人文科学系編入

英米文学

「なぜ『ハリー・ポッター』は学園ものなのか?」「ディズニー映画の原作って本当はどんなお話?」・・・英米文学の研究はこれらの素朴な疑問を明らかにしてくれるだけではなく、今まで親しんでいた本や映画をより深く楽しめるようになる学問です。

英語学

「英語と日本語の語順はなぜこんなに違うのか」「ことばには表されていない内容が相手に伝わるのはなぜ?」「そもそもことばの意味って何?」「人はどうやって言語を習得するのだろうか」「英語の効果的な教え方が知りたい」「国際社会で英語はどんな役割を担っていくべきか」などなど。英語という言語にまつわる疑問を探求していくのが英語学という学問分野です。

日本文学

『万葉集』『源氏物語』『こころ』のような日本語で書かれた文学作品について、その特徴や作品が生まれた当時の社会や文化との関係を探ります。大学によっては、日本の伝承や風習、文化などについて学ぶこともできます。

日本語学

日本語について、その言語としての特徴、現在どのように用いられているか、地域ごとにどう違っているのか、昔はどんな形をしていたのか、などを研究する分野です。大学によっては、日本語教育について学ぶこともできます。

歴史・地理

歴史学は歴史上の年号や出来事の暗記ではなく、なぜそのような出来事が起こったのか、実際に何が起きたのか、ということを探究する学問です。地理学は、気候や産業、交通、まちづくりなど、地理的な条件に注目しながら様々な現象を研究する学問です。

国際コミュニケーション

国家間、民族間、異文化間で生じる問題を理解するためには法学、政治学、経済学といった社会科学的な視点ももちろん必要でしょう。しかし、現代の国際問題にはそれだけでは汲みつくせない側面があります。国際コミュニケーション・国際文化などの学科では、文化、言語、コミュニケーション、歴史、思想といった人文学的な視点から国際問題について考えていきます。

哲学

目に見える世界は、本当に見えている通りに存在するのか?空の青と、海の青は、違う色なのにどうして同じ「青」という言葉で名指されるのか?そういった、日常生活の中では特に気にもしない「当たり前」のことを疑問視し、とことん論理的に考えていく学問です。

美術・芸術

美術や音楽、演劇などに興味がある方向けの分野です。観たり聴いたりして楽しむにとどまらず、芸術家たちがどういうことを考えて作品を作ったのか、どのような社会背景から作品が生まれたのか、ということを考察していく学問です。

その他

人文系のその分野で代表的なのは、中国語中国文学、ドイツ語ドイツ文学、フランス語フランス文学などです。いずれの分野でも、語学を勉強するだけではなく、その国の文学や文化、言語を研究対象にします。それぞれの国々について深い関心を持つことが求められます。

Contents

以下、人文科学を「日本文学・日本語学」「英米文学・英語学」「ドイツ文学・ドイツ語学」「フランス文学・フランス語学」「中国文学・中国語学」「歴史学」「地理学」「哲学」「美術・芸術学」に分類して学科ごとの対策を紹介します。

下のほうには、人文科学系編入合格者インタビューもあります。

英米文学・英語学

英米文学・英語系の試験対策について

A.外国語

英文系の編入試験では、他の系統よりも、英語の出来が合否を大きく左右します。また、筆記試験や英語面接を通じて「読む・書く・聞く・話す」という四技能が総合的に試されることが多いのも特徴です。中ゼミには英文和訳、長文読解、文法、英作文、エッセイ・ライティング、リスニングとさまざまなタイプの授業が設置されています。受験大学では出題されない形式であっても、総合的な英語力をつけるために多様な英語の授業を履修しておくとよいでしょう。

B.専門

英文系の専門科目は「語句説明形式」「論述形式」「専門的な英語の課題文を読み、問いに答える形式」など大学によってさまざまです。志望大学の編入試験で専門科目が課される場合には、「どのような分野について」「どのような形式で」出題されているかを過去問でしっかり確認し、効率よく勉強を進める必要があります。

英文系では、地方国公立大学や一部の私立大学を除くと、専門試験が課されない場合も多くあります。しかしながら、英語試験で出題される英語の長文(あるいは、専門科目の英語課題文)は、英語学、英米文学、コミュニケーション論などの分野から選ばれていることが多く、その分野に関する背景知識なしでは正確な読解ができないような文章もあります。また、志望理由書を書くためにも専門に関する知識は必要とされるので、受験大学と自分の研究テーマを絞り込んでいく過程で、スタッフと相談しながら、どのような専門の勉強をするべきか見定めていくとよいでしょう。

C.小論文

英文系の編入試験では、小論文が課されないこともあります(国公立大では小論文が出題されることが多く、関東の私立大では出題はまれです)。しかし、「学術的な日本語を書く力」は英語や専門科目の試験で高得点を取るためには必須ですし、しっかりした志望理由書を書くためにも学術的な日本語力は必要です。このような理由から、中ゼミでは、志望大学の試験には小論文が出題されないひとにも小論文の受講を薦めています。

英米文学・英語系のターゲット校

国立

  • 北海道大学文学部西洋言語文学講座
  • 埼玉大学教養学部ヨーロッパ文化・アメリカ研究専攻
  • 千葉大学文学部国際言語文化学科
  • お茶の水女子大学文教育学部言語文化学科英語圏言語文化コース
  • 東京外国語大学言語文化学部言語文化学科
  • 名古屋大学文学部文学・言語学コース
  • 大阪大学外国語学部外国語学科英語専攻 ほか

