、研究計画書の出来が合否に直結するといっても過言ではありません。研究計画書作成では、一人ひとり問題関心や研究テーマが異なるため、きめ細やかな指導が必要です。中央ゼミナールの研究計画書指導は個別に行いますので、各自の理解度やテーマ、併願校にマッチした指導が受けられます。

また、面接対策としては、一人の講師にだけではなく、近い分野の複数の講師から模擬面接が受けられます。実際の面接ではどのような先生が面接官となるのか、どの分野の先生が出席するのか、どのようなことが聞かれるのか、などの不安はつきものです。しかし、中央ゼミナールで事前に何人もの講師から指摘やアドバイスをもらうことで、本番の面接に安心して臨めます。

おすすめプラン

プランA

上記Aパターンのように語学と専門科目が課される大学院を受験される方

上記BパターンでもTOEIC対策講座などでスコアアップをめざす方

上記Cパターンだけど、入学後に備え語学や専門科目の力を付けておきたい方

おすすめコース

大学院総合

おすすめ講座

外国語大学院英語<社会科学>/経済経営系の添削英語/TOEIC対策講座など

専門科目大学院経済学/マクロ経済学論文講義/ミクロ経済学論文講義/時事経済学論文講義

プランB

語学に自信のある方、TOEIC・TOEFL対策が不要な方は、「大学院総合コース」から語学講座を省いた「大学院論文総合コース」がお勧めです。

おすすめコース

大学院論文総合

おすすめ講座

大学院経済学/マクロ経済学論文講義/ミクロ経済学論文講義/時事経済学論文講義など必要な専門論文講座を履修できます。

プランC

経済史や統計学のように、中ゼミで講座が設置されていない科目のご指導を希望の方は、事前にご相談のうえ「論文個別指導コース」を選択してください。研究計画書の添削指導が必要な方は「受験サポートコース」を併用してください。

おすすめコース

論文個別指導コース

+受験サポートコース

おすすめ講座

講座履修なし

合格者の声

神戸大学大学院

経済学研究科 合格

模擬面接が非常に役立ちました。予想問題に関する知識と模擬面接の回答を作成して、対策しておくことが役立ちました。

神戸大学大学院

国際協力研究科 合格

大学院英語<社会科学>、ミクロ・マクロ経済学、時事経済学、国際協力系論文の授業が非常に役立ちました!!面接は中ゼミの先生方と練習すれば大丈夫です。

中央大学大学院

経済学研究科 合格

中ゼミには、大学編入、大学院入試の両方でお世話になりました。先生方の指導のもと、合格に必要な専門知識を学ぶことができ、基礎英語の授業のおかげで、一生ものの英語の力を身につけることができました。