自分にあった勉強方法を見つけよう

聖路加看護(現 聖路加国際)大学看護学部看護学科2年次学士編入合格

北里大学看護学部看護学科2年次学士編入合格

大学4年在学

母が難病に罹り生活の支援をする中で、看護師の方にお世話になったことがきっかけで、看護学部を目指すようになりました。予備校見学は中央ゼミナールと某予備校に行きましたが、宍戸先生の「大丈夫、あなたなら合格できますよ。」という力強い言葉が決め手で、4月下旬から中央ゼミナールに通うことを決心しました。

私は法学部生なので、受験までの約4ケ月間で理系科目の生物をどのように勉強するべきなのかが何よりも不安に感じていました。生物Ⅰの基礎知識の授業や、生物Ⅱを含めた聖路加の過去問題を取り扱う大森先生の授業などはありましたが、生物Ⅱの基礎授業がなかったので、生物Ⅱの基礎知識に関しては完全に独学でした。大森先生の授業では、前半で問題を解き後半で解説をするという形式でしたが、一行目から理解することができず、問題を解くどころではないという絶望的な状態からのスタートでした。まず単語の大まかな意味を知る必要があると考えたので、理系のきょうだいが高校生の時に使用していた生物の教科書を借りて、一気に反復して読みました。それから基礎問題集を解き、それを完璧にした上で、過去問を解きました。この方法で、1学期が終わるころには過去問題は9割解けるようになりました。先生が授業中に発する言葉を理解できるようになったのは、夏期講習あたりだったと思います。聖路加の生物はⅠとⅡの両方からまんべんなく出題されると聞いていたので、単語の意味すら理解できない最初の状態で、合格なんてできるはずがない、と授業中に何度も泣きそうになりましたが、根気よく勉強を続け、試験当日には文系の割には解けたほうだと思っています。生物はたくさんの問題集を解くよりも、中央ゼミナールの授業で取り扱う教材と市販の基礎問題集を2冊ほど網羅するほうがいいと思いました。

勉強をするにあたって大切なことは、いかに時間を有効活用するかということです。私は中央ゼミナールまで2時間近くかけて通っていたので、スマートフォンのアプリでターゲットの単語と熟語をダウンロードして、バスや電車の中では常に英語の勉強をしていました。単語は電車内で勉強し、文法や長文読解を授業で勉強するという学習方法でした。千頭和先生の「徹底マスター」や「添削英語」は文法を学ぶのに大変有用でした。千頭和先生は具体的な勉強法を提示してくださるので、英語だけでなく、他科目の勉強のヒントにもなり、やる気の向上にもつながりました。英語に関して、初めは添削英語が0点や15点、英作文はC判定ばかりでしたが、夏期授業の最後には添削英語は100点近く、英作文はA判定を取れるようになりました。また、小論文はニュースや新聞を見ることから始めました。新聞は毎日必要そうなところを切り取ってノートにまとめていました。初めはC判定ばかりでしたが、知識を取り入れるのと共に、再提出制度をフルに利用することで、だんだんとB判定以上も取れるようになりました。小論文に苦手意識を持っていたこともあり、私は再提出制度も利用して4ケ月間で90枚以上は書いたと思います。小論文は授業内に書ききれないことのほうが多く、夏期の最後のほうまでなかなか判定が上がらず焦りましたが、1つのテーマを様々な方向から意識して考えることを心がけました。特に、眞子先生の医療系小論文では、私の苦手な抽象的なテーマを取り扱うことが多く、夏期授業でもほとんど書けない状態でした。小論文は授業時間内に書ききることも大切ですが、書けなかったテーマをそのままにしておかないことのほうが大切だと思い、時間をかけてでも完成させるようにしていました。そのおかげもあってか、7月に行われた中間模試では、少人数の中ではありますが、一番をとることができ、自信につながりました。試験本番では、授業で書いたものとほとんど同じテーマのものが出題されたので、落ち着いて書くことができました。