公立

  • 都留文科大学文学部英文学科
  • 大阪市立大学文学部言語文化専攻
  • 神戸市外国語大学外国語学部英米学科 ほか

私立

  • 青山学院大学文学部英米文学科
  • 学習院大学文学部英語英米文化専攻
  • 学習院女子大学国際文化交流学部国際コミュニケーション学科
  • 駒澤大学文学部英米文学科
  • 上智大学外国語学部英語学科
  • 白百合女子大学文学部英語英文学科
  • 聖心女子大学文学部英語英文学科(2年次)
  • 清泉女子大学文学部英語英文学科
  • 津田塾大学学芸学部英文学科
  • 東京女子大学現代教養学部人文学科/人間科学科
  • 獨協大学外国語学部英語学科
  • 日本大学文理学部英文学科
  • 日本女子大学文学部英文学科
  • フェリス女学院大学文学部英文学科
  • 法政大学文学部英文学科
  • 明治大学文学部文学科英米文学専攻
  • 明治学院大学文学部英文学科
  • 南山大学外国語学部英米学科
  • 同志社大学文学部英文学科
  • 立命館大学文学部英米文学専攻
  • 関西学院大学文学部文学言語学科英米文学英語学専修 ほか

英米文学・英語系の履修モデル

上智・外大などの難関校を受ける人

  • 難関大英文・英語系の添削英語
  • 英文・英語系の添削英語SH
  • 難関大エッセイライティング
  • 添削英作文S
  • 英語記述式・要約演習
  • Japan Timesを読む
  • 英語・英文・異文化コミュニケーション論文
  • 小論文基礎演習(文学部共通小論文)

マーチレベルの人気校を受ける人

  • 英文・英語系の添削英語SHと文学部の添削英語S(または、文学部の添削英語Sと添削英語BS)
  • 自由英作文入門
  • 添削英作文S(またはBS)
  • マーチレベルの一般入試型英語S
  • 徹底マスター英語長文・文法
  • 英語・英文・異文化コミュニケーション論文
  • 小論文基礎演習(文学部共通小論文)

中堅私立レベルの大学を受ける人

  • 添削英語BS
  • 添削英語基礎徹底
  • 自由英作文入門
  • 添削英作文BS(またはB)
  • 日東駒専の一般入試型英語BS
  • 徹底マスター英語長文・文法
  • 英語・英文・異文化コミュニケーション論文
  • 小論文基礎演習(文学部共通小論文)

日本文学・日本語学

日本文学・日本語学系履修モデル

A.外国語

  • ①「添削英語」(総合コースでは通例2科目)
  • ②「一般入試型英語演習」
  • ③「添削英作文」
  • ④⑤⑥「徹底マスター英語文法」「徹底マスター英語長文」(「英語力アップの英文法」)

※①②は必修、③以下もなるべく受講してください。

※添削英語のレベルは、難関国立大学志望者の場合S~SH(H)、その他の大学を志望する人の場合BS~Sが最終目標です。

※第二外国語で受験する場合はかわりに「中国語講読」「フランス語講読」「ドイツ語講読」を履修してください。

B.専門

  • ①「古典文学演習」
  • ②「編入現代文演習」(1学期)
  • ③「近現代日本文学史」(1学期)
  • ④「現代文・近現代文学史演習」(2学期)
  • ⑤「漢文」[大学受験科]ほか

※①~④は必修です。

C.小論文

  • ①「小論文基礎演習」
  • ②「文学部共通小論文」

※学力に合わせて受講してください。

日本文学・日本文化のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部言語文学専攻(日本文化論講座、映像・表現文化論講座)
  • 埼玉大学教養学部日本・アジア文化専修課程(日本文化専攻)
  • 千葉大学文学部日本文化学科
  • お茶の水女子大学文教育学部言語文化学科日本語・日本文学コース
  • 新潟大学人文学部人文学科日本・アジア言語文化学プログラムほか
  • 名古屋大学文学部文学・言語学コース(日本文学専攻・日本語学専攻)
  • 奈良女子大学文学部言語文化学科日本アジア言語文化コース
  • 広島大学文学部人文学科日本・中国文学語学コース(日本文学語学専門分野)
  • 熊本大学文学部文学科東アジア言語文学コース(日本語日本文学)
  • 都留文科大学文学部国文学科 ほか

私立

  • 青山学院大学文学部日本文学科
  • 学習院大学文学部日本語日本文学科
  • 学習院女子大学国際交流学部日本文化学科
  • 國學院大学文学部日本文学科
  • 駒澤大学文学部国文学科
  • 白百合女子大学国語国文学科
  • 聖心女子大学文学部日本語日本文学専攻
  • 清泉女子大学日本語日本文学科
  • 専修大学文学部(日本文学文化学科)
  • 東京女子大学現代教養学部(人文学科日本文学専攻)
  • 東洋大学文学部日本文学文化学科
  • 二松学舎大学文学部国文学科
  • 日本大学文理学部国文学科ほか
  • 日本女子大学文学部日本文学科
  • 法政大学文学部日本文学科
  • 明治大学文学部文学科(日本文学専攻、文芸メディア専攻)
  • フェリス女学院大学文学部日本文学科
  • 同志社大学文学部国文学科 ほか

日本語学のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部言語文学専攻(言語情報学講座)
  • 埼玉大学教養学部日本・アジア文化専修課程(日本文化専攻)
  • 千葉大学文学部日本文化学科
  • お茶の水女子大学文教育学部言語文化学科日本語・日本文学コース
  • 新潟大学人文学部人文学科日本・アジア言語文化学プログラムほか
  • 名古屋大学文学部文学・言語学コース(日本文学専攻・日本語学専攻)
  • 奈良女子大学文学部言語文化学科日本アジア言語文化コース
  • 広島大学文学部人文学科日本・中国文学語学コース(日本文学語学専門分野)
  • 熊本大学文学部文学科東アジア言語文学コース(日本語日本文学)
  • 都留文科大学文学部国文学科 ほか

