月別アーカイブ: 5月 2011

連想ゲームじゃないけれど。

連想ゲームじゃないけれど。

こんにちは、赤い実です。
梅雨どころか台風だそうです。
気が早いにもほどがある。
被害が出ませんように。
台風にはなじみの深い沖縄。
あまり意識することは無いのですが、
九州地方に属しています。
そして九州地方といえば福岡。
その福岡・筑豊の炭坑の労働や生活を描いた
山本作兵衛(1892~1984)の絵画や日記697点が、
ユネスコの世界記憶遺産に登録されることが決まりました。
1992年から実施されているこの遺産に、
日本国内から登録されるのは初です。
ちなみに代表的な登録例はアンネの日記やフランス人権宣言など。
誇らしいことではありますが、
ここで興味深い話題が。
世界記憶遺産として登録される話があった際に、
炭鉱側の担当者は当初炭鉱の事務所を候補として挙げました。
ところがユネスコ側はより現場に近い労働者自身の声を、との考えから、
今回の登録決定に至ったようです。
世界が残すべき記憶として注目した炭鉱の歴史。
日本人である私たちもこれをきっかけに注目してみるといいかもしれません。
さて、昨日のバラックさんも言ってましたが、
校内生の皆さん面談に来ましょう。
何を相談したらいいのか分からないのに面談?
と思うかもしれませんが、それでいいのです!!
どうぞ手ぶらで相談しに来てください。
そして、社会系MLに登録もしましょう。
貴重なお知らせを受け取れない時もあるかも。

マーチ紹介ファイナル・法政

マーチ紹介ファイナル・法政

とうとう梅雨に入ってしまいましたね。いや雨は嫌いじゃないんですが、雨が続くと洗濯物が・・・太陽不足でセロトニンが・・・とまあ何かと弊害が出てしまうんですよ。しかし日本人女性の肌が美しいのは湿度が高いおかげという俗説があるそうです。嫌なものでも何かに役立っていると思えば嫌じゃなくなる、かもしれない気がしないでもありませんよね。そんな具合に一生懸命マインドコントロール
ちなみに「嫌いじゃない」という表現はツンデレっぽい気がするんですが気のせいでしょうか
というわけでこんにちは、バラックです。
最近は面談がわりと入るようになりブログにタッチできる時間がとれずずいぶんと間があいてしまいました。勢いに乗ってMARCH紹介を終わらせたかったんですが。
いやでも皆さん、総合科の方は1学期中に面談を10回は消化しないと大変もったいないので、ぜひ使い切ってください。英語や論文の授業でやった添削を持ってくるも良し、要約練習に使うもよし、色々な先生を回って学習相談を繰り返してみるもよし。
あとはモチベーションが下がった時など先生と話すとわりと効果的ですよ。もちろん人によりますが。
さて、そんなわけで本題のマーチシリーズです。Hは法政のH、というわけで
最後を飾るのは社科学系で人気を誇る社会学系編入の雄、法政です。
法政はMARCHの一員というゆえに人気があるだけでなく、大きな特徴として受験できる学部・学科が多くアタックチャンス(児玉さんのご冥福をお祈りします)がたくさんある、というのがあります。
社会学系だと社会学部だけじゃないの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
そうです。社会学部です。しかしただ社会学部だけじゃないんですね。
まずポイント1。 2年次編入と3年次編入の両方を実施している。
これが何より大きい。
編入を実施しているほとんどの大学は3年次編入になります。あるいは数少ない2年次編入でも2年次しか実施していないところ、例えば明治の情コミなど、もあったりする中で、2年次・3年次ともに実施というのは大変にありがたいわけです。
だって純粋に選択肢が2倍になるわけですから。
自分の学力、毎年の倍率、周りの人がどこを受けるのか、入った後何年やれるか、など様々な条件を考慮しながら2年次と3年次どっちを受けようかな、という風に選べるわけです。そして皆がそのように選ぶわけですから、うまく受験生が分散してくれるわけですね。受験生が分散する、ということは合格する可能性も高くなるというわけです。
ポイント2.受験可能な学部・学科が多い。
さて、前述した社会学部は3つの学科に分かれています。社会学科、メディア社会学科、社会政策学科の3つ。そして社会学部だけではありません。社会学系がターゲットとできるのはキャリアデザイン学部、現代福祉学部、人間環境学部もあります。
社会学部(社会、メディア社会、社会政策)とキャリアデザインはどれも2年次と3年次を実施、現代福祉学部は2年次のみ、人間環境は3年次のみになりますが、社会学系編入の人が法政を志望した場合、選択肢が全部で10個もあるのです。
もちろん残念ながら10こ全部受けられるというのではなく、10個から自分の勉強したいこと、倍率、キャンパス(たとえば市ヶ谷か多摩か)などなどを考慮して1個に絞っていかなくてはならないわけですが、それは皆同じです。
だから中ゼミで10人法政に行きたいという人がいたら、10人で一枠を争うのではなく10人が別々のところを受ける、ということが可能になるわけですねーすごい。
名前の通り、人間環境は環境問題系を勉強していくところです。環境に少しでも興味があるならここを受けてみると良いでしょう。現代福祉は合格者が例年ほとんどいないのでちょっと難しいかもしれません。キャリアデザインはとにかく浅く広く意欲を持って何でも学びたいという人向きです。社会学部の中でも入りやすいのは政策よりも社会とメディア社会になります。
そしてポイント3:12月の試験
ということで編入試験の流れの中ではわりと後半目に位置するんですね。ということはすでに試験慣れした状態で受けられる、他に合格がでた状態で受けられる、他に受かった人が受験しない、準備をしっかりできるといった様々なメリットがあります。
中ゼミ社会学系でこれまで法政に受かった方は、実は合格がこれまで一個も出ていないでの合格、といった方もわりといらっしゃるんですね。実力的には社会学系の中で中の中から中の上で受かっていますよ!
というわけでマーチの真打、法政はおすすめもおすすめ、三ツ星級のおすすめ校といってもいいくらい(言い過ぎ)なんですねー女子大が受けられないというハンデをお持ちの男子の皆さん、法政はとりあえず目指してみると良いと思います。
とはいってもやっぱり受かっている方は最後まであきらめずに勉強を続けられた方です。モチベーションを高くがんばっていきましょう。
すでにお知らせされていると思いますが、6月11日土曜日は編入フェアというイベントが開催されます。編入を実施している大学の担当者の方がいらして直接質問ができたり、色々な大学の資料が並んだりと編入に向けての情報をがっつり集められるだけでなく、志望理由書セミナーで志望理由書とは何ぞやという話を聞いたり、分野別にわかれての説明や、合格者の方も何名か来て話をしてくれるんですね。
合格者の方・・・と言っても前回のフォロー週間で話を聞いたからいいや、と思わないでくださいね。今回は最難関大阪大学の合格者の方もいらっしゃいますし、前回とは違う顔ぶれがそろいますので、まだまだ貴重な体験談が聞けると思います。前回来なかった人も前回来た人もぜひぜひ参加してください。
大学紹介もここまで早稲田、筑波、明学、マーチとやってきましたので、次回は目先を変えて地方国立大に移りましょう・・・多分。

