MBA・経営・商学系大学院コース合格者座談会

一橋大学大学院 商学研究科 経営学修士コース合格

K.K.さん

出身:大学法学系学科4年

2015年度大学院前期総合コース生

一橋大学大学院 商学研究科 経営学修士コース合格

H.Y.さん

出身:大学国際系学科卒

2015年度大学院前期総合コース生

一橋大学大学院 商学研究科 経営学修士コース合格

D.M.さん

出身:大学農学系学科卒

2015年度大学院前期総合コース生

インタビュアー

中央ゼミナール

論文講師・指導スタッフ

水野 新

みなさん合格おめでとうございます。まず、みなさんはなぜ大学院に進学しようと思ったのですか?

KK

まず、父が会社を経営していたこともあり、経営に対する興味は昔から持っていたのですが、現在の学部は法学部なので、大学院に進学する際に専攻を変更しようと考えました。もう1つは、インターンや就職活動、現在のゼミなどで、自分の思考力に対して危機感を持っていたことです。経営学を学びながら、論理的思考力をみっちり鍛えられるということから、MBAへの進学を決意しました。

HY

私の場合も家業の影響がありますね。実家が旅館を経営していて、将来的にはこれを継承したいと考えています。父の経営には、経営学的な視点や戦略的な思考が足りていないように感じたので、こうした点を補って、旅館の歴史や伝統を活かしつつ、戦略的な経営をしたいと考えています。

DM

僕は将来ブランド戦略の立案を行うような職種に就きたいのですが、こうした職種に就くためには、幅広くブランドやマーケティング、戦略論、組織論について学ぶ必要があると感じていました。しかし、自分の学部は経営について十分に学べる場所ではなかったので、MBA進学は魅力的でした。

座談会の様子

なるほど。将来的なことを考えてと、論理的思考力を鍛えたいという理由があるのですね。では、数ある予備校の中でも中央ゼミナールに通おうと思ったのはなぜですか?

KK

僕は他にいくつもの予備校を回ったのですが、決め手は個別面談が重視されているところでした。研究計画書や面接対策はどのように行えばいいのか分かりませんでしたので、そういった不安を個別面談で手厚く指導してくれるところは中ゼミだけで、その点で僕には最適でした。

HY

私は中ゼミの歴史の長さに惹かれました。指導のスタイルや過去問、受験情報の蓄積は確かだろうと思いましたし、実際に情報量は圧倒的でした。あとは、通いやすい立地であったこともよかったです。

DM

僕の場合は、大手の大学受験予備校に比べて、学生数に対して先生の数が多いと感じたことです。実際、かなりきめ細かい指導をしてもらったと思います。先生との距離も近く、いつでも相談できて、自分の進捗状況を客観的に把握できることで、余計な心配をすることなく勉強に集中できたと思います。

さて、いよいよ試験対策について伺っていきたいのですが、まず小論文についてはどのように対策をしましたか?

KK

中心となったのは中ゼミの授業でしたね。経営学やMBA論文の講義に欠かさず出席し、そこから自分の興味関心に基づいて、様々な文献を読むようになりました。個別面談で水野先生とディスカッションすることを通じて、問題意識の深掘りができたこともとても大きかったですね。

HY

私は学部が商学部ではなかったので、中ゼミの講義はすごく役に立ちました。KKさんに付け加えるとすれば、早い段階で過去問をある程度見て、傾向を把握しておくとその後の勉強がスムーズだったと今は感じていますね。

DM

小論文の対策の1つは理論的な知識ですよね。水野先生との個別面談のなかで、紹介された本についてかなり深く議論することができたので、どのように現実に応用できるかといった視点を養うことができたと思います。もう1つの部分は、文章を作成する能力ですよね。中ゼミの講義に出た上で過去問添削を進めていけばよいと思います。過去問の添削では、いかに精緻な論理で文章構成ができているかという部分をかなり細かく見てもらいました。

英語はどうでしたか?

KK

中原先生の授業と過去問の添削、あとはハーバード・ビジネス・レビューの英語版を読むことで対応できたと思います。単語と文法については単語帳と中原先生の授業に出ていれば自然と身につくと思います。読解スピードと背景知識については英文を毎日読んで身に付けることができたと思います。

HY

中ゼミの小テストで使われる単語帳は結局ずっと使っていました。また、中原先生の授業で、長文の読み方を再復習することができたと思います。中ゼミの英語は、全訳を要求するものが多いので、これも私にとっては重要でした。

DM

僕はもともとTOEICの勉強はずいぶんやっていたので、語彙や文法についてはある程度ついている状態で院試を目指しました。また、水野先生との個別面談のなかでも過去問を見てもらったのですが、そこでは読解の精度を高めることができたと思います。先生の言葉でいう「書き手の意図まで読み取る」レベルまで高めることが大切だと思います。

やはり授業と面談の2つを上手く使うことが重要ですね。研究計画書についてはどのように対策をしたのですか?