私立

  • 青山学院大学文学部日本文学科
  • 学習院大学文学部日本語日本文学科
  • 学習院女子大学国際交流学部日本文化学科
  • 國學院大学文学部日本文学科
  • 駒澤大学文学部国文学科
  • 白百合女子大学国語国文学科
  • 聖心女子大学文学部日本語日本文学専攻
  • 清泉女子大学日本語日本文学科
  • 専修大学文学部(日本語学科)
  • 東京女子大学現代教養学部(人文学科日本文学専攻)
  • 東洋大学文学部日本文学文化学科
  • 二松学舎大学文学部国文学科
  • 日本大学文理学部国文学科
  • 日本女子大学文学部日本文学科
  • 法政大学文学部日本文学科
  • 明治大学文学部文学科(日本文学専攻)
  • フェリス女学院大学文学部日本文学科
  • 同志社大学文学部国文学科 ほか

ドイツ文学・ドイツ語学

独文・独語系の試験対策について

A.ドイツ語

ドイツ語・ドイツ文学系の学科の専門の試験で出題される問題は、大きく分けてドイツ語の語学試験とドイツの文化・文学等に関する問題に分けることができます。ドイツ語の語学試験では多くの大学では長文和訳、長文読解が中心になります。大学によってはドイツ語の文法問題も出題されます。ドイツ語文法を一通り身に付けた上で、ドイツ語の長文の読解の練習を積むことが求められています。レベル的にはドイツ語検定2級程度を目安に考えておくとよいでしょう。また難関大学ではドイツ語面接も課される場合がありますので、初歩的な会話力も必要になります。中ゼミのドイツ語講読の授業では、初心者からすでにドイツ語を学んだことのある人まで、各学生のレベルに合わせた課題が出されます。

B.専門

専門試験はドイツの歴史や文化、ドイツ文学の知識等が課されますが、多くの大学は語学試験が中心であり、専門知識を問う大学は数としては非常に少ないです。ただし志望理由書や面接等では編入後の研究テーマを説明することが求められますので、必要に応じてこれらの専門分野に関する本を数冊読むなりして、研究テーマを準備する必要があります。「ドイツ語がうまくなりたい」という動機は、志望理由としては不十分なので注意しましょう。

C.小論文

またこれらに加えて「小論文基礎演習」および「文学部共通小論文」から1クラスを選び小論文のトレーニングも行うとよいでしょう。編入試験では語学、専門共に論述問題が中心です。しっかりした日本語の文章を書けるようにしておくことも大切です。

独文・独語系の履修モデル

難関国立大学志望

ターゲット校:北海道大学、東京外国語大学、名古屋大学、大阪大学外国語学部など

  • ①「ドイツ語講読」
  • ②「文学部共通小論文」

※北海道大学では専門科目が2科目課されるため、「編入心理学論文概論」「編入社会学論文」のどちらか一つを選んで追加

中堅国公立大学、難関私立大学志望

ターゲット校:埼玉大学、上智大学、学習院大学、明治大学、関西大学など

  • ①「ドイツ語講読」
  • ②「小論文基礎演習」

中堅私立大学志望

ターゲット校:日本大学、獨協大学、京都外国語大学など

  • ①「ドイツ語講読」
  • ②「小論文基礎演習」

※獨協大学では英語の試験もあるので注意

独文・独語のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部(西洋言語学講座/西洋文学講座)
  • 埼玉大学教養学部(ヨーロッパ文化専攻)
  • 千葉大学文学部(国際言語文化学科)
  • 名古屋大学文学部(ドイツ文化学科)
  • 大阪市立大学文学部(ドイツ言語文化コース) ほか

私立

  • 学習院大学文学部(ドイツ語圏文化学科)
  • 関西大学文学部(ドイツ語ドイツ文学科)
  • 京都外国語大学外国語学部(ドイツ語学科)
  • 上智大学文学部(ドイツ文学科)、外国語学部(ドイツ語学科)
  • 獨協大学外国語学部(ドイツ語学科)
  • 日本大学文理学部(ドイツ文学科)
  • 明治大学文学部(ドイツ文学科) ほか

フランス文学・フランス語学

仏文・仏語系の試験対策について

A.フランス語

フランス語・フランス文学系の学科の専門の試験で出題される問題は、大きく分けてフランス語の語学試験とフランスの文化・文学等に関する問題に分けることができます。フランス語の語学試験では多くの大学では長文和訳、長文読解が中心になります。大学によってはフランス語の文法問題も出題されます。フランス語文法を一通り身に付けた上で、フランス語の長文の読解の練習を積むことが求められています。レベル的にはフランス語検定2級程度を目安に考えておくとよいでしょう。また難関大学ではフランス語面接も課される場合がありますので、初歩的な会話力も必要になります。中ゼミのフランス語講読の授業では、初心者からすでにフランス語を学んだことのある人まで、各学生のレベルに合わせた課題が出されます。

B.専門

専門試験はフランスの歴史や文化、フランス文学の知識等が課されますが、多くの大学は語学試験が中心であり、専門知識を問う大学は数としては非常に少ないです。ただし志望理由書や面接等では編入後の研究テーマを説明することが求められますので、必要に応じてこれらの専門分野に関する本を数冊読むなりして、研究テーマを準備する必要があります。「フランス語がうまくなりたい」という動機は、志望理由としては不十分なので注意しましょう。

C.小論文

またこれらに加えて「小論文基礎演習」および「文学部共通小論文」から1クラスを選び小論文のトレーニングも行うとよいでしょう。編入試験では語学、専門共に論述問題が中心です。しっかりした日本語の文章を書けるようにしておくことも大切です。

