月別アーカイブ: 3月 2017

筑波大学の社会学編入は2度チャンスがあります。

筑波大学の社会学編入は2度チャンスがあります。

筑波大学の社会学系の編入は、

まずは7月に知識情報・図書館学類があり、

2月には国際・社会学類の試験がありますので、

年に2回受験のチャンスがあります。

 

知識情報・図書館学類の入試は、

筆記試験はなく、研究したいことのプレゼンテーションと面接です。

国際・社会学類の方は、

英文和訳、論文、面接です。

 

学部の名前は違いますが、併願できます。

社会学系2年次編入学。

社会学系2年次編入学。

社会学系の2年次編入学の主なターゲット校は、

同志社大学社会学部

明治大学情報コミュニケーション学部

明治大学文学

法政大学社会学部

法政大学キャリアデザイン学部

日本女子大学人間社会学部

フェリス女学院大学国際交流学部

日本大学

東洋大学

南山大学

などがあります。

 

3年次まで待てば、膨大な選択肢が増えますが、

3年次まで待てない方はぜひどうぞ。

 

英語と小論文の勉強をしておけば、

慶應義塾大学総合政策学部

慶應義塾大学環境情報学部

青山学院大学文学部フランス文学科

青山学院大学総合文化政策学部

青山学院大学地球共生社会学部

などの一般入試も併願できます。

1年生からのやり直しになりますが。

 

以上、2年次編入情報でした。

NON STYLEの井上さんは大卒。

NON STYLEの井上さんは大卒。

NON STYLEの井上さんが舞台復帰したそうですね。再出発ですね。

ノンスタイルの井上さんは大卒です。

ノンスタイルが、M-1グランプリで優勝した時には、

数時間後に、井上さんの母校の大学のHPには、

ノンスタイルのM-1優勝のこと掲載されていたのを思い出します。

 

かつては、関西では、勉強ができなくても面白い子には、

「勉強ができなくても、吉本があるで」と励ますのが定番でしたが、

最近は勉強もやって面白い人がどんどん吉本興業に入りますね。

 

大学を出ておいた方が、何かといいのでしょう。

幅広い知識を大学で身につけるのはいいことですし、

芸人を辞めた場合には、他の仕事に転身しやすいでしょうし。

 

いずれにしても、大学に行きたい方はお気軽に中央ゼミナールにご相談ください。

 

井上さんが卒業された神戸学院大学には、

卒業論文でラブホテルの歴史を研究し、

そのまま大学院に進学してラブホテル研究で博士号を取得し、

神戸学院大学の先生になった女性もいらっしゃいますね。

大学ではほんとうにいろいろなことを学べます。

 

金益見『ラブホテル進化論』文春新書

http://www.bunshun.co.jp/loveh/

 

ちなみに、笑いについて大学で研究することもできますよ。

 

いずれにしても、大学に行きたい方は、

中央ゼミナールにお気軽にご相談ください。

プレ学期「社会学・学際論文の書き方」第五回目は、構築主義、ロマンティックラブイデオロギーなどを学びます。

プレ学期「社会学・学際論文の書き方」第五回目は、構築主義、ロマンティックラブイデオロギーなどを学びます。

プレ学期の「社会学・学際論文の書き方」の第五回目は明日です。

今回は、構築主義(社会構築主義、社会構成主義)、

ロマンティックラブイデオロギー、性別役割分業、

比較文学者のジュディス・バトラーのことなどを学びます。

 

そして、東大、阪大、お茶の水女子、千葉大、

早稲田、明治、法政、明治学院、神戸女学院などの

過去問をどんどん解いていきます。

 

「受験は要領と気合」です。

 

GO!GO!受験生!

 

レッツゴーツー志望校!

娘さんが宝塚音楽学校に合格した松岡修造さんは編入経験者。

娘さんが宝塚音楽学校に合格した松岡修造さんは編入経験者。

松岡修造さんの娘さんが宝塚音楽学校に合格したニュースが大きく報道されましたね。

東の東大・西の宝塚です。26.1倍の倍率を突破しての合格でした。

 

松岡修造さんは、2度編入学をなさっています。

松岡修造さんは、慶應義塾幼稚舎から慶應義塾高校へとずっと慶應でしたが、

慶應義塾高校の途中で、テニスの名門の福岡県の私立柳川高校に編入なさっています。

その後、柳川高校を中退し、アメリカに渡ってテニス修行に励みながら、

アメリカのハイスクールに編入して卒業なさったそうです。

 

よりテニスに打ち込める環境に移るために、恐れずに2度編入なさったんですね。

 

学ぶ環境を変えることに躊躇している方は、

松岡修造さんの勇気は参考になると思います。

 

編入をお考えの方は、お気軽に中央ゼミナールにご相談ください。