月別アーカイブ: 3月 2017

筑波大学の社会学編入は2度チャンスがあります。

筑波大学の社会学編入は2度チャンスがあります。

筑波大学の社会学系の編入は、

まずは7月に知識情報・図書館学類があり、

2月には国際・社会学類の試験がありますので、

年に2回受験のチャンスがあります。

 

知識情報・図書館学類の入試は、

筆記試験はなく、研究したいことのプレゼンテーションと面接です。

国際・社会学類の方は、

英文和訳、論文、面接です。

 

学部の名前は違いますが、併願できます。

社会学系2年次編入学。

社会学系2年次編入学。

社会学系の2年次編入学の主なターゲット校は、

同志社大学社会学部

明治大学情報コミュニケーション学部

明治大学文学

法政大学社会学部

法政大学キャリアデザイン学部

日本女子大学人間社会学部

フェリス女学院大学国際交流学部

日本大学

東洋大学

南山大学

などがあります。

 

3年次まで待てば、膨大な選択肢が増えますが、

3年次まで待てない方はぜひどうぞ。

 

英語と小論文の勉強をしておけば、

慶應義塾大学総合政策学部

慶應義塾大学環境情報学部

青山学院大学文学部フランス文学科

青山学院大学総合文化政策学部

青山学院大学地球共生社会学部

などの一般入試も併願できます。

1年生からのやり直しになりますが。

 

以上、2年次編入情報でした。

NON STYLEの井上さんは大卒。

NON STYLEの井上さんは大卒。

NON STYLEの井上さんが舞台復帰したそうですね。再出発ですね。

ノンスタイルの井上さんは大卒です。

ノンスタイルが、M-1グランプリで優勝した時には、

数時間後に、井上さんの母校の大学のHPには、

ノンスタイルのM-1優勝のこと掲載されていたのを思い出します。

 

かつては、関西では、勉強ができなくても面白い子には、

「勉強ができなくても、吉本があるで」と励ますのが定番でしたが、

最近は勉強もやって面白い人がどんどん吉本興業に入りますね。

 

大学を出ておいた方が、何かといいのでしょう。

幅広い知識を大学で身につけるのはいいことですし、

芸人を辞めた場合には、他の仕事に転身しやすいでしょうし。

 

いずれにしても、大学に行きたい方はお気軽に中央ゼミナールにご相談ください。

 

井上さんが卒業された神戸学院大学には、

卒業論文でラブホテルの歴史を研究し、

そのまま大学院に進学してラブホテル研究で博士号を取得し、

神戸学院大学の先生になった女性もいらっしゃいますね。

大学ではほんとうにいろいろなことを学べます。

 

金益見『ラブホテル進化論』文春新書

http://www.bunshun.co.jp/loveh/

 

ちなみに、笑いについて大学で研究することもできますよ。

 

いずれにしても、大学に行きたい方は、

中央ゼミナールにお気軽にご相談ください。

プレ学期「社会学・学際論文の書き方」第五回目は、構築主義、ロマンティックラブイデオロギーなどを学びます。

プレ学期「社会学・学際論文の書き方」第五回目は、構築主義、ロマンティックラブイデオロギーなどを学びます。

プレ学期の「社会学・学際論文の書き方」の第五回目は明日です。

今回は、構築主義(社会構築主義、社会構成主義)、

ロマンティックラブイデオロギー、性別役割分業、

比較文学者のジュディス・バトラーのことなどを学びます。

 

そして、東大、阪大、お茶の水女子、千葉大、

早稲田、明治、法政、明治学院、神戸女学院などの

過去問をどんどん解いていきます。

 

「受験は要領と気合」です。

 

GO!GO!受験生!

 

レッツゴーツー志望校!