仏文・仏語系の履修モデル

難関国立大学志望

ターゲット校:北海道大学、お茶の水女子大学、名古屋大学、大阪大学外国語学部、神戸大学など

  • ①「フランス語講読」
  • ②「文学部共通小論文」

※北海道大学では専門科目が2科目課されるため、「編入心理学論文概論」「編入社会学論文」のどちらか一つを選んで追加

中堅国公立大学、難関私立大学志望

ターゲット校:大阪市立大学、青山学院大学、学習院大学、明治大学、上智大学、関西大学など

  • ①「フランス語講読」
  • ②「小論文基礎演習」

中堅私立大学志望

ターゲット校:獨協大学、京都外国語大学、明治学院大学、白百合女子大学など

  • ①「フランス語講読」
  • ②「小論文基礎演習」

※獨協大学では英語の試験もあるので注意

仏文・仏語のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部(西洋言語学講座/西洋文学講座)
  • お茶の水女子大学文教育学部(フランス語圏言語文化コース)
  • 名古屋大学文学部(フランス文学科)
  • 大阪大学外国語学部(フランス語専攻)
  • 大阪市立大学文学部(フランス言語文化コース)
  • 神戸大学文学部(フランス文学科) ほか

私立

  • 青山学院大学文学部(フランス文学科)
  • 学習院大学文学部(フランス語圏文化学科)
  • 関西大学文学部(フランス語フランス文学科)
  • 京都外国語大学外国語学部(フランス語学科)
  • 上智大学文学部(フランス文学科)、外国語学部(フランス語学科)
  • 白百合女子大学文学部(フランス語フランス文学科)
  • 獨協大学外国語学部(フランス語学科)
  • 明治大学文学部(フランス文学科)
  • 明治学院大学文学部(フランス文学科) ほか

中国文学・中国語学

中文・中国語系の試験対策について

A.中国語

中国語・中国文学系の学科の専門の試験で出題される問題は、大きく分けて中国語の語学試験と中国の文化・文学等に関する問題に分けることができます。中国語の語学試験では多くの大学では長文和訳、長文読解が中心になります。大学によっては中国語の文法問題も出題されます。中国語文法を一通り身に付けた上で、中国語の長文の読解の練習を積むことが求められています。レベル的には中国語検定2級程度を目安に考えておくとよいでしょう。また難関大学では中国語面接も課される場合がありますので、初歩的な会話力も必要になります。中ゼミの中国語講読の授業では、初心者からすでに中国語を学んだことのある人まで、各学生のレベルに合わせた課題が出されます。

B.専門

専門試験は中国の歴史や文化、中国文学の知識等が課されますが、多くの大学は語学試験が中心であり、専門知識を問う大学は数としては非常に少ないです。ただし志望理由書や面接等では編入後の研究テーマを説明することが求められますので、必要に応じてこれらの専門分野に関する本を数冊読むなりして、研究テーマを準備する必要があります。「中国語がうまくなりたい」という動機は、志望理由としては不十分なので注意しましょう。

C.小論文

またこれらに加えて「小論文基礎演習」および「文学部共通小論文」から1クラスを選び小論文のトレーニングも行うとよいでしょう。編入試験では語学、専門共に論述問題が中心です。しっかりした日本語の文章を書けるようにしておくことも大切です。

中文・中国語系の履修モデル

難関国立大学志望

ターゲット校:北海道大学、お茶の水女子大学、名古屋大学、東京外国語大学、大阪大学外国語学部など

  • ①「中国語講読」
  • ②「文学部共通小論文」

※北海道大学では専門科目が2科目課されるため、「編入心理学論文概論」「編入社会学論文」のどちらか一つを選んで追加

中堅国公立大学、難関私立大学志望

ターゲット校:埼玉大学、大阪市立大学、神戸市外国語大学、関西大学など

  • ①「中国語講読」
  • ②「小論文基礎演習」

中堅私立大学志望

ターゲット校:京都外国語大学、國學院大學、東洋大学、日本大学など

  • ①「中国語講読」
  • ②「小論文基礎演習」

※獨協大学では英語の試験もあるので注意

中文・中国語のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部(中国文化論講座)
  • 埼玉大学教養学部(日本・アジア文化専攻)
  • お茶の水女子大学文教育学部(中国語圏言語文化コース)
  • 東京外国語大学言語文化学科(中国語コース)
  • 名古屋大学文学部(中国文学科)
  • 大阪大学外国語学部(中国語専攻)
  • 大阪市立大学文学部(中国学コース)
  • 神戸大学文学部(中国文学科)
  • 神戸市外国語大学(中国学科) ほか

私立

  • 関西大学文学部(中国語中国文学科)
  • 京都外国語大学外国語学部(中国語学科)
  • 國學院大學文学部(中国文学科)
  • 東洋大学文学部(中国哲学文学科)
  • 日本大学文理学部(中国語中国文学科) ほか

歴史学

歴史学の試験対策について

A.専門試験

専門試験の内容は日本史、西洋史、東洋史の3分野によって大きく異なるので、どれか一分野に専門を定めましょう。問題形式は大きく分けて、①各分野に関する知識問題(語句説明)、②各分野の大きなテーマに関する長文論述問題、③資料読解問題、の3つのタイプにわかれます。③タイプは日本史でしばしば出題され、資料読解が試験で課される場合があります。その場合は古文や崩し字の読解も勉強しなくてはいけません。また北海道大学のように西洋史、日本史、東洋史から複数の分野を選択しなければならない場合もごく稀にあります。いずれにせよ、あらかじめ志望大学の出題傾向を把握しておくことが必要です。

