月別アーカイブ: 7月 2017

0から学べる「基本マスター!社会学・学際論文」は7月31日から8月4日まで18時20分から21時00分まで。

0から学べる「基本マスター!社会学・学際論文」は7月31日から8月4日まで18時20分から21時00分まで。

この講座は、夏期講習から中央ゼミナールで学び始め、社会学系の編入、大学院入試を目指す方々のための講座です。社会学とはどういう学問なのかといったことから、発展的なことまでを学び、急成長することを目指す実践的な講座です。

社会学とは、社会の見えない構造を(社会学の理論や社会調査法を使って)明らかにする学問です。作文、エッセイ、大学受験の小論文などとはとても違います。この授業は、社会学をしっかり学んだ人だとにじみ出る答案を書けるようにする訓練の場です。そのために、社会学と隣接分野(文化人類学、社会心理学、現代思想、政治経済、科学論など)の多種多様な理論(ロマンティックラブイデオロギー、ハビトゥス、暗黙知、パノプティコン、文化相対主義、エスノセントリズム、有効需要調整政策、新自由主義、イニシエーションなど)を幅広く要領よく学び、それらの理論を用いて、社会の見えない構造を可視化する答案作成をやって行きます。多くの過去問を毎回の授業のプリントに盛り込んであります。毎回、それらの多種多様な過去問を解けるようにしていく実践的講座です。

初学者は、

・橋爪大三郎・大澤真幸編『社会学講義』(ちくま新書)

・森下伸也『社会学がわかる事典』(日本実業出版社)

・奥井智之『社会学 第2版』(東京大学出版会)

などがおススメです。

神戸大学農学部も文系で受験できる編入があったりします。

神戸大学農学部も文系で受験できる編入があったりします。

神戸大学農学部といえば、

俳優の佐々木蔵之介の母校としても有名ですね。

農学部ということで、文系の人はまったく受験を考えていない人が多いと思いますが、

編入ですと、文系の人でも受験対策が問題ない専攻もあったりします。

今年度の受験はもう終わってしまいましたが、

ご参考に情報として記しました。

名古屋大学の中央ゼミナールの編入社会学コースのターゲットは3学部。

名古屋大学の中央ゼミナールの編入社会学コースのターゲットは3学部。

中央ゼミナールの編入社会学系コースでは、

名古屋大学ですと、

文学部、

教育学部、

情報文化学部

の3学部がターゲットになります。

情報文化学部は、高校レベルの数学のテストもありますので人によっては受験は難しいですが。

 

教育学部でもしっかりと社会学を学べますし、

入試の問題も社会学の準備でだいじょうぶです。

 

文学部の編入の出願は8月頭と近づいて来ています。

 

お茶の水に編入後に更にステップアップする先輩たち。

お茶の水に編入後に更にステップアップする先輩たち。

中央ゼミナールの社会学編入の人たちには、お茶の水卒業後に、東大、京大、一橋、東工大などに更にステップアップする先輩たちもおりますよ。博士になった先輩もおります。編入後に更に勉強して、日本のトップの大学院に進学することも不可能ではありません。がんばれ、受験生!

蓮舫代表は青山学院大学法学部のご出身。

蓮舫代表は青山学院大学法学部のご出身。

蓮舫代表(幼稚園から大学まで青山学院)の国籍問題が話題になっています。

蓮舫代表は、タレント、キャスターを経て参議院議員になられました。

青山学院は芸能人、アナウンサー、キャスターが多いですね。

 

蓮舫代表と同じ青山学院大学法学部ですと、ジャニーズで作家の加藤シゲアキくんがいらっしゃいますね。

 

青山学院大学の一般入試では、文学部フランス文学科、総合文化政策学部、地球共生社会学部が

英語と小論文という科目でも受験できるため、編入試験と併願することがしやすいですよ。

夏期講習の入学相談を毎日やっています!お気軽にどうぞ。 就職などの選択肢を増やすために大学編入試験はいかがですか?