コンゴで。

コンゴで。

こんにちは、赤い実です。
暑かったり寒かったり激しいですね。
みなさん、体には気をつけてください。
さて「リプロダクティヴ・ヘルス/ライツ」というのを知っているでしょうか。
人間の生殖システムに関するあらゆる側面において、
身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態にあることを目指すためのものです。
人々が安全で満ち足りた性生活を営むことができ、
子どもを持つか持たないか、いつ持つか、
また、何人持つかを決める自由をもっていることを意味していて。
1994年のカイロ国際人口・開発会議で採択された文章に基づいて作られたものです。
通常、女性の権利やジェンダーの問題において触れられることの多いものですが、
今、この権利がある民族の将来にも関わる問題となっています。
コンゴの少数民族であるピグミー系アカ族が、
近い将来消滅してしまう危機に陥っています。
そこには様々な問題がありますが、
その一つに人口増加の要である、
妊産婦と乳児の死亡率の高さが挙げられます。
森林の奥を主な生活圏にしている彼らは、
ほとんどの場合出産もそこで行うことになります。
民族の中の伝統や慣習とのかかわりもあり、
それらを変えることは困難でしょう。
けれど、民族そのものの未来がかかっている現状を前に、
上記のリプロダクティヴ・ヘルス/ライツの活用が有力視されています。
女性・家族・民族・伝統・慣習・・・
このニュースには社会学的なテーマが多分に含まれています。
日本に中で生活しているとあまり実感のない少数民族問題ですが、
国境を越えた人々の意識のありように思考を拡げることも、
社会学・文化人類学が求められる重要な責務であり、魅力です。