B.語学

語学に関しては英語の授業が中心になります。中ゼミの英語は長文和訳や文法問題など問題傾向別に分かれています。各分野の授業を履修し、あらゆる問題に対応できるだけの力をつけましょう。

C.小論文

またこれらに加えて「小論文基礎演習」および「文学部共通小論文」から1クラスを選び小論文のトレーニングも行うとよいでしょう。編入試験では語学、専門共に論述問題が中心です。しっかりした日本語の文章を書けるようにしておくことも大切です。

歴史学の履修モデル

難関国立大学志望

ターゲット校:北海道大、名古屋大学など

  • ①「添削英語S~SH」
  • ②「文学部の添削英語S」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「添削英作文BS」
  • ⑤「文学部共通小論文」
  • ⑥「日本史論文講義(個別指導)、西洋史論文講義(個別指導)、東洋史論文講義(個別指導)から一つ」

※北海道大学では専門科目が2科目課されるため、「編入心理学論文概論」「編入社会学論文」「編入哲学論文」のいずれか一つを選んで追加

中堅国公立大学、難関私立大学志望

ターゲット校:埼大、京都府立大、上智、学習院、法政、明治、東京女子、日本女子、など

  • ①「文学部の添削英語S」
  • ②「添削英語BS」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「文学部共通小論文」
  • ⑧「日本史論文講義(個別指導)、西洋史論文講義(個別指導)、東洋史論文講義(個別指導)から一つ」

中堅私立大学志望

ターゲット校:日大、東洋大など

  • ①「添削英語B(基礎力完成)」
  • ②「添削英語基礎徹底」
  • ③「日東駒専レベル一般入試型英語演習BS」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「小論文基礎演習」
  • ⑧「日本史論文講義(個別指導)、西洋史論文講義(個別指導)、東洋史論文講義(個別指導)から一つ」

歴史学のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部(歴史地域文化学専攻)
  • 埼玉大学教養学部(芸術論専攻)
  • 千葉大学文学部(史学科)
  • 信州大学人文学部(歴史学コース)
  • 名古屋大学文学部(歴史学・文化史学コース)
  • 大阪市立大学文学部(哲学歴史学科)
  • 京都府立大学文学部(歴史学科)
  • 広島大学文学部(歴史学コース)
  • 北海道大学文学部(中国文化論講座) ほか

私立

  • 学習院大学文学部(史学科)
  • 國學院大學文学部(史学科)
  • 駒澤大学文学部(歴史学科)
  • 上智大学文学部(史学科)
  • 聖心女子大学文学部(歴史社会学科)※2年次のみ
  • 東京女子大学文理学部(史学科)
  • 東洋大学文学部(史学科)
  • 日本大学文理学部(史学科)※2・3年次
  • 日本女子大学文学部(史学科)※2・3年次
  • 法政大学文学部(史学科)※2・3年次
  • 明治大学文学部(史学地理学科)※2・3年次
  • 同志社大学文学部(文化史学科)
  • 関西大学文学部(歴史学専修) ほか

地理学

地理学の試験対策について

A.専門試験

専門試験の内容は地理学です。問題形式は大きく分けて、①専門知識問題(語句説明形式)、②大きなテーマに関する長文論述問題、③資料読解問題、の3つのタイプにわかれます。③の資料読解問題とは地形図から土地利用や人の流れの移り変わりを読み取る問題で、多くの大学で出題されます。またごくまれにグラフの読解問題も出題されます。専門知識を身に付けるだけではなく、こうした資料を読み取る練習も必須となります。

B.語学

語学に関しては英語の授業が中心になります。中ゼミの英語は長文和訳や文法問題など問題傾向別に分かれています。各分野の授業を履修し、あらゆる問題に対応できるだけの力をつけましょう。

C.小論文

専門科目・語学に加えて「小論文基礎演習」および「文学部共通小論文」から1クラスを選び小論文のトレーニングも行うとよいでしょう。編入試験では語学、専門共に論述問題が中心です。しっかりした日本語の文章を書けるようにしておくことも大切です。

地理学の履修モデル

難関国立大学志望

ターゲット校:北海道大、お茶の水女子大、名古屋大学など

  • ①「添削英語S~SH」
  • ②「文学部の添削英語S」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「添削英作文BS」
  • ⑤「文学部共通小論文」
  • ⑥「地理学(個別指導)」

※北海道大学では専門科目が2科目課されるため、「編入哲学論文」などを選んで追加

中堅国公立大学、難関私立大学志望

ターゲット校:埼大、広島大、法政大、明治大など

  • ①「文学部の添削英語S」
  • ②「添削英語BS」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「小論文基礎演習」
  • ⑧「地理学(個別指導)」

中堅私立大学志望

ターゲット校:日大、駒沢大、立正大など

  • ①「添削英語B(基礎力完成)」
  • ②「添削英語基礎徹底」
  • ③「日東駒専レベル一般入試型英語演習BS」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「小論文基礎演習」
  • ⑧「地理学(個別指導)」

地理学のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部(地域システム科学講座)
  • 埼玉大学教養学部(フィールド科学専攻)
  • 広島大学文学部(人文学科地理学・考古学・文化財学コース地理学分野)
  • 大阪市立大学文学部(地理学コース)ほか

私立

  • 関西大学文学部(地理学・地球環境学専攻)
  • 駒沢大学文学部(地理学科)
  • 日本大学文理学部(地理学科)※2・3年次
  • 法政大学文学部(地理学科)※2・3年次
  • 明治大学文学部(史学地理学科地理学専攻)※2・3年次
  • 関西大学文学部(地理学・地球環境学専攻)ほか