KK

僕はこれに関しては中ゼミに本当に助けてもらいました。金太郎飴のような型にはめていくような作業ではなくて、僕自身の歴史に合わせた指導をしてもらえたと思います。実際の作成の過程で印象的だったのは、先生から頻繁に「手足を動かせ」と言われたことですね。単にネットで調べるような誰でもできることだけではなくて、僕の場合は裁判記録の閲覧にも行きました。

HY

私も中ゼミの先生との面談が決定的に重要でした。研究対象は明確に決まっていたのですが、それをどのように経営学的に捉えていけばよいのかについては暗中模索でした。そんな状態からどのような論点に展開できるかを先生から複数示してもらいました。完成したものについては先生からとても褒めて頂いて、自分の成長を実感できました。

DM

やはり研究計画書って初めて書くものですから、そもそも研究って何なのか、研究テーマになりうるものってどんなものなのかなど、分からないことだらけでした。面談を通じて、こういうところをひとつひとつ潰して行けたことは重要だったと思います。書き始めたころは、対応する現実のイメージがないままに抽象的な言葉を使って、それらしいことを言っているといった状態でした。これに対して先生はかなり厳しく「それは言葉遊びに過ぎない」と指摘してくれたことが印象的でした。そこからは、自分でも分かるくらい劇的に良くなったと思います。

振り返ってみると確かに厳しい指導もありましたね。面接の対策はどうしましたか?

KK

とことん水野先生と練習しました。中ゼミが蓄積している受験情報の中から、どのような質問がされるのかについてある程度情報収集を行って、先生との練習のなかで答えられなかったところを考えていくことの繰り返しでした。本番でもまさに練習で訊かれたことが訊かれたので、落ち着いて答えることができたと思います。

HY

私も先生との模擬面接を何度も行って、フィードバックをもらって、また考えるという繰り返しでした。私にとっては模擬面接のほうが大変なくらいでしたね。

DM

やはり本番で予想される質問に答えられるだけでは不十分で、どうしてもその場で考えて答えることが必要となります。そのためには、自分の志望動機や研究計画について掘り下げて考えておくことや、なぜ面接官がこういうことを訊くのかといったことを論理的に考えられるようになっておくことが必要です。研究計画を作っていく過程がそもそも面接の対策でもあると考えて取り組むことが重要だと思います。

ありがとうございます。受験生活を通じて変わったことはありましたか?

KK

この受験を通じて視野が広がったと思います。経営学では1つのテーマを追いかけようと思ったときに世界中の人と競争しなくてはならないことに衝撃を受けました。その結果として英語や経営学の勉強のモチベーションがだいぶ高まりましたね。

HY

ちょっと忍耐強くなったと思います。受かるかどうかはもちろん分からないので、不安と戦いながら、全力で勉強しなくてはいけないので、簡単なものではなかったと思います。また、 1人ではなかなか苦しい勉強も、いっしょに勉強する仲間がいたことで乗り切れたと思います。

DM

目標に向かって限られた時間のなかで最大限の努力投入をしなくてはならないという経験は貴重だと思っていて、それができたこと自体とても有意義でした。また、これが1つの大きな成功体験として、自分のこれからの人生でたびたび振り返るポイントを獲得できたと思います。

最後になりますが、今後の中ゼミ生に対してアドバイスをお願いします。

KK

信頼できる先生を見つけて、がんばることがとにかく重要だと思います。僕の場合は、水野先生を信じてついていったおかげで合格できました。中ゼミは信頼できる先生が多くいますから、誰に指導してもらうとしても、先生を信じて努力を続けることが重要だと思います。

HY

1人ではやはり難しい部分が多くありますから、信頼できる先生と、いっしょに切磋琢磨できる仲間を見つけることが大事だと思います。

DM

自分がなぜ進学したいのかということを忘れない、見失わないことが重要だと思います。やはり心が折れそうになるときは必ずあります。そういうときに、仲間の存在はもちろん大きいですが、自分の中で立ち返るポイントをしっかりと持っておくことも重要だと思います。

これからも切磋琢磨しながらがんばってください。みなさんの活躍をお祈りしています。今日はありがとうございました。