農村。

農村。

こんにちは。赤い実です。
珍しく宣伝から。。
中ゼミトップページにも大きく出ていますが、
来月6月11日(土)は大学編入フェアです。
授業は無く、大学の先生や合格者の方に話を聞いたり、
志望理由書についてのガイダンスを受けられます。
校舎全体がイベント会場となり、ちょっとした騒ぎです(笑)。
情報収集のため、また、モチベーションの粘性を上げるためにも、
是非、顔を出してみてはいかがでしょうか。
さて。
「農村社会学」という分野があります。
主に日本の農村の実体を調査し、
そこから社会の問題を見つめるものです。
その第一人者といえる人の、
「わき道」的な書籍に触れる機会がありました。
かつて調査に訪れた村を再訪し、
専門的でない視点から見直すという内容でした。
現場に触れる新鮮さを訴える内容はもちろんですが、
そこで触れられる農村がことごとく
「限界集落」であることにも興味を惹かれました。
その中には東日本大震災の被災地も含まれています。
日本の中に残る農村がほぼ限界集落となっている実態。
限界集落であったがゆえに受けた被害や影響。
震災だからテーマにする、というのは誤解を生みそうですが、
震災をきっかけに注目されなかった分野が
注目されることはあり得ることでしょう。
そもそも農村とは何なのか。
そこが限界集落となる原因は何であるのか。
人々の生活の根本の根本を支える「農」村について、
改めて考えてみるのもいいのではないでしょうか。

五感。

五感。

こんにちは、赤い実です。
最近、早起きして洗濯して、
出勤前にはほぼ乾いた洗濯物を取り込めるのが嬉しい。
梅雨入り前のささやかな幸せです。
こんなことができるのも、
季節が進んだから。
まだ雪の残る3月に起きた地震から、
はや二ヶ月半が過ぎようとしています。
東京が暖かくなったのと同じように、
被災地も初夏を迎えているわけです。
かつてほどではなくなったけれど、
私たちは一日のうちで必ず一度は、
どこかの被災地の写真や映像を見ます。
そしてその度に傷の深さを思い、
被災したみなさんにとっての真の復興とは何かを考えるわけです。
それだけ写真や映像は強い力を持っています。
けれど、そこからはどうしても感じ取れないものがあります。
嗅覚にうったえるもの、つまり
「におい」
です。
地震直後には、ずれた断層や崩壊した木材やコンクリートのにおい。
津波によってさらわれた場所では、潮のにおい。
そして今はおそらく、気温上昇に伴って進行する様々な意味での分解のにおい。
いわば喪失と停止のにおいが満ちているのです。
写真や映像の発達によって、
その場にいない人間でも知ることのできる情報は格段に増えました。
しかし、その場に行かなければ、身を置かなければ分からないものもある。
もちろん、においだけではないでしょう。
目に見えぬ様々なものに囲まれて、
そうしてはじめて私たちは生きていける。
そのことを改めて考えさせられます。
ここで私は写真や映像の限界を言いたいのではありません。
見えるものをはっきりと見せることによって、
人に、視覚や聴覚以外の存在を意識させる。
それができるのは写真や映像だけです。
五感を駆使して世界を感じること。
社会の問題を切り取らんとする社会学でこそ重要です

360°の世界。

360°の世界。

こんにちは、赤い実です。
「献奏」という言葉を初めて知りました。
つまり「捧げる演奏」。
東日本大震災後、多くの音楽家たちが来日を中止・延期する中、
予定通り来日したある外国のオーケストラについて書いた記事です。
失われた多くの命・平穏・日常・仕事・・・
そういったものへの思いを込めて演奏されたそうです。
こんな震災がなければ知ることのなかった言葉ですが、
「演奏をささげる」なんてなんだかとても素晴らしいな、と思ったのです。
自分が従事しているものや得意としているものを通して、
気持ちを表現し、多くの人の感動を呼び起こすことができる―。
自分のことを思わず顧みてしまいました。
どう、生きていくか、が問われている気がします。
さて、予告通り「思考法」について。
もっとも、そんな大そうなものではないのですが。
何かをしようとするときに、
必ず私たちの前には
「敵」
が立ちはだかります。
その一つが
「思い込み」
です。
これは編入や大学院などの勉強をしている人に限らず、
人間が生きていくほぼすべての面でやっかいなものです。
思い込みに囚われてしまうことによって、
見えるべき道が見えなくなったり、
同じものが歪んで見えたり。
こだわりや信念、ポリシーは失ってはいけない。
ではどうやって、視界に不要なフィルターをかける「思い込み」に陥らないようにするか。
想像力
でしょう。
自分が今見ている景色を全てと思わない。
自分が聞いた話を完全と思わない。
物事を取り囲む環境は横にも縦にも360°広がっている。
決して「何でもあり」とするわけではありません。
もっとも目に入りやすいものの背後にある「景色」を思い描いた上で、
その景色が意味するものを考える。
それを可能にするのが知識であり、経験であり、方法なのです。
そして今みなさんは中ゼミで、
知識と方法を学びながら、経験を積み重ねている段階です。
時にミスをおかし、翻弄されたとしても、
想像力を持って思い込みに囚われさえしなければ、
そんなものは大したことではないのです。
あー、長いなあ・・・。
ということで、終わり。