志望理由書の作成は7月中旬から始めました。志望理由書の作成は、同時に面接対策にもなり、特に聖路加は面接が厳しいので、宍戸先生に念入りに対策していただきました。具体的な質問や抽象的な質問など、どのようなことを聞かれても冷静に答えられるようになるまで、相当練習しました。そのおかげもあり、聖路加の面接では「落ち着いて的確に答えられていて良いですね。」と褒めていただきました。編入後に勉強したいことの科目名や講義内容まで答えられるようにしていったことも好印象だったようです。しかし、北里も聖路加も1つずつまともに答えられない質問がありました。聖路加に関しては20秒近くも黙り込んでしまい、駄目かと思いましたが、無事に合格することができました。

基本的なことですが、「模試はできる限り受けること」、「再提出などの制度は最大限に利用すること」、「わからないことはそのままにしておかないこと」は大事であるし、編入試験は授業に出てさえいれば受かるという簡単なものではありません。中途半端な気持ちでは受からないです。

ここまで勉強方法について書いてきましたが、私のような性格のタイプの人はたまに休憩することも大切であったと反省しています。私は真面目すぎる一面があり、精神的に不安定でストレスから通院したこともありました。「勉強しなければ」という思いに潰されそうになることもありました。常に教材を手にしていた私を見て、母は「たまには息抜きも必要だよ」と言ってくれました。母のその言葉が、私にとってはとても落ち着ける一言でした。私は北里大学と聖路加看護大学を受験しましたが、母のアドバイスを聞いて、実際に試験前日は軽くしか勉強をしませんでした。正直に言うと、試験前日にはカラオケに行きました(笑)。そのおかげでリラックスして受験することができました。受験体験記には様々な勉強法が書かれていると思いますが、自分に合った方法で勉強することが一番だと思います。

「試験会場に着いた瞬間から合否は決まっている」千頭和先生がよくおっしゃっていた言葉です。私の場合は約4ケ月という短い期間の受験でしたが、“合格したい”という強い気持ちをもって根気よく勉強し、合格することができました。皆さんも自分と中央ゼミナールを信じて、頑張ってください。

「お地蔵様」を心がけた

聖路加看護(現 聖路加国際)大学看護学部看護学科2年次学士編入合格

大卒・社会人

私が中ゼミを選んだ理由は2つあります。自宅からの通いやすさと、「会社を辞めてしっかりやるなら大丈夫」という宍戸先生の力強い言葉です。他の予備校の説明会等には行かずに即決してしまいました。4月から入学、5月末で会社を辞めて6月からは受験勉強に専念しました。実家暮らしで家族の応援もあり、大変恵まれた環境でした。受験校は北里大学と聖路加看護大学です。埼玉県立大学も受けようと思っていたのですが、気づいたら出願期間が過ぎていました。試験日は遅いのに出願期間が早いので気を付けてください。

英語は授業と併せて参考書を、中学レベルの問題集から『基礎英文問題精講』まで千頭和先生の指示通りにやりました。『医療系の英単語』は佐々木先生がプリントで紹介されていた長文の読み方で1日2つずつ読んでいきました。1学期の間は参考書を進めるのが中心で、復習は1学期終了後から進めていきました。聖路加看護大学で必要とされる自由英作文は、見直しや再提出はほとんどできず、直前にディスコースマーカーのチェックをしただけになってしまいました。

生物は大森先生の授業を受けました。1学期の間は自分で購入した問題集を週1回やり、授業の復習は北里大学の試験が終わってから一気にやりました。記述は他の人もそんなにできないのではないかと思い、まとめなおして試験直前に確認するだけにしました。今回は生物の試験が易しかったので、この方法でよかったと思います。

小論文はずっと2、3行しか書けない状況でした。完成させようとすると3時間くらい経っていることもしょっちゅうだったので時間の無駄な気がして止め、その分英語の勉強に充てました。ほとんど書けないまま夏期講習に突入してしまい、なりふり構っていられなくなりました。文章や段落がうまくつながっていなくてもとりあえず4段落書いてみるようにしてから、徐々に書けるようになってきたように思います。あとは半分現実逃避で現代文の参考書をやりました。私は考えが飛躍してしまって何を書いていいのかわからなくなるというところがあったので、課題文の要旨をつかむ練習は論点がぶれないようにするのに役立ったのですが、自信をつけるにはやはり小論文を完成させる経験が必要だと思います。それができないから困っていたのですが。