娘さんが宝塚音楽学校に合格した松岡修造さんは編入経験者。

娘さんが宝塚音楽学校に合格した松岡修造さんは編入経験者。

松岡修造さんの娘さんが宝塚音楽学校に合格したニュースが大きく報道されましたね。

東の東大・西の宝塚です。26.1倍の倍率を突破しての合格でした。

 

松岡修造さんは、2度編入学をなさっています。

松岡修造さんは、慶應義塾幼稚舎から慶應義塾高校へとずっと慶應でしたが、

慶應義塾高校の途中で、テニスの名門の福岡県の私立柳川高校に編入なさっています。

その後、柳川高校を中退し、アメリカに渡ってテニス修行に励みながら、

アメリカのハイスクールに編入して卒業なさったそうです。

 

よりテニスに打ち込める環境に移るために、恐れずに2度編入なさったんですね。

 

学ぶ環境を変えることに躊躇している方は、

松岡修造さんの勇気は参考になると思います。

 

編入をお考えの方は、お気軽に中央ゼミナールにご相談ください。

中央ゼミナール編入合格体験談。よろこびの声。

中央ゼミナール編入合格体験談。よろこびの声。

東京大学文学部行動文化学科社会学専修(学士編入)
「論文のネタのストック、研究計画書の作成、英語やフランス語の対策、小論文を書く際のアドバイス、膨大な量の過去問など、あらゆる面で非常にお世話になりました。」

東京大学文学部思想文化学科宗教学宗教史学専修(学士編入)
「個別指導がとても役に立った。分からないことだけでなく、勉強方法などについての悩みなどについてもアドバイスして頂けたので、とても助けになった。面接練習についても、受験時に、練習の際にきかれたことと全く同じことをきかれることも多く、とても有り難かった。宗教学という特殊な分野にも対応して下さる先生がいて、とても助かった。」

東京大学文学部思想文化学科イスラム学専修(学士編入)
「合格のコツは、気力を保ち続けることだと思います。例えば、気力が保てない人だと、逃げ道を考えたり、第二志望に合格した時点で勉強をストップしてしまいます。もし気力がなくなりそうだったら、自分の志望する学校に行くと、やる気が再び湧きます。」

大阪大学人間科学部
「中ゼミの授業を何度も復習し、どんな出題であっても瞬時に論述の道筋が複数思い浮かぶくらいまでやりこみました。社会学の先生方、英語のS先生には特にお世話になり、心から感謝しています。」

大阪大学人間科学部
「社会学の先生方、英語のS先生には特にお世話になり、心から感謝しています。過去問添削制度は、積極的に利用し、自分の弱点を分析してください。体調に気をつけて、頑張ってください!」

大阪大学人間科学部
「再提出や質問など予備校に通っているメリットを最大限に活用することをおすすめします。合格の秘訣は自習室の住人になることです。上位大学合格者は皆“いつもの席”で勉強してます。」

北海道大学教育学部
「授業も友人関係も過去問も面接練習もすべて役立った。自分はA先生の社会学を取ったが役に立った。ただ、当然、中ゼミに通っていれば全てOKではない。読書は最低でもすべき。」

名古屋大学文学部
「小論文は、『現代文キーワード読解』『小論文これだけ!』がオススメです。」

東京外国語大学国際社会学部
「論文に関してはおそらくR先生に教わった内容から出題される傾向があると感じました。」

筑波大学社会・国際学類社会学主専攻
「情報量。特に過去問と面談には幾度も世話になった。」

筑波大学社会・国際学類社会学主専攻
「R先生、S先生、S先生、A先生、S先生、A先生には筑波に受かるためのご指導をいただきました。本当に感謝しています。ありがとうございました。」

筑波大学社会・国際学類社会学主専攻
「編入は対策(勉強)も独学では難しいと思うし、過去問題を含めて情報入手も困難だが、ここには豊富にある。また、面接練習も、数をこなすことで当日の緊張感を軽減できた。」

