基礎から始める心理系大学院入試対策

基礎から始める心理系大学院入試対策

5月からのレギュラーシーズン前に、基礎から準備を始めたい

英語は、「大学院英語基礎徹底」「基礎からの添削英語」を受講し、レギュラーシーズンの心理系専門英語に対応できる英語力を養いましょう。長文読解に慣れるための「大学院英語基礎徹底」と、文法・構文の基礎を学びながら短文和訳を繰り返す「基礎からの添削英語」から選択できます。英語をしっかり勉強しておきたい方は、2講座とも受講しましょう。

専門科目は、「基礎心理学」、「臨床心理学」、「心理統計学」の基礎学習を主とします。心理系大学院入試では、臨床心理学に加え、発達、学習、社会、認知、知覚、研究法などの基礎心理学各分野から、大学院によって異なる範囲で出題されます。レギュラーシーズン開講前に授業内容の理解度を高め、効率的に勉強が進むように、基礎学習を進めておくことをお勧めします。各自のご都合に合わせ、それぞれの科目をDVD学習および個別指導で対応します。4月に実施される春期講習と合わせて、準備を進めましょう。

レギュラーシーズン前から始める受験対策スケジュール

レギュラーシーズン前の受験対策スケジュール
A

新年度準備講座(英語)

今のうちに英語を基礎から復習しておきたい

  • <主な対象者>
  • ・英語が苦手で、基礎から英語を復習したい方
  • ・添削英語、大学院英語の授業を、早めに始めておきたい方

大学編入・大学院プレ学期共通英語講座

時間割/授業日程

個別面談サービス

新年度準備講座を履修されている方は、ご入学から4月8日までの期間、指導スタッフによる学習相談や進路相談を無料で受けることができます(事前予約制)。

  • ※学習相談とは、学習上の悩みや勉強方法などについて助言するもので、個別の学習指導は含みません。
  • ※研究計画書など出願書類の添削指導および面接・口頭 試問対策については、別途費用が必要です。
新年度準備講座
B

プレ個別指導

専門科目を基礎からマンツーマンで教えてほしい

1科目1回60分の個別添削指導を5回受けることができます。プレ個別指導は1科目ごとに申し込みが必要です。3科目とも個別指導を申し込む場合は、割安な「プレ個別総合」を選択できます。

事前に指導スタッフを通じて担当講師の了解を得た上で、指導日や時間などスケジュールを決める必要があります。5回終了後、指導適用期間内であれば、有料で指導回数の追加が可能です。

  • <主な対象者>
  • ・心理以外の出身者で、臨床心理士指定大学院への進学を志望する方
  • ・社会人や主婦の方で大学卒業からブランクがあり、基礎から復習したい方

プレ個別対象講座

①臨床心理学基礎 ②基礎心理学基礎 ③心理統計学基礎

プレ個別指導

C

プレDVD学習(授業録画視聴+答案添削)

忙しい時間の合間に専門科目の基礎を学びたい

手軽に専門科目の復習をしておきたい

2017年中央ゼミナールで実施された心理系大学院基礎講座の授業録画を視聴していただき、提出された課題答案を授業担当講師が添削します。授業回数や授業時間は講座により異なります。なお、ライブ授業の録画のため、授業内での答案作成時間も録画に含まれていますのでご了承ください。

  • <主な対象者>
  • ・仕事や帰郷などで通学できる期間が限られるため、都合に合わせて勉強したい方
  • ・レギュラー講座が開講する前に、手軽に復習しておきたい方
  • ・中央ゼミナールの添削付き授業はどんなものなのか体験してみたい方
プレDVD学習

授業は連続した内容になっていますので、第1回から順にご覧ください。第1回の添削答案が返却され復習した後に、第2回の授業録画を視聴し答案を作成してください。以降同様に受講しましょう。最終回は授業録画の視聴のみで答案提出はありません。

視聴利用期限:2018年4月15日(日)
答案提出期限:2018年4月22日(日)