夏期講習の入学相談を毎日やっています!お気軽にどうぞ。 就職などの選択肢を増やすために大学編入試験はいかがですか?
  • 2017夏期講習
  • 説明会案内
  • どうして中央ゼミナール

<!–

  • 途中入学でも安心フォローアップ
  • –>

    • 公開模試

    <!–

  • 通信サポートコース生募集
  • –>

     

    「基本マスター!社会学・学際論文」の講座内容。

    「基本マスター!社会学・学際論文」の講座内容。

    この講座は、夏期講習から中央ゼミナールで学び始め、社会学系の編入、大学院入試を目指す方々のための講座です。社会学とはどういう学問なのかといったことから、発展的なことまでを学び、急成長することを目指す実践的な講座です。

    社会学とは、社会の見えない構造を(社会学の理論や社会調査法を使って)明らかにする学問です。作文、エッセイ、大学受験の小論文などとはとても違います。この授業は、社会学をしっかり学んだ人だとにじみ出る答案を書けるようにする訓練の場です。そのために、社会学と隣接分野(文化人類学、社会心理学、現代思想、政治経済、科学論など)の多種多様な理論(ロマンティックラブイデオロギー、ハビトゥス、暗黙知、パノプティコン、文化相対主義、エスノセントリズム、有効需要調整政策、新自由主義、イニシエーションなど)を幅広く要領よく学び、それらの理論を用いて、社会の見えない構造を可視化する答案作成をやって行きます。多くの過去問を毎回の授業のプリントに盛り込んであります。毎回、それらの多種多様な過去問を解けるようにしていく実践的講座です。

    初学者は、

    ・橋爪大三郎・大澤真幸編『社会学講義』(ちくま新書)

    ・森下伸也『社会学がわかる事典』(日本実業出版社)

    ・奥井智之『社会学 第2版』(東京大学出版会)

    などがおススメです。

    夏期講習の「編入社会学論文」。8月21日から25日(15時10分から17時30分の五日間連続)の講座内容。

    夏期講習の「編入社会学論文」。8月21日から25日(15時10分から17時30分の五日間連続)の講座内容。

    社会学は、政治経済、近代化論から、メディア、ジェンダー、地域、環境、教育、宗教、スピリチュアル、プロレス、宝塚、科学、ピアノ、マンガ、アニメ、音楽、アイドル、ドラマ、ゴシック、ロリータ、映画、聖地巡礼など、なんでも研究できるおもしろい学問ですので、好奇心旺盛な人に合っている学問です。

    編入試験での論文試験では、格差、貧困、少子化、人間関係、メディア、グローバル化、結婚、いじめ、宗教など様々出題されます。この講座では、多様な出題に応用して使える社会学系の理論のインプットと多種多様な過去問を解けるようにするための書き方について伝授する実践的な講座です。

    受験ターゲットは、難関国公立(阪大、名大、北大、お茶大、奈良女、筑波、神戸、広島、大阪市立など)、人気私大(上智、明治、立教、法政、同志社、関西学院、関大、明治学院など)、お嬢様女子大(東京女子、日本女子、聖心、フェリス、白百合、清泉、学習院女子、東洋英和女学院など)、地方国公立、中堅大学までなんでもです。

    橋爪大三郎・大澤真幸編『社会学講義』(ちくま新書)、森下伸也『社会学がわかる事典』(日本実業出版社)、奥井智之『社会学 第2版』(東京大学出版会)、現代位相研究所編『フシギなくらい見えてくる本当にわかる社会学』(日本実業出版社)などがおススメ図書です。その他、いろいろな本を授業で紹介して行きますし、個別の相談でも本の紹介をいたします。

    5日間で自分の壁を破れるように真夏に要領よく気合を入れて急成長しましょう!

    夏期講習の社会学の英語「添削英語SH<社会学>」と「添削英語H<社会学>」。

    夏期講習の社会学の英語「添削英語SH<社会学>」と「添削英語H<社会学>」。

    社会学の英語としましては、

    「添削英語SH<社会学>」と

    「添削英語H<社会学>」が

    夏期講習で設置されています。

    「添削英語SH<社会学>」は、中堅大学からMARCHなどを目指す方にはぜひ履修していただきたい講座で、

    「添削英語H<社会学>」は、お茶の水や旧帝大、筑波などを目指す方らにはぜひ履修していただきたい講座です。

    現時点での英語力や、志望校によって、その他多数の講座(中学の復習レベルから、基礎強化からハイレベルまで)が

    ございますので、ぜひお気軽に履修の相談にいらしてください。

    8月14日からは「社会科学・学際論文」。

    8月14日からは「社会科学・学際論文」。

    8月14日から18日にかけては、

    「社会科学・学際論文」という講座があります。

    15時10分から17時に5日連続の講座です。

    社会学を中心とした社会科学を学び、

    広く編入試験を受けられるようにするための講座です。

    こちらもぜひどうぞ。