哲学

哲学の試験対策について

A.専門試験

編入哲学の専門試験で出題される問題は、大きく分けて西洋哲学史に関する語句説明と、特定のテーマによる長文論述問題に分けられます。語句説明では「イデア」、「弁証法」など、古代ギリシャから20世紀に至るまでの哲学者の様々な理論について簡潔説明(200字程度)することが求められます。一方、長文論述問題では、「真理とは何か」、「思考は言語に依存するのか」、「弁証法の意義について」といった大きなテーマについて、哲学の理論を応用してオリジナルな論述をすることが求められます。

B.語学

語学に関しては英語の授業が中心になります。中ゼミの英語は長文和訳や文法問題など問題傾向別に分かれています。各分野の授業を履修し、あらゆる問題に対応できるだけの力をつけましょう。英語以外の語学で受験する人、あるいは第2外国語が必要な大学(学習院、駒沢もしくは東大、京大、東北大などの学士編入)を受験する人はフランス語、ドイツ語、中国語から1つ選んで勉強する必要があります。

C.小論文

専門科目・語学に加えて「小論文基礎演習」および「文学部共通小論文」から1クラスを選び小論文のトレーニングも行うとよいでしょう。編入試験では語学、専門共に論述問題が中心です。しっかりした日本語の文章を書けるようにしておくことも大切です。

哲学の履修モデル

難関国立大学志望

ターゲット校:北大、名大、千葉大など

  • ①「添削英語S~SH」
  • ②「文学部の添削英語S」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「添削英作文BS」
  • ⑤「文学部共通小論文」
  • ⑥「哲学論文」

※北海道大学では専門科目が2科目課されるため、「編入心理学論文概論」「編入社会学論文」のいずれか一つを選んで追加

中堅国公立大学、難関私立大学志望

ターゲット校:大阪市立大、埼玉大、上智、学習院、法政、同志社、東京女子など

  • ①「文学部の添削英語S」
  • ②「添削英語BS」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「小論文基礎演習」
  • ⑧「哲学論文」

※学習院大学志望の方は上記に加えて「ドイツ語講読」「フランス語講読」「中国語講読」「大学受験センター漢文」から1つ

中堅私立大学志望

ターゲット校:國學院大学、聖心女子大学など

  • ①「添削英語B(基礎力完成)」
  • ②「添削英語基礎徹底」
  • ③「日東駒専レベル一般入試型英語演習BS」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「小論文基礎演習」
  • ⑧「哲学論文」

哲学のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部(哲学講座)
  • 埼玉大学教養学部(哲学・人間システム論専攻)
  • 千葉大学文学部(哲学講座)
  • 信州大学人文学部(哲学・思想論コース)
  • 名古屋大学文学部(哲学専攻)
  • 大阪市立大学文学部(哲学・哲学史コース)ほか

私立

  • 学習院大学文学部(哲学科)
  • 國學院大學文学部(哲学・倫理学コース)
  • 上智大学文学部(哲学科)
  • 聖心女子大学文学部(哲学専攻)
  • 東京女子大学現代教養学部(哲学専攻)
  • 法政大学文学部(哲学科)
  • 同志社大学文学部(哲学科)
  • 関西大学文学部(哲学倫理学専修)ほか

美学・芸術学

美術・芸術系の試験対策について

A.専門試験

美術史の場合、1の専門試験の問題形式が大学によって大きく異なります。大きく分けて、①美術史に関する知識問題(語句説明)、②美術史に関する長文論述問題、の2タイプにわかれますが、近年では①タイプの問題が出題される大学は減少傾向にあり、②タイプの問題だけが出される大学が圧倒的に多くなっています。また編入後の研究テーマを書かせる志望理由書型の論述問題も増えています。②タイプの問題の場合、美術史に関して幅広く知識を持っていることは必ずしも必要ではなく、自分の関心のある時代の美術について詳しく知っていればあとは論述力次第です。一方①②両タイプが出題される北大の芸術学講座、学習院大学の美術史学科では日本美術史、西洋美術史両方についての幅広い知識が必要になります。受験大学の出題傾向をあらかじめ確認した上で学習計画を立てましょう。

B.語学

語学に関しては英語の授業が中心になります。中ゼミの英語は長文和訳や文法問題など問題傾向別に分かれています。各分野の授業を履修し、あらゆる問題に対応できるだけの力をつけましょう。英語以外の語学で受験する人、あるいは第2外国語が必要な大学(学習院大)を受験する人はフランス語、ドイツ語、中国語から1つ選んで勉強する必要があります。

C.小論文

専門科目・語学に加えて「小論文基礎演習」および「文学部共通小論文」から1クラスを選び小論文のトレーニングも行うとよいでしょう。編入試験では語学、専門共に論述問題が中心です。しっかりした日本語の文章を書けるようにしておくことも大切です。

美術・芸術系の履修モデル

難関国立大学志望

ターゲット校:北海道大など

  • ①「添削英語S~SH」
  • ②「文学部の添削英語S」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「添削英作文BS」
  • ⑤「文学部共通小論文」
  • ⑥「美術史(個別指導)」

※北海道大学では専門科目が2科目課されるため、「編入心理学論文概論」「編入社会学論文」のいずれか一つを選んで追加

中堅国公立大学、難関私立大学志望

ターゲット校:埼玉大、信州大、大阪市立大、学習院、同志社など

  • ①「文学部の添削英語S」
  • ②「添削英語BS」
  • ③「マーチレベルの一般入試型英語演習S」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「小論文基礎演習」
  • ⑧「美術史(個別指導)」