面接・志望理由書は6月から面談を始めました。今確認したら21回面談しています。こんなに頼ってもいいのかというくらい宍戸先生に頼ってしまいました。面接に対する苦手意識が消えず小論文もまったく自信がなかったため、聖路加看護大学受験直前に挫折しそうになってしまいましたが、宍戸先生のおかげで踏みとどまることができました。当日も自信がないままでしたが結果は合格で、「試験を受けなければ合格する可能性はないけれど受ければ可能性はある」という当たり前のことを実感しました。合格できたのは小論文の課題や面接官との相性がよかったのだと思います。課題文によっては全く書けない可能性も十分あったので、運がよかったのだと思います。

そうはいっても初めから運をあてにしていたわけではなく、一定ペースで勉強を続けたこともよかったのだと思います。6月頃に一度焦りを感じた時期があったのですが、ペースをつかめてからは不安があってもともかく勉強を続けることができるようになりました。私はネガティブなので、厳しいことを言うけれど具体的な方法を提示してくださる千頭和先生は心の支えになりました。先生のおっしゃることを全てこなそうとすると仕事を辞めている私でも精一杯でしたが「お地蔵さま」を心がけました。結果発表を見に行く電車の中でも参考書を見ていましたし、不合格だった場合にはそのまま、一般入試対策の塾の見学に行く準備もしていました。もし一般入試を考えている方がいたら、外部の模試も受けてみたらいいかもしれません。9月の初めに受ければ聖路加の結果発表の少し後に結果が返ってくるので、不合格だった時の対策が立てやすくなると思いますし、そうでなくても同じ大学に入ってくる人と自分の力が比べられるので面白いです。

まとまりがありませんが、これで私の受験体験記を終了したいと思います。文章がぎこちないので小論文に苦労したことがわかっていただけるかもしれません。大学の在校生の方から聞いた話では、大学生活は受験勉強なんて楽だったと思えるほど大変だそうです。想像すると恐ろしいですが、頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

自分で納得できるよう、努力を惜しまず楽しんで勉強してほしい

聖路加看護(現 聖路加国際)大学看護学部看護学科2年次学士編入合格

大卒・社会人

埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科社会人入試合格

6月の終わり頃、インターネットで見つけた中央ゼミナールの門をたたきました。看護学科に行きたいという強い思いだけで、あとは何の知識も計画もないまま、受験を考えていました。宍戸部長に初めてお会いして話をするうちに、看護学科へ入ることの難しさ、受験の大変さを改めて考えさせられ、少し迷いも生じました。しかし、宍戸部長の傾聴姿勢に感動し、また予備校自体がアットホームな雰囲気だったこともあり、不思議と受験勉強を始めることを即決できました。

私は仕事と受験勉強を両立させたかったので、主に土日の授業をとり、あとは夏休みに集中的に講座を受けました。特に役に立ったのは、千頭和先生の英語と眞子先生の小論文です。

英語は基礎からやることで現役の学生だった頃は理解できなかったことまでわかりました。今後、大学に入学してからも役に立つと思います。眞子先生の小論文は、解説を聞いて、何度も書いてみると自然と少しずつコツがわかってくるので不思議でした。わたしは小論文がとにかく苦手なので、授業でもらった資料や例文をよく読み、先生の添削を参考にしました。あとは宍戸部長のアドバイスもあり、新聞で医療系や福祉系のニュースをチェックし、日ごろから自分だったらどう考えるか、どう行動するかと考えていました。

実際に入試当日は、落ち着いて順序立てて小論文がかけたと思います。自分自身の死生観や命に対する考え方も問われているような課題だったので、日ごろからそういったことをしっかり考えておいてよかったと思いました。意外な問題もありましたが、これはたぶん、受験者のほとんどがあまり書けていないはず…と思い込むことにして、パニックにならないよう落ち着いて書ける範囲で書きました。試験が終わった後は、もっと勉強して臨めばよかったかも…という気持ちも少しだけありましたが、とてもすがすがしい気持ちでした。がんばれば結果は自然とついてくると思っていたので、試験が終わればあまり結果は気になりませんでした。結果的に合格をいただけたので、24年度から入学して看護師・保健師を目指すことに決めました。

