社会学・学際系編入

社会学とは

社会学とは、社会の見えない構造を明らかにする学問です。経済学、法学、政治学といった他の社会科学の諸分野は、それぞれ経済現象、法現象、そして政治現象を対象としています。ただし「社会」はそれだけで成り立っているわけではありません。そうした他の社会科学諸分野によっては扱うことができない「社会の見えない構造」を明らかにしようと試みる学問が、社会学です。

学際とは

学際とは、社会学、経済学、法学、政治学、哲学、歴史学、理系諸学などといった諸学の垣根を越えた分野横断的なアプローチです。学際系の学部・学科ではそれらのさまざまな学問の知見を総合的に取り入れながら研究を進めることができます。具体的には、お茶の水女子大学生活科学部、明治大学情報コミュニケーション学部などが挙げられます。

社会学・学際系編入の主なターゲット校

国立大学

  • お茶の水女子大学文教育学部社会学
  • お茶の水女子大学文教育学部グローバル文化学環
  • お茶の水女子大学生活科学部生活社会科学
  • お茶の水女子大学生活科学部生活文化
  • 筑波大学社会・国際学類
  • 筑波大学情報学群知識情報・図書館学類
  • 大阪大学人間科学部
  • 名古屋大学情報文化学部
  • 名古屋大学文学部
  • 名古屋大学教育学部
  • 北海道大学教育学部
  • 奈良女子大学生活環境学部生活文化
  • 奈良女子大学文学部社会情報学
  • 神戸大学発達科学部人間表現
  • 大阪市立大学文学部
  • 京都府立大学公共政策学部
  • 千葉大学文学部行動科学
  • 埼玉大学教養学部文化人類学
  • 埼玉大学教養学部社会学
  • 東京学芸大学教育学部生涯教育
  • 宇都宮大学国際学部
  • 都留文科大学文学部
  • 高崎経済大学地域政策学部
  • 広島大学
  • 滋賀大学
  • 信州大学
  • 熊本大学
  • 岡山大学
  • 静岡大学
  • 名古屋市立大学
  • 新潟大学
  • 岩手大学
  • 山形大学
  • 富山大学
  • 三重大学
  • 島根大学
  • 岐阜大学
  • 愛媛大学
  • 高知大学
  • 山口大学
  • 佐賀大学
  • 長崎大学
  • 琉球大学
  • 岩手県立大学
  • 奈良県立大学
  • 島根県立大学
  • 山口県立大学
  • 北九州市立大学
  • 福岡県立大学