※学習院大学志望の方は上記に加えて「ドイツ語講読」「フランス語講読」「中国語講読」「大学受験センター漢文」から1つ

中堅私立大学志望

ターゲット校:明治学院、國學院、実践、共立など

  • ①「添削英語B(基礎力完成)」
  • ②「添削英語基礎徹底」
  • ③「日東駒専レベル一般入試型英語演習BS」
  • ④「徹底マスター英語長文」
  • ⑤「徹底マスター英語文法」
  • ⑥「添削英作文B」
  • ⑦「小論文基礎演習」
  • ⑧「美術史(個別指導)」

※國學院大學の場合、専門試験は哲学の問題なので「哲学論文」を追加

美術・芸術系のターゲット校

国公立

  • 北海道大学文学部(芸術学講座)
  • 群馬県立女子大学(美学美術史学科)
  • 埼玉大学教養学部(芸術論専攻)
  • 信州大学人文学部(芸術コミュニケーション分野)
  • 大阪市立大学文学部(文化形成論コース)ほか

私立

  • 学習院大学文学部(美学・美術史系)
  • 國學院大學文学部(美学・芸術学コース)
  • 共立女子大学(造形芸術コース)
  • 実践女子大学(美学美術史学科)
  • 明治学院大学(芸術学科)
  • 同志社大学文学部(美学芸術学科)
  • 関西大学文学部(芸術学美術史専修)
  • 関西学院大学文学部(美学芸術学科)ほか

合格者インタビュー

上智大学外国語学部英語学科3年次編入

学習院大学文学部英語英米文化学科3年次編入

出身:短期大学

合格おめでとうございます。合格した今の気持ちを教えて下さい

自分は合格するという気がしなかったので、まだびっくりしている感じです。中ゼミに来て、自分よりレベルが高い人が大勢受験するということがわかったので、自分が合格できたことに本当に驚いています。

中ゼミを選んだきっかけは何ですか?

もともと内部編入や四大の編入を目指して短大に入りました。内部の推薦を狙っていたのですが、1年のときの成績があまり良くなく、一般編入を考えはじめ、受験するなら英語のレベルが高いところへ行きたいと思い、上智大学を意識するようになりました。中ゼミは、短大のサークルの先輩が勧めてくれて入りました。

中ゼミに来て良かったことを教えてください。

自分を客観視できたことです。自分は帰国子女でもあり、英語力があると思っていたのですが、中ゼミに来て初めて、自分で思っているほどには実力がないということに気づき、必死で勉強し始めました。周りに英語ができる人が大勢いたので、常に上を目指すことができました。

また中ゼミのいいところはスタッフの先生と面談ができることです。上智は志望理由書が長く、またかなり専門的な内容を書かなければいけなかったので、日比野先生にお世話になりました。また上智で書いた内容を学習院にそのまま使えるというわけではなかったので、また先生方と相談し、受験する大学に合わせて志望理由書を作ることができました。自分は日本語の論述力に自信がなかったので、小論文基礎演習などの授業を通して日本語力もアップできたかなと思っています。日本語で書く練習を積むことは、英語でエッセイを書くときにも役立ったし、また和訳の際に自然な日本語で訳ができるようになったと思います。

最後にこれから編入を目指す人へメッセージをお願いします。

中ゼミを最大限利用することが合格へとつながります。中ゼミではどの先生も親切で、親身に相談にのってくれます。積極的に先生とコミュニケーションをとることが大切です。また、私は答案をなるべく再提出し、復習に時間をかけました。そうやって、中ゼミにいるからできることを最大限利用し、合格を勝ち取りましょう!あと、オープンキャンパスには絶対行くべきです。面接の際、話のネタになりますし、大学の先生方と入学後勉強したいことについて直接お話しすることもできます。私の場合は、上智のオープンキャンパスで受けた模擬講義に似た内容が入試のエッセイで出題されたので、オープンキャンパスに行っておいて本当によかったと思いました。

埼玉大学教養学部哲学歴史学科哲学専攻3年次編入

出身:私立大学理系

合格おめでとうございます。今の気持ちをお聞かせください。

ホッとしています。編入を目指したい、と両親に言った時からずっとプレッシャーを感じていたので、解放されてよかったです。

編入を目指そうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

もともと高校の時は文系の大学に進みたかったのですが、両親が理系を希望していたため理系の大学を受験しました。しかし志望した大学に入れず、自分が希望していた分野でもなかったので、今の大学に入ってからは、これは自分のやりたかったことではない、と常に違和感を持っていました。1年生の3月後半に2年生からの大学のスケジュールを見て専門科目に興味が持てず、思い切って自分のやりたいことを勉強するために編入を目指そうと決心しました。

哲学科を選んだのはなぜですか?

もともと哲学には興味を持っていました。人間がどうしてこのように考えるのか、するのか、ということを一つ一つ考えていくところに高校の頃から魅力を感じていました。

中ゼミを選んだのはどうしてですか?

編入を目指そうと思ってインターネットで「大学・編入」と検索した時に一番初めに出てきたからです。知り会いに編入試験は過去問が大切だということを聞いていましたし、ほとんどの大学で面接があることにも不安がありました。自分一人で勉強していくのは難しいと思い4月のはじめに中ゼミの入学相談を受けました。はじめは講習だけ受けることも考えていたのですが、入学相談でお話を聞いて、やはりしっかり通わないとダメだな、と思い入学を決めました。

中ゼミでの授業はいかがでしたか?

英語は特に山崎先生の添削英語BSの授業が役に立ちました。基礎をしっかり身に着けることができたため、受験対策だけではなく、現在の大学の英語の試験などにも役に立ちました。また小論文の授業では、答案添削を通じて、自分の文章の課題をしっかり見つけることができました。専門の哲学に関しては、関心こそあったものの、ほとんどゼロからスタートだったので、授業で一つ一つはじめから勉強することができてよかったです。ただ文章を書くことがもともと得意ではなかったので、初めの頃、哲学論文は本当に苦労しました。何度も何度も答案を書きなおして時間が非常にかかりました。授業でだんだん知識も身につき少しずつ書けることも増えていきましたし、授業自体は楽しみだったのですが、課題をこなすことが本当に辛かったです。

中ゼミの授業以外のサポートはいかがでしたか?