わたしは小学校で栄養士をしていました。仕事が大好きで辞めるのは本当に辛いことでしたが、もっと広く深い知識と専門性をもってまた人に貢献できるのは楽しみなので、あの時中央ゼミナールに行ってよかったと思っています。

これから受験を考えている方に言えることがあるとすれば、どんな選択をしてもどんな結果になっても自分で納得できるよう、努力を惜しまず楽しんで勉強してほしいと思います。

どうすれば受かるかを常に考えて!

千葉大学看護学部看護学科社会人入試合格

短大卒・社会人

私が千葉大学看護学部に合格することができたのは、中ゼミのおかげです。その理由は大きく4つあります。1つ目は「千葉大の社会人入試を勧めてくださったこと」、2つ目は「小論文の再提出制度があったこと」、3つ目は「千頭和先生から英語を教わったこと」、4つ目は「志望理由書と面接の対策をしていただけたこと」です。

まず1つ目についてですが、私は春の入学時まで、千葉大学も社会人入試の存在も知りませんでした。旧都立短大の出身だったというだけで首都大学東京の看護学科に入りたいと考えており、そのためにセンター入試で入るしか方法がないと思っていたのです。自分の甘い考え方に対し、ステップアップサポート部の宍戸さんは厳しい意見であり、代案として千葉大学看護学部の社会人入試の存在を教えてくださいました。また、講師の先生にもセンター入試の厳しさを諭されました。しばらく考えた末、中ゼミを信じて千葉大の社会人入試を受けようと思い、入学を決意しました。

2つ目の再提出制度についてですが、私は当初、小論文は難しいテーマの答えを出すものだと勘違いしていました。そのため、悩みすぎて提出さえしないことがありました。家に帰って原稿用紙に向かっても、完璧な答えが出るはずがありませんでした。しかしこのままでは採点すらしていただけないと思い、書いて出すよう努力しました。私のように、自分の意見を人に伝えることが苦手だったり、自分は意見がないと感じる人がいたら、小論文はその殻を破るチャンスです。自信はなくても書いて提出すれば、先生方は良いところを褒めてくださり、何が足りないかしっかりアドバイスしてくださいます。書けば書くほど、意見も持てるようになり、小論文も上達するはずです。ですから、遅れたとしても必ず提出し、アドバイスをもとにまた書いてみてください。

3つ目の英語についてですが、私は「SVOC」の意味すら知らない(忘れたのかも)レベルでした。春に千葉大の過去問を見たものの意味不明。そんな私でも、入試直前には、英語に自信が持てるようになっていました。詳しくは、千頭和先生の授業を前の席でしっかりきいて、よく噛み砕いて実行してください。  そして4つ目の志望理由書と面接対策ですが、積極的に行った人が合格するといっても過言ではないと思います。私は助産師になりたいという強い意志を持って入学したつもりでした。しかし、社会人経験とのつながりや千葉大を目指したきっかけが曖昧で、志望理由書の書き方がさっぱり分かりませんでした。以前は新幹線の車掌をやっており、医療と無関係な仕事だったこともあります。私は5月から志望理由書の面談をお願いしたことで、じっくり振り返りながら書くことができました。はじめは箇条書きのメモでしたが、後半は磨きをかけていくイメージです。受験勉強と平行して志望理由書を書くことは難しいかも知れませんが、絶対に時間をかけるべきです。納得のいく志望理由書が書ければ、面接は半分終わったようなものだと思います。その逆はとても大変なはずです。面接練習は5~6回お願いしました。本番の面接は、練習で聞かれたことが大半でしたし、とてもリラックスして行えました(ドアを開けるまでは心臓が飛び出しそうでした)。