私立大学

  • 上智大学総合人間学部社会学
  • 上智大学文学部新聞学
  • 上智大学神学部
  • 国際基督教大学教養学部
  • 立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ政策
  • 立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ福祉
  • 明治大学情報コミュニケーション学部
  • 明治大学文学部心理・社会
  • 明治大学文学部文芸メディア
  • 法政大学社会学部社会学
  • 法政大学社会学部社会政策
  • 法政大学社会学部メディア社会
  • 法政大学人間環境学部
  • 法政大学キャリアデザイン学部
  • 法政大学現代福祉学部
  • 同志社大学社会学部
  • 同志社大学神学部
  • 同志社大学政策学部
  • 関西学院大学社会学部
  • 関西学院大学総合政策学部
  • 関西学院大学神学部
  • 関西大学社会学部
  • 関西大学総合情報学部
  • 関西大学文学部
  • 東京女子大学現代教養学部国際社会
  • 東京女子大学現代教養学部コミュニケーション
  • 日本女子大学人間社会学部現代社会
  • 日本女子大学人間社会学部社会福祉
  • 聖心女子大学文学部歴史社会
  • 聖心女子大学文学部国際交流
  • フェリス女学院大学文学部コミュニケーション
  • フェリス女学院大学国際交流学部
  • 学習院女子大学国際文化交流学部日本文化
  • 学習院女子大学国際文化交流学部国際コミュニケーション
  • 東洋英和女学院大学人間科学部
  • 東洋英和女学院大学国際社会学部
  • 清泉女子大学文学部文化史
  • 清泉女子大学文学部地球市民
  • 実践女子大学
  • 共立女子大学
  • 東京家政大学
  • 昭和女子大学
  • 同志社女子大学
  • 京都女子大学
  • 神戸女学院大学
  • 甲南女子大学
  • 武庫川女子大学
  • 神戸松蔭女子学院大学
  • 神戸親和女子大学
  • 明治学院大学社会学部
  • 明治学院大学国際学部
  • 武蔵大学社会学部
  • 武蔵大学人文学部
  • 國學院大學神道文化学部
  • 玉川大学
  • 日本大学文理学部社会学
  • 日本大学法学部新聞学
  • 日本大学国際関係学部
  • 日本大学芸術学部
  • 東洋大学社会学部
  • 東洋大学国際地域学部
  • 駒澤大学文学部社会学
  • 駒澤大学グローバルメディアスタディーズ学部
  • 専修大学文学部人文
  • 京都外国語大学
  • 関西学国語大学
  • 甲南大学
  • 龍谷大学
  • 京都産業大学
  • 桃山学院大学
  • 京都精華大学
  • 京都文教大学
  • 大阪芸術大学
  • 南山大学
  • 愛知大学
  • 北海学園大学
  • 北星学院大学
  • 東北学院大学
  • 愛知淑徳大学
  • 松山大学
  • 広島修道大学
  • 西南学院大学
  • 福岡大学
  • 沖縄国際大学
  • 桜美林大学
  • 関東学院大学
  • 東京経済大学
  • 東海大学
  • 大正大学
  • 創価大学
  • 大東文化大学
  • 亜細亜大学
  • 帝京大学
  • 国士舘大学
  • 立正大学
  • 文教大学
  • 明星大学
  • 武蔵野大学
  • 目白大学
  • 駿河台大学
  • 東京都市大学
  • 東京工科大学
  • 東京工芸大学
  • 聖学院大学
  • 江戸川大学
  • 日本橋学館大学
  • 作新学院大学
  • 埼玉学園大学
  • 東京国際大学
  • 文教学院大学
  • 城西国際大学
  • 武蔵野学院大学
  • 帝京平成大学
  • 愛国学院大学
  • 松蔭大学
  • 東京情報大学
  • 東洋学園大学
  • 共愛学園前橋国際大学
  • 創造学園大学
  • 跡見学園女子大学 
  • 文化女子大学
  • 和洋女子大学
  • 川村女子大学
  • 相模女子大学
  • 駒沢女子大学
  • 十文字学園女子大学
  • 恵泉女学園大学
  • 東京純心大学
  • 東京女学館大学
  • 東京家政学院大学
  • 聖徳大学
  • 藤女子大学
  • 金城学院大学
  • 椙山女学園大学
  • 活水女子大学
  • 長崎純心大学
  • 西南女学院大学
  • ノートルダム清心大学

社会学・学際系履修モデル

難関国立大志望

ターゲット校・・・お茶・阪大・筑波・名古屋・北大など

難関大志望者は英語・論文ともに要約や課題文型対策が必要。英作文も受講し英語の総合力を高めよう。

英語

  • 社会学の添削英語
  • 社会系添削英語
  • 英語記述式・要約演習
  • 徹底マスター英語文法
  • 徹底マスター英語長文
  • 添削英作文

専門

  • 編入社会学論文
  • 社会科学・学際論文
  • 編入社会学課題文型論文
  • 社会時事系小論文

私立大志望

ターゲット校・・・東京女子・日本女子・東洋など

東京女子などは一般入試型の英語対策が必要。勉強内容を絞りたい場合は出題傾向が近いところを受験するのも一つの手。

英語

  • 社会学の添削英語
  • 社会系添削英語
  • 一般入試型英語演習
  • 徹底マスター英語文法
  • 徹底マスター英語長文

専門

  • 編入社会学論文
  • 社会科学・学際論文
  • 編入社会学課題文型論文
  • 社会時事系小論文

社会学・学際スタッフからのアドバイス

・その他、お茶の水女子・生活科学、上智を希望される方はTOEICスコア提出が求められるので、TOEIC講座などを組み合わせると良いでしょう。

・ご自身の志望校や学力に合わせてどの講座を受講すべきか、どのコースを選択すべきか迷われている方は、お気軽に中央ゼミナールの社会学・学際スタッフまでご相談ください。

合格者のひと言

■赤田先生のプリントの復習をしっかりしました。添削も毎回ちゃんと出しました。(短大→聖心)