筑波大学知識情報・図書館学類
「R先生には最初からずっと見てもらえて本当に感謝です。A先生にも情報をいろいろ教えてもらえたことを感謝します。」

お茶の水女子大学文教育学部
「自習室で夏は10時間以上は勉強しました。中ゼミで友達を作ってはげまし合ったりすることも大切だと思います。」

お茶の水女子大学文教育学部
「授業はもちろんのこと合格者を囲む会が私にはとてもよかったです。実際にどのように勉強したかを聞くことができ、不安も軽減できるし、学校の話も聞けてモチベーションも上がります。中ゼミでは授業以外にも模試や説明会、合格者を囲む会など役立つイベントが沢山あるので、ぜひ活用して頑張ってください!!」

お茶の水女子大学生活科学部
「合格者を囲む会で先輩方と実際にお話をして、「私も絶対お茶に行きたい!!!」と思いました。そのモチベーションを保ち続けることができたのは中ゼミの先生、友達のおかげです。」

お茶の水女子大学生活科学部
「合格したのは、本当に中ゼミのおかげだと思っています。過去問をコピーできたり、合格した先輩方の生の声を聞ける会があったりなど、授業以外でも得るものはたくさんありました。A先生とS先生には大変お世話になりました。変な言い方ですが、中ゼミの活用できる点は最大限に活用した方がいいと思います。それが、合格につながるはずです。」

お茶の水女子大学生活科学部
「先生のはげましと対策。筆記のアドバイスやその答え合わせなどが役立った。」

奈良女子大学生活環境学部生活文化学科
「西のお茶水と言われているが、とにかく基本を大切に試験に行くと良いでしょう。」

奈良女子大学文学部社会情報学コース
「情報量の多さ、一緒に受験を頑張れる友ができる。本当に中ゼミに通ってよかったです!!感謝しても、感謝しつくせません!!ありがとうございました!!」

埼玉大学教養学部
「一緒に頑張れる友達、相談に乗ってくださる先生方、全てに感謝です。」

群馬大学社会情報学部
「志望理由、面接、たくさんお世話になりました。中ゼミなしでの合格はありえません!本当にありがとうございました。」

新潟大学人文学部
「英語は基礎を固めていれば十分読めるようになる。単語は覚えられるだけたくさんやる。小論は何度も書いて覚える。社会学系の入門書は語句説明で役に立った。授業に集中してできるだけそこで覚えるようにする。」

信州大学人文学部
「編入における様々な情報、論文対策、面接練習、志望理由書作成などが役立った。中ゼミを信じてコツコツ勉強すれば絶対合格できます!」

名古屋市立大学人文社会科学部
「小論文は字数制限の幅を変えて、時間を計って練習すること。過去問を必ず取り寄せ、同封された解答用紙で練習することで緊張感をもってできます。」

宇都宮大学国際学部国際社会学科
「情報量や実績、経験がとてもあるので、利用して良かった。授業や面接対策などはとても役立った。恥ずかしがらずに積極的に利用した方がいい!!」

宇都宮大学国際学部国際文化学科
「国立だから平凡な子を装うのではなく変わっているアピールも大事です!!」

静岡大学人文学部社会学コース
「静岡駅から遠いので、(大学の正門からも遠い)時間に余裕を持って行った方がいい。」

富山大学人文学部社会文化コース
「過去問からおおまかな出題ジャンルを見きわめ、それに関する本を読むこと。」

岩手大学人文社会科学部
「時間に余裕をもって行動すること。」

福島大学行政政策学類社会と化専攻
「夏から本格的に勉強をはじめたので、夏期講習が大変役に立ちました。」

山形大学人文学部人間文化学科
「夏期講習は中ゼミに通えない人でもぜひ行くべきだと思う!刺激を受けて、意識が変わる。一番良かったのは面接対策である。何度も練習してもらって自信がつくし、いろいろな先生にやってもらえばいろいろな質問を受けるので、自分の答え方のレパートリーも増えてとてもよかった。」

 

「私立」

上智大学文学部新聞学専攻
「過去問の閲覧、実際の合格者からの情報、面接対策、志望理由の添削などが役立った。R先生、そしてSUS部のみなさんにはとても感謝しています。」

上智大学神学部
「問題は過去問をおさえておけば解ける。しかし時間がないので考えずにどんどん書いていかないと解きおわらない。かんたんな考えでもいいので質より量を大事にすべき。」

