フェアトレードチョコも研究できます

フェアトレードチョコも研究できます

 

今日の日経新聞で、

今、世界では、フェアトレードチョコレートで、

人権を守ることへの関心が高まっているという記事を読みました。

オランダのトニーズ・チョコロンリーは、

カカオ生産者が搾取されることがないよう、

児童労働をなくせるよう、

フェアな取引によって、

カカオ生産に携わる人々の人権を守る活動をしています。

 

今年は、デパートでもフェアトレードチョコが取り扱われるなど、

値段や見た目、ブランドだけでなく、

その食べ物がどう作られているかまで

思いを寄せる人たちが増えているようです。

 

こうしたフェアトレードチョコの研究も、

社会学を勉強すればできますよ!

 

チョコっと関心をもったら、

ぜひ、こちらの中央ゼミナールでの

3月15日の進学ナビに足を運んでみてください。

詳細はこちら→ http://www.chuo-seminar.ac.jp/guidance/navi/

あなたの人生も変わるかも!

コメントは受け付けていません。