■美容整形に関する日韓比較が研究テーマなんですけど、こういうのをテーマにできる社会学ってすごくいいなと思います。(短大→聖心)

■中ゼミでできた友達とは、メールで社会学の用語を冗談っぽく言い合いました。ハビトゥスとかセルフヘルプグループとか。(短大→聖心)

■運は努力した人のところに来るんだなって思いました。編入は運だっていうけど、努力していないと運はこない。(短大→聖心)

■小論はとにかく数を書くしかない。試験では何も見ないで書かなきゃいけないから、ちゃんと書ける様になるまで覚えていないとダメなんだ、ということをすごく実感しましたね。(4大→阪大)

■「働くって何だろう」ということについて考えていて、つきつめたら社会学にたどりついてしまった。それで社会学をちゃんと勉強したいと思うようになったんです。(4大→大阪・千葉)

■常識が覆されます!(4大→群馬・埼玉・名古屋市立)

■なかなか独学で勉強するのは難しい。(4大→群馬・大阪)

■毎日中ゼミで勉強した。家だと勉強できないので。(4大→大阪・千葉)

■中ゼミに来て色々な大学に行けるチャンスがあることを知った。(4大→大阪・群馬)

■赤田先生に基礎からやれ、と言われて現代文の勉強をしっかりやりました。キーワード読解とか頻出現代文なんかも役立ちました。(4大→大阪・群馬)

■英語を聞くことで英語に慣れて読む力がついて、早く読めるようになった。(4大→大阪・群馬)

■とにかく本を読みまくりました。難しい理論書とか新書とか。(4大→大阪・千葉)

■授業でハビトゥスとか生き辛さとか聞いてすごく納得しました。(4大→群馬)

■ハビトゥスが一番おもしろかったです。すごくわかりやすいし、一般的な話の中でもすごく使える。(4大→群馬)

■やっぱり情報量ですね。(4大→千葉)

■仲間と出会えたことですね。友達同士で一緒にがんばれた。(4大→大阪)

■ぎりぎりまで今までやったことを見直すことですね。

■面接と志望理由書が自分にとって最難関だった。何度も先生に相談して、最高の志望理由書ができたと思います。

■勉強を進めれば進めるほど自分の力がわかる。

■もう一度勉強をしなおす良いきっかけになりました

■なかなか結果が出せず苦しい時期もありましたが、あきらめずに勉強を続けて良かったです。

■神様!仏様!赤田様!(4大→阪大)

■高校の時の夢がかなった

■勉強していて一人じゃないと思える―自分と自分の人生を変えるきっかけ…気づいた人にだけ与えられるチャンス。(4大→名古屋・大阪)

■目標を作るための編入

■普段考えもしなかったことの中に発見がある。

■やってきたことを信じれば受かる。(4大→筑波・立教)

■こんなに勉強が好きになるとは―当たり前が当たり前じゃなくなる。

■卑屈だった自分がプライドを持てるようになった。(短大→埼玉)

■やっと一番行きたいところに行ける。―絶対行くんだという気持ち。

■中ゼミに来ると勉強のリズムが作れた。

■「成せばなる成さねばならぬ何事も」の精神。(4大→山形・東女)

■イメージトレーニングができた―暗記するほど読み込んだ。

■全身で英語のリズムをつかむ―「楽しめた」受験勉強(短大→お茶・立教・群馬)

■オンとオフの切り替え-精神面でのフォロー。

■赤田先生になろう!と思った。

■自分を客観的に見られる-学力よりも自信をつける。(短大→お茶・立教)

合格者インタビュー

大阪大学人間科学部人間科学科3年次編入合格

S.Wさん「やると決めたら、やる!」

合格おめでとうございます。今の気分はどうですか?

嬉しいというより、現実感がないって感じですね。合格を聞いてから1週間ぐらいですが、ふわふわして実感がないのが本音です。

編入試験を受けたいと考え始めたのはいつ頃ですか?