上智大学神学部
「A先生と論文の過去問をやりまくって完璧にする。英語はターゲットと過去問で十分。すべてA先生のおかげ!!」

同志社大学社会学部
「なぜ同志社なのかを明確にしておくと良いと思います。」

同志社大学社会学部
「中ゼミの先生によって面接練習も雰囲気が変わる為、いろんな先生に対策してもらうことで、緊張感ある面接もなんとか答えられた。」

同志社大学社会学部
「社会学論文の授業で習った、論文の書き方は、良かったです。」

関西学院大学社会学部
「普段から、社会学の本をよく読んで、書く練習をしておいた方がいいと思います。」

関西学院大総合政策学部
「中ゼミの持っている合格のノウハウの中で受験対策することができました。」

関西学院大学総合政策学部
「過去問閲覧は大変役立ちました。面談で悩みを相談できたのも良かったです。」

明治大学文学部心理・社会学科
「論文の授業では、テクニックのみならず、「社会学」という「学問」に目覚めるきっかけを下さいました。本当にありがとうございました。また来ます。」

明治大学文学部心理・社会学科
「過去問閲覧や再提出など存分に利用しました。先生方を信じて、最後まであきらめないでください!!」

明治大学情報コミュニケーション学部
「私は、法政は1次で落とされました。それがすっごく悔しくて、たくさん問題を解きました。気合と根性、明治に行きたいという強い気持ちを持って乗り切りました。その結果、明治に合格しました。」

明治大学情報コミュニケーション学部
「明治情コミは社会学系で一番試験が遅い。通年総合生なら小論のネタや英語の文法に困らない。先生の話をよく聞き、試験一カ月前は復習を優先すべき。」

明治大学情報コミュニケーション学部
「情報量の多さだけでなく、先生方の熱心な指導のおかげで合格することができました。本当にありがとうございました。」

立教大学コミュニティ福祉学部
「志望理由書、面接、そしてもちろん筆記もたくさんの方にお世話になりました。すべてに感謝です。苦手意識を持っていた英語も根拠をもって訳せるようになりました!はじめての社会学も、とっても面白かったです。本当にありがとうございました!」

立教大学コミュニティ福祉学部
「全てのサポートが最高でした。お世話になった先生方には感謝の言葉しかありません。中ゼミでしっかり勉強していれば大丈夫です。あとは運です。」

法政大学社会学部
「『ソキウス』でジンメルの言葉を知ったので、A先生の講座とその内容には本当に助けられました。また、存在論的不安について質問した時丁寧に教えてくれたS先生もありがとうございました。」

法政大学社会学部
「いろんな人の合格体験記に何度も救われた。辛い時も、「きっとうまくいくはずだ」というイメージを持てた。成功するイマジネーションが体験記には詰まっている。」

法政大学社会学部
「英語の勉強法が変わり、自分でも信じられないくらい英語力が上がった。過去問も充実しているので、対策もばっちりとることができる。」

法政大学社会学部
「私は埼玉大学を面接で落ち、悔しい思いをしましたが、法政には絶対合格する!!という気持ちでやって来ました。諦めない気持ちが大切です。Yes,we can!!」

法政大学人間環境学部
「今年は「温暖化」と「2007年問題」のうち、どちらかからを一つを解答。私は「2007年問題」を選択し、マイケル・ポランニーの暗黙知を援用して論じた。」

法政大学キャリアデザイン学部
「多くの先生方から、どんな大学があるのかという情報を得ておいたほうよいと私は考える。また、授業や面談で推薦された書籍はなるべく早く購入しておいたほうがいい。」