  • <注意事項>
  • ・添削答案の返却は、提出から約1週間後となります。
  • ・授業録画の視聴は専用ブースに設置してあるモニターのみになります。
  • ・専用ブースの利用には事前予約が必要です。
プレDVD学習

施設利用サービスについて

A.新年度準備講座とB.プレ個別指導の各講座を履修されている方は、右表に記載されている期間、過去問題などの資料閲覧コーナーや自習室を利用できます。

中ゼミの利点は過去問題が未公開の大学についても、受験した中ゼミ生からの生の情報で試験内容を把握できること。面接の状況や合格者の志望校対策についても知ることができます。閲覧だけではなくコピー(有料)もできます。

授業や個別指導などの前後の時間は予習復習など自習室を有効に利用しましょう。

サービス有効期間
資料室

履修モデル

他学部出身者や、社会人でしばらくブランクがある方におすすめ

履修プラン1

他学部出身の社会人で、臨床心理士の資格取得を目指す。
専門科目は、基礎からしっかり勉強する必要がある。
英語も得意ではないので、一から学び直したい。

1月~3月は、DVD学習と個別指導を併用して、心理学の基礎知識や論文の書き方をしっかり勉強しておきましょう。DVD学習は授業視聴だけでなく、作成した答案の添削指導もありますので、自身の理解力の確認にも役立ちます。個別指導は個人の学力に合わせて調整しますので安心です。

2月~4月は、新年度準備講座や春期講習で基礎講座のライブ授業を受講し、新年度開講に向けた基礎学力を確認しましょう。

5月以降のレギュラーシーズンは、心理系大学院レギュラー総合コースをお勧めします。秋受験の結果次第では、エクストラシーズン(Ⅲターム)を追加しましょう。

履修モデル1料金表

心理系学部在籍者や、大卒の心理学既修者の方におすすめ

履修プラン2

公認心理師の受験資格が得られる大学院へ進学したい。
大学では心理学を専攻していて、秋受験合格を目指す。
英語はちょっと苦手。年明けから受験に集中していく必要がある。

2月~4月は、新年度準備講座の英語講座のライブ授業を受講し、英語の基礎学力を養います。

専門科目は4月からの春期講習を受講し、これまで勉強してきた心理学の復習と確認をしておきましょう。

5月以降のレギュラーシーズンは、秋受験スケジュールに最適な、心理系大学院レギュラー総合コースをお勧めします。

履修モデル2料金表

臨床心理学の勉強が不足している心理学既修者におすすめ

履修プラン3

学部は臨床系ではないため、臨床心理学の知識が不足している。
英語には自信があるが、専門科目は早めに始めたい。

1~3月は、DVD学習と個別指導を併用して臨床心理学の基礎を勉強します。

4月は、春期講習で専門科目のライブ授業を受講し、新学期の準備を整えます。

5月以降のレギュラーシーズンは、秋受験スケジュールに最適な、心理系大学院レギュラー総合コースをお勧めします。

履修モデル3料金表

入学(会)・受講手続

手続き前にご予約の上、入学相談をしてください。

入学面談では、志望校やご都合に合わせたプランをご提案します。

コースや履修講座がお決まりになりましたら、下記手続きへとお進みください。

入学に必要なもの

  • 申込み願書(必要事項を楷書で正確に記入してください)
  • 学費(入会金+授業料)
  • 写真2枚(3cm×3cm、最近6ヶ月以内に撮影した本人の上半身、スピード写真可)
  • 過年度の学生証(過去に在籍されていた方のみ要|入学金減免の対象になります)

願書の入手方法

直接ご来校いただくか、資料請求にて”「基礎から始める心理系大学院」パンフレット”をお受け取りください。パンフレット内に、願書が同梱されています。

受付期間

随時受付中

受付時間

11:30~19:45

受付場所

中央ゼミナール2号館2階ステップアップサポート部事務室

  • ※郵送による申し込みは、願書等の提出物を同封のうえ必ず現金書留にしてください。(郵送による申し込みは遠方の方に限ります。)
  • ※クレジットカードや電子マネー、小切手の利用はできません。
  • ※振込制度・分割制度はありません。