そもそも商業高校だったので、大学行くことすらはじめは全然考えてませんでした。でも、社会学という学問を偶然知る機会があって、面白そうだなあと思って今の大学に自己推薦で入りました。それで勉強するうちに、教育社会学がやりたいって考え始めて、なぜか、それをやるなら東大か大阪しかないと思ってたんですよね。それなら編入かな、と。だから今の大学に入ってから少しずつ編入を考えていたってことですね。

始めるのが4月ではなく夏からだったんですね。遅いような…。

編入試験に向けて具体的に勉強しようと考え始めたのは遅かったんです。早く決めて早く来ていればそのほうが絶対よかったと思っています。そうしていればこんなに死ぬほどやる必要はなかったと思いますから。短期間でも合格はできると思いますが、やっぱりやるなら早めに始めたほうがいいです、絶対。

やっぱり大変でしたか?

大変でした。ものすごくやりました。でも、まったく苦痛ではなかったです。これまでそんなに勉強をしていなかったからかもしれないですけど、知識が入ってくることや、それでいろんなことがわかるようになることが面白くて仕方がなかったです。

それはすごいですね。特に印象に残っている授業はありますか?

中ゼミに来る前は英単語のターゲットをちょっとやってたぐらいで、それ以外は本当に何もやっていないという状態で中ゼミの初授業を迎えたんですが、それが千頭和先生の授業だったんです。ものすごい衝撃でした。英語を読み解くために必要な具体的な知識ももちろん役に立ったのですが、やっぱり、一言でも聞き逃したら受からないかも、という緊迫した雰囲気が大きかったと思います。最終的に大阪大学に合格するような英語力には、自分では足りていなかったと自覚しているんですが、それでもなんとか力をつけられたのは千頭和先生のおかげです。あの授業がなければ受からなかったと思います。

なるほど。専門や小論文対策はいかがでしたか?

まず、斉藤先生と面談で新聞記事の要約の練習をしました。そのおかげで時事にも強くなったし、文中から重要なポイントをつかむ力がつけられたと思っています。それから龍崎先生の授業ですね。龍崎先生の授業は、毎回違うネタを扱いながら、実は全体がつながっているんです。そのおかげで、どんな問題でも授業のどこかにつなげることができたので、大阪もそれを活かせたと思っています。毎回授業時間は長めですけど、それがありがたかったと思ってます。

授業など中ゼミで指導を受ける以外ではどのように準備を進めていましたか?

本については基本的には社会学の入門書と、教育社会学についてのものを2冊ぐらいですね。あと、自習室には1日中いて勉強していました。必要な単位は前期で全てとっていたので。志望理由書は斉藤先生に相談しながら作りました。それと、夏に開かれた合格者を囲む会に出たのはよかったと思います。去年の大阪合格者から成功話を聞けるわけですから。これからの学生さんも絶対出るべきです。

辛いこともあったと思いますが?

試験直前の1週間ですね。それまでは前にも言ったようにおもしろいばっかりで、嫌になんか全然ならなかったんですけど、いよいよ試験が近づいた時には吐きそうになりました。それはきっと、自分のそれまでの頑張りがあって、それが裏切られたらどうしようという自分から自分へのプレッシャーだったんだと思います。でも、合格者の人に聞いた話の中にも同じようなエピソードがあったので、気持ち悪くなりながらも、内心「これだ!」と思って嬉しくもありました(笑)。

本番の試験にはどんな気持ちで臨みましたか?

大阪が第一志望で、受かるために頑張ってはいましたけど、どこかでそんなに甘くはないとも思っていたので、むしろ気楽に受けに行ったんですね。他の受験生はなんだかみんなピッとしてて、僕だけ浮いていたと思います。でもそれが勝因の一つだったと思います。それで問題を見てみたら面白いようにわかるし書けるしで、手応えもありましたね。

本当に一生懸命駆け抜けた4か月間でしたね。最後にこれから始める学生さんにアドバイスをお願いします。

一言で言うのは難しいのですが、あえて言うなら「やると決めたらやるしかない」これに尽きると思います。

貴重な話をありがとうございました。これからの活躍を期待しています。

お茶の水女子大学文教育学部人間社会科学科社会学コース3年次編入合格

奈良女子大学生活環境学部生活文化学科3年時編入合格

K.T.さん「上を目指し続けること…」

合格おめでとうございます。今の気分は?

お茶大の時は、すごく嬉しかったです。お茶大は本当に行きたくて仕方がなかったので、合格発表のページに行くネットのボタンが怖くて10分くらい押せなかったですね。でも阪大の時は、寝っころがって押しちゃってました。で、見つからなくて、友達にも手伝ってもらってようやく見つけた時はびっくりしました。嬉しいよりも、動揺って感じですね。

2年目ですが、去年と比べてどこが変わりましたか?