特に面談はよかったです。勉強面でも生活面でも相談に乗ってくれる人がいることで非常に助かりました。一回30分、しっかり時間をとって話すことができるので、自分のこともわかってもらえるのでよかったです。

現在の大学との両立はいかがでしたか?

私は理系なので、2年生はほとんどが必修科目なので中ゼミに通うのが大変でした。自分で哲学のノートを作って移動時間に読むなど、時間を有効に活用することを心がけました。後期に入ってからは大学で週3回実験があり、中ゼミの授業に行けないことも多くなり、とても辛かったです。朝早起きして英語の勉強をするなど努力してはいましたが、はじめに受験した大学に落ちた時には、こんなに忙しいのだから今の大学にそのままいた方がいいんじゃないかと考えることもありました。でも自分で決めたことなので、これではいけないと思い、頑張りました。

埼玉大学の試験本番はいかがでしたか?

筆記試験はある程度の手応えを感じました。面接でも、自分の研究テーマに関して鋭い質問をいくつかされましたが何とか答えることができました。編入して哲学を勉強したいんだ、という気持ちは伝えられたと思います。合格発表を見たときは大騒ぎしました。これで哲学が勉強できるんだ、と思いうれしかったです。

受験生活全体を振り返ってみていかがでしたか?

自分ではガラッと人が変わったと思っています。高校が進学校だったこともあり、去年一年間、これからずっとこの大学にいるんだと思うと、とても卑屈な気持ちになってしまっていました。大学受験に失敗し、あきらめかけていましたが、もう一度チャンスをもらえたと思っています。中ゼミでの勉強を通じて、編人試験対策ということだけではなく、視野が広がり、粘り強さも身について人間的にもスキルアップできたと思います。忙しかったけれど、頑張った甲斐がありました。やりたかったことがこれからできると思うと、うれしいです。

最後に次年度の中ゼミ生へのメッセージをお願いします。

編入はそもそも他人に言われてやるのものではなく、自分からやろうと思わないとやらないことだと思います。私は挫折しそうになった時、編入をしようと決めた3月の気持ちをもう一度思い出し、自分で決意したんだからやるしかないでしょう、と思い頑張りました。中ゼミ生のみなさんには、編入を目指すことを決意した時の気持ちを忘れずに、最後まで粘り強く頑張ってほしいと思います。

ありがとうございました。

埼玉大学教養学部日本・アジア文化専修3年次編入

白百合女子大学文学部国語国文学科3年次編入

出身:短期大学

受験した大学に次々と合格されましたね。おめでとうございます。振り返って、受験はどうでしたか?

合格してとてもうれしかったです。国立大学に受かるなんて思ってもいなかったので、家族も喜んでくれました。勉強は大変で、なかなか自分に自信が持てなかったのですが、こうして合格してみて、本当にがんばってよかったと思っています。

編入試験を決意したのはいつごろですか?

実は、大学受験の時に失敗してしまって、それが悔しかったので、1年の頃から編入しようと思っていました。短大の先生が、編入をするなら中ゼミという予備校があると教えてくれたので、4月に早速入学しました。編入試験のときに成績も重要かと思って、短大の授業もまじめに出席し、いい成績をとるように努力しました。ただ、短大の授業のあとに中ゼミに来ると、時間ギリギリになってしまい、受けたい授業の席が後ろのほうになったりして、やっぱりいろいろと大変でした。

中ゼミの授業はどうでしたか?

楽しかったです。日本文学の授業はとてもアットホームな雰囲気があって、友達もできて、励ましあいながらがんばれました。授業中は集中して雑談をする雰囲気ではないのですが、休み時間にちょっと友達としゃべったりするのも気分転換になりました。同じ教室にいた人たちが志望校に合格したと聞いて、本当にうれしいです。実はこんど中ゼミで友達になった人と久しぶりに会う予定なんです。

でも、英語の授業は苦労しました。厳しくても、信頼できる先生だったので、必死でがんばりました。そのうちにだんだん成績が上がってきて、自分でも力がついてくるのがわかりました。

埼玉は受験に英語はないのですが、入学してからTOEICの成績でクラス分けをしているようなので、やっぱり英語もしっかり勉強しておいたほうがいいと思います。

面接練習は役にたちましたか?

はい。練習をしなければうまく答えられなかったと思います。本番は圧迫面接ではなかったのですが、先生方の表情が厳しくて、とても緊張しました。研究テーマについてかなり細かく聞かれて、がんばってきちんと具体的に答えることができました。志望理由書を何度もスタッフの先生に見てもらったり、面接練習を繰り返したので、その成果が出せたと思っています。本当にありがとうございました。

では、最後にこれから受験する人にアドバイスをお願いします。

合格できて本当にうれしいです。受験勉強は苦しいですが、ぜひあきらめないでほしいです。難しそうだからといって挑戦をやめないでください。

私も国立大学は手が届かないかと思っていましたが、まわりの応援もあって、合格することができました。スランプもあったのですが、そういう時には友達とお昼を食べたりして、ストレスを解消しました。

中ゼミには同じ思いの人たちが集まっています。苦しいのはみんな同じだと思います。励まし合いながらがんばれたことが、とてもいい経験になりました。ぜひ後悔しないように、一生懸命がんばってほしいと思います。

ありがとうございました。これから充実した学生生活が待っていますね。本当におめでとうございました。