受験の最中は自分を客観的に見ることが難しいでしょうが、どうすれば受かるのか、常に考えて計画を立ててほしいと思います。また自分の心にじっくり向き合って、なぜその大学への入学を希望するのか、はっきりと伝えられることが大切だと思います。その過程で先生方とサポート部の方々のアドバイスを信じ、そして本番は今までやってきた自分を信じ、堂々と熱意を持って挑めたら、きっと合格が待っているはずです。

私の編入試験体験記

名古屋大学医学部保健学科作業療法学専攻2年次編入合格

大学2年在学

受験を終えて今思うことは、私が名古屋大学に合格できたのは奇跡に近いということです。合格発表から2週間経とうとしている今でも正直まだ信じられません。私は志望校の決定が遅かったので、後悔していることばかりで、参考になるかはわかりませんが、これから編入を志す皆さんに、少しでもお役に立てられればと思い書きました。

~受験当日まで~

私は編入総合コース生として4月末に中ゼミに入学しました。今の大学で養護教諭を志していたのですが、どうしても国立の教育学部で学ぶことが諦めきれず、編入を決意したのです。順調に勉強は進んでいたのですが、夏を目前に控えた6月の終わりごろ、知人がくも膜下出血で倒れたことがきっかけとなり、医療分野に興味をもつようになりました。もともと人の体の仕組みや機能について学ぶことが好きだったので、散々迷った挙句、作業療法士を目指そうと、名古屋大学を受験することに決めました。しかし、この時すでに出願まで3週間しかありませんでした。初めて宍戸先生と志望理由書の添削を兼ねて面談をしていただいたとき、自分の意思の弱さに気付きました。生半可な気持ちではいけないと思いました。看護・医療コースの人たちは2月から一生懸命勉強しているのに、私は本当に間に合うのかどうかと不安だらけでしたが、その日から、今まで受講していた講座を教育系から医療系に転換し、名古屋大学への勉強が始まりました(教育の先生、心理の先生、何も言わずに授業に出なくなり、本当に申し訳ありませんでした。短い間でしたがありがとうございました)。夏期講習は、医療系の科目を中心に受講しました。さらに、大学の休暇を利用して1学期の添削英語の復習に取り組みました。その際、添削で指摘されたところをまとめ、弱点ノートをつくりました。千頭和先生が紹介してくださった文法書についても、同じように間違えたところやあいまいなところをまとめました。小論文は、過去問を参考に、自分なりに本を読み、まとめるなどし、対策しました。過去問は、眞子先生に添削していただき、今後の学習の指標にしました。面接は、すべて宍戸先生に指導していただきました。私はこの約1カ月の間で、宍戸先生の指導がなければ受験まで到達することはできなかったと思いますし、合格もあり得ないことだったと思います。いつも的確で愛情あふれる指導をありがとうございました。

~これから受験するみなさんへ~

これから志望校に向けて勉強していくうちに、このままで本当に間に合うのか、今の実力で合格できるのかと不安に思うときもあるかもしれません。でも、明確な志望理由と、日々の勉強が、少しずつでも志望校に近づけているものだと思います。たとえ思うように進まなくても、一歩一歩進んでいくことが大切だと思います。私は、短い間でしたが「合格か不合格か」ではなく、「自分がどれだけ志望校に近づくことができるか」という意識を常にもつように心がけていました。しかし、これまで述べてきたように私は受験しようと決意したのが本番の2カ月前だったので、反省すべきところばかりです。たとえば単語熟語に関しては、たいてい英語が受験科目として課されるのが編入試験なので、編入を決めたときから取り組んでおけばよかったと後悔しています。たとえ志望校に迷っていたとしても、求められる英語力に大差はないと思うので、英語は継続して勉強していくことが大切だと思います。

~作業療法学専攻を志すみなさんへ~

参考までに、私は受験にあたって目を通した本を紹介します。すべて丸々読んだわけではなく、使えそうな部分をノートにまとめたりしました。また、作業療法は身体障害、精神障害、発達障害などさまざまな領域に関係するのでそれぞれの特徴について調べたりするとよいかと思います。