先を見通して勉強できるようになったと思います。やんなきゃいけないものがはっきり見えてたというか。思い切って不要なものを切って、必要なものに集中できたと思います。それは多分、夏の合格者を囲む会で合格者の人に「これをやれば大丈夫」というのを聞いたからできたと思うんですよね。受かった人がやったことをやれば間違ってない、っていう自信があったと思います。本当に先輩とのつながりや、そこからの情報が重要だったと思います。龍崎先生の解答例要約も、授業では言われてましたけど、先輩にいいよ、って言われてから始めた感じだったので。

授業の話が出ましたが、英語と専門はどんなバランスで勉強してましたか?

英語8、専門2、という割合でしたね。英語は、千頭和先生のやり方そのままでしたね。去年の反省として、新しい英文を見て「あ、これやったな」って思えることがあまりなかったっていうのがあったので、今年はそこに行き着こうと。で、それは達成できたと思います。専門は、ほとんど龍崎先生の授業の復習ですね。あとは、夏だけだったんですけど、坂東先生の社会時事小論文に出たのも大きかったと思います。専門論文とは違って、小論文をどう書くかっていうのを改めて確認することができたので。

もともと英語は得意でしたか?

いやいや全然。短大は一応英文系でしたけど、中ゼミ入ってみて、今までのは英語じゃなかったな、と気づきました。中ゼミに来なければここまで英語力を上げるのは絶対無理だったと思います。

短大に入った時から編入するつもりだったんですか?

なんとなくしようかなーとは思ってたんですが、短大で内部編入のシステム聞いて無理だなって思いました。で、海外の大学へ行くことを考え始めて、とりあえず短大在学中にオーストラリアに短期留学したんですが、その時に、英語圏で暮らすことはできるなってことと、本当に英語をちゃんと使うにはこれじゃだめだな、ちゃんと勉強し直さないといけないなってことの両方を痛感しました。それで本格的に編入を考え始めました。

1年目と分野が変わったわけですが、それで大変だったことはありますか?

1回の授業でやることが多いな、とは思いました。はじめのうちは龍崎先生の授業のある火曜日は疲れてましたね。重いな火曜、みたいな(笑)。龍崎先生は授業も解答例も長いんですけど、あれは全てを頭の中に入れることが大事なんじゃなくて、その中に問題とつなげられるものを見出せるようになることが大事なんですよね。その意味ですごく力がついたと思います。

試験当日はどうでしたか?

前日、場所の確認もあって阪大に行ったんですけど、迷って足も痛くなって、もう泣いてました。ああ、場違いなところ来ちゃった、って。でも当日は専門も英語も自分ではできたと思いました。面接は、お茶の水よりもちゃんと話せたと思います。テーマについてもしっかり聞いてもらえて褒められました。それで研究についてのアドバイスももらえて、佐藤先生と話して一生懸命絞って決めたテーマですけど、幅広くやってみるのもいいって提案してもらえて。その時は、こんなに聞いてもらえたんだから落ちても満足!と本気で思いました。

そもそも大阪大学を受けるつもりじゃなかったんですよね。

まず、国立なんて考えてなかったですからね。しかも、関西なんて本当に全く考えてもいませんでした。でも、先生たちに受けろ受けろって言われて、奈良女子大から始まって合格して、その経験があったから阪大も受けようと思ったし、合格にもこぎつけたと思いますね。まだ、現段階ではお茶と迷ってますけど、こんな贅沢な状況にも、受けないとならないですからね。結果的に最初の考えてた受験計画とは全然違っちゃいましたけど、よかったと思ってます。

貴重な中ゼミライフでしたね。では最後に、これから始める学生に一言。

長くいれば受かるっていうのは間違いだと思います。私は2年目で受かりましたけど、それは長さじゃないって思います。常に中ゼミの中で上位にいるってことを目指さないと、実際にそうなることとは別に、甘えが出てしまうと思います。だから、自分なんてこのぐらいでいい、と思わずに、上を目指し続けることで、短大から阪大という夢も実現できたと思います。

ありがとうございました。これからの活躍を期待しています。