月別アーカイブ: 12月 2017

朗報! 名古屋大学情報学部(旧情報文化学部)の編入試験(文系部門)から数学がなくなりました。

朗報! 名古屋大学情報学部(旧情報文化学部)の編入試験(文系部門)から数学がなくなりました。

旧帝国大学の名古屋大学の情報学部(情報文化学部)の編入試験は、

かつては、英語か数学、と小論文と面接、という入試科目で来たが、

数年前から、英語と数学と小論文と面接という入試科目になりました。

しかし、来年度から、TOEICかTOEIFKかIELTSのスコア提出と、小論文と面接になりました。

理系分野はこれまで通りに数学は必要です。

 

中央ゼミナールの編入社会学・学際系コースの人たちは、

これにより、

名古屋大学文学部、

名古屋大学教育学部、

名古屋大学情報学部

を併願しやすくなったりしますし、

1つに絞るにしても、選択肢が増えることになります。

朗報です。

 

一般受験の方ですが、元SKE48の菅なな子さんの名古屋大学合格体験記の本は、

名古屋大学をはじめとする旧帝大編入受験生の励みになると思います。

 

中央ゼミナール編入社会学コースの説明会の日程です。

中央ゼミナール編入社会学コースの説明会の日程です。
  • 第1回:12月17日(日)13:00~

  • 第2回:01月14日(日)13:00~

  • 第3回:01月20日(土)13:00~

  • 第4回:01月28日(日)13:00~

  • 第5回:02月04日(日)13:00~

  • 第6回:02月11日(日)13:00~

  • 第7回:02月18日(日)13:00~

上記の日程で、社会学コースの説明会を開催いたします。

社会学の勉強をして、大学編入をするにはどうしたらいいのかなどの総合的なお話をいたします。

 

お気軽にご参加ください。

参加自由、予約不要、参加無料です。

 

ボブ・サップは、名門ワシントン大学で社会学と薬学のダブルメジャー。

ボブ・サップは、名門ワシントン大学で社会学と薬学のダブルメジャー。

ボブ・サップ選手は、ワシントン大学出身のインテリ格闘家です。

専攻は、社会学と薬学の2つでした。

アメリカではダブルメジャーといって、

2つの学問を専攻することがよくあります。

 

タニタの谷田千里社長も編入経験者。

タニタの谷田千里社長も編入経験者。

家庭用・業務用計量器や、

タニタ食堂の運営などで知られる

株式会社タニタの

谷田千里社長は、

最初は調理専門学校に進学し、

その後は、佐賀短期大学を経て、

佐賀大学理工学部に編入学なさったそうです。

 

そして、

アミューズメント企業、コンサルタント会社を経て、

タニタに入社し、今に至るそうです。

 

世の中には、大学編入経験者が意外と多いものです。

編入して、人生を切り開く人たちも多いので、

迷っている人は参考にどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=arH738QCSqE

 

本日、12月17日(日)13時より、中央ゼミナールにて、編入社会学・学際系コース説明会。

本日、12月17日(日)13時より、中央ゼミナールにて、編入社会学・学際系コース説明会。

本日、12月17日(日)13時より、中央ゼミナールにて、編入社会学・学際系コース説明会を開催いたします。

情報が少ない編入学制度の社会学・学際分野の受験戦略、勉強法、情報などを、

不安を抱えている受験希望者の方々に提供いたします。

予約不要、参加無料です。

お気軽にどうぞ。

 

年明けにも説明会は続きます。

詳しくは中央ゼミナールHPをご覧下さい。

法政2年次合格の声も届き始めました。

法政2年次合格の声も届き始めました。

編入試験の人気大学の法政の2年次編入の合格の声が届き始めました。

2年次編入は、法政、明治、同志社などが人気を集めます。

その法政の合格の声はうれしいものです。

2年次編入のご相談もお気軽にどうぞ。

「いつかできるから今日できる」の精神で受験勉強に臨みたいですね。

「いつかできるから今日できる」の精神で受験勉強に臨みたいですね。

乃木坂46の19枚目のシングルが大ヒット中です。

タイトルは、

「いつかできるから今日できる」

です。

いつか勉強をするんだったら

先延ばしにせずに、

今日やっておきたいですよね。

何事も日々の積み重ねが大事だと思います。

えいえいおー!

 

偏差値が低いところに落ちて、偏差値が上のところに受かることがあるのも大学編入試験です。

偏差値が低いところに落ちて、偏差値が上のところに受かることがあるのも大学編入試験です。

大学入試の偏差値と、

編入試験の難易度は、

ある程度比例しますが、

必ずしも比例しません。

 

難易度が高いところには受かったものの、

一般受験ではそこよりもかなり低いところに落ちることもあります。

 

編入試験は、合格枠が極めて小さいところと、大きめのところがありますので、

一般受験の偏差値の上下とは全然違う難易度になるケースもあります。

 

編入試験は特殊な試験ですので、

多目に併願しておいた方がいいですよ。

中央ゼミナール 編入社会学系コースから、上智大学合格者が今年も複数名出始めました。

中央ゼミナール 編入社会学系コースから、上智大学合格者が今年も複数名出始めました。

上智大学の編入試験の試験結果が判明し始めましたが、

中央ゼミナールの編入社会学系コースからは、

今年も上智の合格者が出始めました。

当コースでは、社会学科、新聞学科、神学科などを

ターゲットにしております。

今のところ、神学科の合格者が複数名判明しています。

今後も合格の報告がありそうです。