東京女子大学現代教養学部
「夏期講習では社会学の添削英語で平均点程度でしたが、大丈夫でした。それぐらいのレベルの英語力は必要かなと感じました。」

東京女子大学現代教養学部
「受験情報や、直前のR先生の対策も役立った。先生方を信頼してやれば大丈夫!!がんばってください!」

東京女子大学現代教養学部
「小論文の授業を通して得た社会学の知識は、どの学校の入試でもとても役に立った。」

日本女子大学人間社会学部現代社会学科
「C先生の添削英語、A先生の社会学論文、S先生との面談など、役に立ったことばかりだった。特に論文の添削を細かくしていただいたり、受験校の傾向や、面接の対策など、試験結果に直結するようなサポートをしていただいた。過去問や、受験情報も充実しているので、積極的に利用した。」

日本女子大学人間社会学部現代社会学科
「小論文の添削が本当に役立ちました。」

聖心女子大学文学部
「聖心は2年次なので全く考えていませんでしたが、A先生にすすめられ学校に見に行ったらモチベーションが上がって行きたくなったので、志望校相談も積極的にした方がいいと思います。」

白百合女子大学文学部児童文化学科
「授業や面接はとても役立ちました。過去問が閲覧できるのも助かりました。」

フェリス女学院大学国際交流学部
「私は2年次編入だったので受験できる学校が少なく、とても不安でした。できるだけ沢山受験すべきと思いました。論文の授業での1つ1つのネタは試験で活かせました。」

学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科
「編入試験は情報が集めづらいですが、中ゼミにいる色々な情報が得られます。サポート部の前の掲示の欄を見た時は感動しました。面接対策をやっていくうちに穴をなくし、大丈夫だと思えるようになり、役立ちました。」

学習院女子大学国際文化交流学部国際コミュニケーション学科
「R先生から小論文の書き方についてしっかりとご指導を受けました。本当にありがとうございました。」

東洋英和女学院大学国際社会学部
「東洋英和は、品のある女性を目指し、いい奥さんになるには最適な所だと思います。森の中にあるし、校舎もキレイです。人の雰囲気もお嬢道まっしぐらだけど、いいですヨ。」

清泉女子大学文学部地球市民学科
「小論文を書くうえでの知識は、中ゼミでの授業からすべて得た。」

実践女子大学人間社会学部
「どの科目も先生方が添削してくれるし、面接も個別でみてくれるんで活用してください。」

共立女子大学文芸学部
「英語力の基礎となる英単語をしっかりとかためる。」

大妻女子大学人間関係学部
「社会学の専門用語を覚える。」

明治学院大学社会学部
「筆記はA先生が紹介してくださった『社会学がわかる事典』という本にのっている言葉が今までにもたくさん用語説明の言葉に出ていたので、これでまとめておくといいと思います。」

明治学院大学社会学部
「中ゼミの先生に相談すると、自分に合った本をすぐに紹介してくれるので、どんどん相談することをオススメします。」

武蔵大学社会学部
「武蔵に入る!!この気持ちは大切です。そこから勉強にも集中できます。オープンキャンパスへも積極的に行き、私はモチベーションを維持しました!」

日本大学文理学部社会学科
「筆記に不安を抱えていたが、面談で指導を受けしっかりと対策することができた。」

日本大学法学部新聞学科
「過去問閲覧で先輩方のアドバイスも役に立ちました。」

東洋大学社会学部社会学科
「小論はA先生の授業で取り扱ったものを頭に入れればほぼ小論は書ける。9月から私は編入の勉強を始めましたが間に合いました。」

駒澤大学文学部社会学科
「英語はとにかく単語、熟語をしっかり。」

創価大学文学部社会学科
「志望理由書は、自分ではよく出来た方だと思っていても、先生方に添削をしてもらうと細かい所にミスがあったりと、見つけてもらえるので、先生に見てもらったのは助かりました。」

帝京大学文学部社会学科
「試験日は、1つの教室に70人ぐらいいて焦ったり緊張するけれどその中でも落ち着いて解く。」

内閣総理大臣で大学編入経験者も2人。

内閣総理大臣で大学編入経験者も2人。

日本の内閣総理大臣で

大学編入経験者も2人いらっしゃいます。

 

近衛文麿内閣総理大臣 

東京帝国大学哲学科→京都帝国大学法学部

 