  • ① リハビリテーション概論(日本放送出版協会)
  • ② だから、作業療法が大好きです!(三輪書店)
  • ③ 作業療法の世界・・特に「作業療法実践12の物語」はとても勉強になりました。(三輪書店)
  • ④ リハビリテーション医療入門(医学書院)
  • ⑤ 発達障害をもつ子どもと成人、家族のためのADL(三輪書店)

社会人の入試

埼玉県立大学保健医療福祉学部理学療法学科社会人入試合格

大卒・社会人

私はこの度、埼玉県立大学理学療法学科への入学が決まりました。公立校で自宅より近いため、第一志望としておりました。恐れ多いのですが、先生、スタッフの皆様、今後受験される皆さまに少しでも参考になればと思い受験体験記を書かせて頂きます。

まず初めに理学療法士を目指したきっかけについてお話します。私は印刷会社で営業職をしておりました。会社の環境にもお客様にも恵まれていたのですが、30歳を前にして(現在は29歳)自分の進路をよく考えた際、今よりももっと具体的に直接人の役に立てる仕事に就きたいと漠然と考えるようになりました。そのようなことを考えていた時、幸運なことに母の職場で理学療法の先生のお話を聞く機会がありました。そして、まさに「人の役に立つ」ことができると感じたため、資格の取得を目指すようになりました。(また、理学療法は「手に職をつける」ことができることも魅力でした。)

次に中央ゼミナールを選んだ理由についてお話します。理由は①歴史があること②合格実績があること(昨年にも第1志望の埼玉県立の合格者がいらっしゃいました)③サポートが充実していること④授業料が安いこと。以上の4点を総合的に考え一番優れていると判断致しました。(質が非常に高いのに他校より安い理由がよく考えられません。お世辞ではないです…。)入学相談の際は部長がわざわざお見えになって丁寧に説明してくれたため、安心して入校を決めました。

そして、どのように中ゼミを活用したかについてお話致します。私の受験科目は小論文、面接の2科目でした。そのため小論文は4月から面接は8月くらいから開始致しました。小論文は平日、会社に出社していたため、土曜日の「看護系小論文」を取りました。最初は何から取りかかっていいか分からず、よい内容の論述をするどころか600字、800字の答案用紙を埋めることさえできませんでした。しかし、毎週授業で教わったことを復習し、先生の模範解答を書き写すことを続けました。そのことによって少しずつ書くことができるようになりました。小論文にはコツがあると思います。文章を長く書くのもコツです。授業で少しずつ学んでいきました。また、毎週授業中に作成する小論文の答案の欄外に質問を記入すると次週には返答頂けるので、それも参考になりました。

あとは残りの面接の練習です。私が面接の練習を開始したのは8月に入ってからです。これは他の受験生より断然遅いと思います。遅くなった理由は宍戸先生に「なんでこんなになるまでほっといたの!!」と怒られる気がしていたからです。(歯医者に早く行けない理由と同じです)実際8月になっても何の準備もできておりませんでした。しかし、あるときステップアップサポート部で夏期講習の手続きをしている際、先生が気に掛けて下さり「まだ1回も面談に来ていないから早く来なさい」とおっしゃってくれました。そのときは「大勢いる中の1人の生徒なのにちゃんと気に掛けてもらっている」ことに感激し、気持ちを改めることにしました。そしてその次の週には「まだ何の準備もできていないのですが…」と正直に告白して、一から面接の練習を開始致しました。その後はずうずうしいくらい通わせて頂いて、志望理由書の添削に4回、面接にも4回くらい通わせて頂きました。特に受験日の前の週は1日おきに通い、本番の準備を整えました。以上が私の中ゼミの利用方法です。

最後になりましたが、私は現在第1志望の合格が決まって本当に満足しております。これもひとえに中ゼミの先生、スタッフの皆様のお力添えのお陰です。有難うございます。今後も中ゼミにはいろんな希望を持つ生徒が集まると思います。一人でも多く私のような幸運な生徒が中ゼミから卒業できますよう陰ながら応援致しております。また、先生方、スタッフの皆様のご健康も併せてお祈り致しております。