月別アーカイブ: 3月 2015

親御さんも編入説明会にいらっしゃいます

親御さんも編入説明会にいらっしゃいます

こんにちは、まりもです。

 

桜がきれいですね~。

杉並区には、善福寺川緑地という、川沿いがずっと公園になっている場所があります。

その土手や、川沿いの遊歩道のそばには桜並木がずっと植えてあって、

この時期は、桜のはかないピンク色が遊歩道を彩ります。

もちろん、その下には酔っ払いの姿も見えますが^^;

 

昨日は、大学編入説明会、目的別大学院説明会に

おおくのみなさまにご来場いただき、どうもありがとうございました。

 

このごろ、こうした説明会に親御さんがいらっしゃることがあります。

また、お電話でもお問合せをうけることがあります。

 

親御さんが、「編入受験」や「大学院入試」がどんなものかを知っていたら、

たとえば、お子さんが今の大学に満足していないようだったり、

大学受験のときに希望した大学に行けなかったことを悔やんでいるなら、

「編入」「大学院」という選択肢があることを、アドバイスすることができますよ。

 

ただし、無理強いは禁物です。

「編入受験における自立とは?」でも書きましたが、

大学受験と違い、編入受験、大学院受験は、受験する本人に強い意志がないとなかなか続かないもの。

 

お子さんが進路選択に悩んでいたら、

そっと、中ゼミのパンフレットを机においておくなどしてみてはどうでしょうか。

編入試験と格安ホテル

編入試験と格安ホテル

こんにちは、まりもです。

 

3月22日(日)におこなわれた2015年度の受験に向けた進学ナビに、

たくさんのみなさまにご来場いただきまして、

ほんとうにありがとうございました。

 

さて、受験はまだまだ先ですが、

編入受験の盲点をお知らせしておきましょう。

 

編入試験はカオスなだけに、希望しようと思えばいくらでも受験できるます。

そのとき、大きなネックとなるのは「金銭的な負担」です。

 

住んでいるところの近場ならば、受験料(だいたい3万円)のみですみます。

ですが、遠方を受けるとなると、交通費だけでなく、宿泊費も必要なことがあります。

やはり、前日には現地に到着し、下調べしておいたほうがいいですからね。

 

そこで、あらかじめ地方を受験することも想定し、

前もってユースホステルを予約しておくといいですね。

 

たとえば、北海道大学を受験するなら、ユースホステルを利用すれば約3,500円で泊まれます。

http://yh-sapporo.jp/accommo/index.html

 

と思って、検索していたら、もっとお安いところもでてきました!

http://yasuyado.yadotel.com/inn/hokkaido/

(なお、情報が正確かどうかは保証いたしかねますので、必ず各自でご確認ください^^;)

 

ただし、安いところから埋まるの法則もありますので、

地方大学の受験は、早めに予定にいれておきましょう。

先手先手で準備するほど、お安くあがりますし、

なにより、そうして「先手で動く」がクセになれば、

合格を引き寄せる運気も上昇間違いなし!!ですよ。

編入試験は上野東京ラインよりカオス、という話2

編入試験は上野東京ラインよりカオス、という話2

こんにちは、まりもです。

 

先週、続きを書こうと思っていたのに、時間切れで1週間おまたせしました。

 

編入試験がカオス、とはどういうことかというと・・・

まず、試験の時期がカオス。

 

編入試験は、試験日がばらばらで、

早いところでは7月上旬から、遅いところでは3月上旬までと

試験の時期は、かなりばらけています。

 

そして、受験できる大学がカオス。

 

大学受験のときは偏差値である程度志望校を絞れましたよね。

でも、編入試験では、大学入試のときには想像もしなかったようなレベルの高い大学に合格することが可能です。

 

さらに、受験科目がカオス。

 

例えば、7月早々にある筑波大・図書館情報ならば、

なんとプレゼンでOK!

もちろん王道は、英語読解+小論文 ですが、

大学によって、傾向はかなり異なります。

 

というように、さまざまな面で、編入試験はカオスである、といえましょう。

 

中ゼミという駅にやってきた学生さんが、

どこへ行くのか、講師やスタッフにも想定外のことがあったり。

 

すべりどめ合格ではずみがついて、

次々とハイレベルな大学に合格する学生さんも。

 

編入試験は、行きつく先もカオスなのであります。

編入試験は上野東京ラインよりカオス、という話

編入試験は上野東京ラインよりカオス、という話

こんにちは、まりもです。

 

とうとうトワイライトエクスプレスがなくなりましたね。

青い車体のブルートレインも最後となってしまいました。

その一方で、北陸新幹線が開通して、

鉄道もまた日々刻々と変化しています。

今年のJRのダイヤ改正は今世紀最大!?といわれるほどの大改革だったそうですね~。

そんなすごい大改革の中、すごーーくひっそりと(?)「上野東京ライン」も開通したそうです。

東京の西側に住んでいるので(と言い訳しつつ)、

つい昨日のニュースで初めて知りました。

 

なんと、高崎線、常磐線、宇都宮線が東海道線とつながるのですね。

湘南新宿ラインができたり、東海道新幹線が品川駅に停車するようになったりして、

住んでいるところから、より近く、乗り換えなしで利用できるようになる、というのは

ほんとにありがたいです。

 

さてさて、でもこの上野東京ライン、実は、同じホーム、同じカラーの車体で、

行き先が全然ちがう!ために、

乗客は利便性を享受する代わりに細心の注意をしないといけません。

 

実はこれ、大学編入試験にもあてはまるんですよ。

 

 

明治大学 情報コミュニケーション学部、合格報告!

明治大学 情報コミュニケーション学部、合格報告!

こんばんは、まりもです。

 

社会学系では、今年度最後?となる

明治大学情報コミュニケーション学部の合格報告を、

2人の学生さんからいただきました。

 

一人は、今年で2度目のチャレンジ、4月から中ゼミで受験に取り組んできました。

もう一人は、夏からの受講でした。

でも、ポジティブに、柔軟に、密度濃く勉強に取り組み、合格を勝ち取りました。

 

入学の時期はさまざまでも、

合格を勝ち取る学生さんには、

自分の可能性をあきらめない強さ 

あるような気がします。

 

ほんとうに、おめでとうございます!!