海部俊樹内閣総理大臣

中央大学法学部→早稲田大学法学部2部

 

編入試験を目指すかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

オバマ、トランプ、小池百合子とみんな編入でステップアップしています。

編入してよりよい勉強の環境に身を置くと、のちのち後悔することは少ないでしょう。

短大卒、専門学校卒、大学中退などの人で、22歳以上の人は、大学院を受けることもできることがあります。

短大卒、専門学校卒、大学中退などの人で、22歳以上の人は、大学院を受けることもできることがあります。

短大卒、専門学校卒、大学中退などの人で、

学校に行ったいた後に働いていて22歳以上の人は、

明治、立教、法政などの大学院から受験資格をいただいて、

大学院を受けられる可能性があります。

 

最近は、大学を出ていない人でも、22歳以上でやる気がある人には、

大学院サイドが受験資格を与えれば、大学院を受験できるようになっています。

明治、立教、法政の一部の研究科では、

多くの人にどんどん受験させてくださるところもありますので、

編入と大学院を併願することもできます。

 

有名人などでなくても、明治、立教、法政の一部の大学院に、

どんどん中央ゼミナールから非大卒の方々は進学していますので、

こうした受験に関心がある方もお気軽に中央ゼミナールにご相談ください。

 

以上、社会学系スタッフのミスターX(紅ゆずるも好き)でした。

社会学が分析対象とするメディアは白書、新聞、日記、手紙、古文書から、マンガ、アニメ、ラノベ、ファッション雑誌、アイドル雑誌、ドラマ、映画までなんでも。

社会学が分析対象とするメディアは白書、新聞、日記、手紙、古文書から、マンガ、アニメ、ラノベ、ファッション雑誌、アイドル雑誌、ドラマ、映画までなんでも。

社会学は社会の見えない構造を明らかにする学問で、

ありとあらゆるものを題材として社会の見えない構造を

解き明かそうとする学問です。

その際、扱う資料は古文書、国家の公文書、裁判資料、古い新聞から、

マンガ、アニメ、ケータイ小説、アイドル雑誌、ブログまでなんでも

題材にできます。

 

マンガ、

アニメ、

ライトノベル、

ケータイ小説、

映画、

ドラマ、

女性雑誌、

モデルのスタイルブック、

ファッション雑誌、

アイドル雑誌、

SNS、

ポスター、

広告、

などの分析も社会学では得意とするところです。

社会学は固いものからやわらないものまで

なんでも研究の対象にできるのも魅力のひとつです。

 

例えば、

講談社現代新書から刊行されている『ヌードと愛国』というおもしろい本は、

女性の社会人大学院生が、7枚のヌード写真を分析し、

日本のナショナリズムを解き明かした研究書です。

このように社会学はなんでも題材にして社会の見えない構造を分析するおもしろい学問です。

東京の主な私立女子大も編入社会学のターゲットはいっぱい。

東京の主な私立女子大も編入社会学のターゲットはいっぱい。

中央ゼミナールの編入社会学系の勉強をやっておくと、

以下のように東京の主な私立女子大学の受験選択肢が膨大にあります。

うまく併願し、行くことがないようにしたいものです。

 

津田塾・国際関係

東京女子・社会学

東京女子・コミュニケーション

日本女子・現代社会

日本女子・社会福祉

日本女子・文化史

聖心女子・人間関係

聖心女子・国際交流

フェリス女学院・コミュニケーション

フェリス女学院・国際交流

学習院女子・日本文化

学習院女子・国際コミュニケーション

白百合女子・児童文化

東洋英和女学院・人間科学

東洋英和女学院・国際社会

清泉女子・文化史

清泉女子・地球市民

実践女子・人間社会

共立女子・文芸メディア

共立女子・国際

大妻女子・文

大妻女子・社会情報

大妻女子・人間関係

大妻女子・比較文化

昭和女子・歴史文化

昭和女子・英語コミュニケーション

昭和女子・国際

昭和女子・現代教養

東京家政

 

など