田んぼと方丈記。

田んぼと方丈記。

青い空が広がり、いい風が吹いています。
まさに新緑の季節。気持ちがいい日曜日です。
私、赤い実の実家は兼業農家で米も作っています。
幼い頃は、季節によって表情を変える水田と共に日々がありました。
そろそろ東北は田植えの時期です。
南部と北部では多少時期がずれますが、
適度な水の中で風にそよぐ青い苗が広がる頃です。
天候の変化に24時間神経を尖らせ、
早朝でも真夜中でも関係なく水位の調節に出かける父の姿が、
故郷を離れた今でも記憶の中にはっきり残っています。
手のかかる農業。
でも、だからこそ、簡単には離れられない。
田植えの時期を迎えた東北で、
きっと、いつもなら広がったはずの「当たり前の風景」
を頭に描きながら日々を過ごす農家の人々の思いはいかばかりか、
と心がいたみます。
さて、話題は変わって。
『方丈記』は日本三大随筆に数えられる名著ですが、
その中にやはり日本を襲った地震と津波についての記載があることは、
あまり知られていません。
今のようなテレビや新聞等無い時代に、
驚くほど詳細な調査を行った記録が残っています。
著者である鴨長明は、
隠遁者でありながら、
悟りもせず、「世を捨て切れなかった」人でした。
その点から様々な研究者が彼をテーマとして取り上げていますし、
評価も人それぞれです。
専門でもない私が言っても説得力は無いのですが、
鴨長明の面白さはまさに
「人間くさい隠遁者」
であったことだと思います。
世間から引っ込んでいながら、
様々なことに腹を立て、哀しみ、考える。
その感覚は、今の私たちにも必要なものです。
しかも、私たちは、世を捨てたりはしていない。
捨てたくなる時もあるけれど、そりゃあ。
古典が苦手だった人も、
こんなことを思い描きながら再読してみると、
興味深いかもしれません、『方丈記』。
「勉強に役立つ思考法」みたいなことを書こうと思っていたのに・・・。
長くなったので、それはまた次回。

中央ゼミナールではなく中央大学

中央ゼミナールではなく中央大学

こんにちはバラックです。
今日高円寺の駅に降り立ったら突然にぎやかな祭囃子が聞こえてきました。自然と手足が動いてしまう・・・などということは全くなく、むしろ一刻も早く人ごみを抜けたいと駆け足になる自分がいました。祭りは参加しなければ決して楽しいものではないんですよね。
踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆ならおどらにゃ損損
では踊りたくも見たくもない阿呆はどうしたらよいのか、という話ですよ。
いや祭りが嫌いなのではなく人ごみが苦手なのですあしからず。
そんなわけで面談室の前の廊下に「社会学掲示板」があるのをご存知でしょうか。ここにはいろいろなお知らせなどがはり付けてあります。この掲示板にトイレ待ちや面談前後など、ちょっと掲示板の前で立ち止まった時にさっと読めるような「今週の読み物」というのを設けてみました。短時間でさっと読んで論旨をつかむ練習になればと思いますので、眺めてみてくださいね。
そして今週の読み物はずばり「阿波踊り」です。これは民俗学の入門書から持ってきました。なぜ阿波踊り?阿波踊りってそもそも?と誰しも一度は疑問に思ったことがあるはず。ぜひ目を通してみてください。
さて、そろそろ本題に。
MARCH紹介も花形折り返し地点の立教を終え、次のCにやってきました。Cは中央のC
どうでもいい偶然なのですが、中央は英語で「Center」(middleだと何かと何かの真ん中というニュアンスでsね)、なのでこちらも頭文字がCになるのです!
ちなみに英語でこのcenterと対比する概念はperiphery,周辺になります。中心(中央)と周辺(周縁)という概念は特に世界システムの議論や先進国・途上国、南北問題などとも絡んできます。力のある中央部と搾取される周辺部、あるいは権力構造や搾取構造によって中心と周辺が作られる、といったようなことでしょうか。
中心と周辺という対比概念が分かりづらければ、たとえばマジョリティとマイノリティ、強者と弱者という対比とも少し似ています。
なぜこんな話をしたかというと、個人的にperipheryという言葉が好きなんですね。
「世界の周縁部の日本にペリーがフェリーでやってきた。」
というので一発でperiphery覚えませんか。覚えませんね。私だけですか。
脱線してしまったようですから話を戻しましょう。
そんなわけで中央大学。中央の中では法学部が一番ネームバリューがあるでしょうか。場所は東京の西の方、モノレールが通っていますが周囲に何もなくわりと陸の孤島状態です。マンモス大学なためキャンパスは広く、学食は何と4階建てのビルなんですね~。あとは「げんしけん」という漫画の舞台はここだったのではないかという気がします。
そんな中央ですが、社会学系で編入を目指す人にとってはあまりありがたくない大学なのです。なぜなら社会学は専攻できても編入試験を受けられるのは学士だけなんですね。つまり一度大学を卒業した人しか社会学の編入はできない!
えーーー中大行きたかったのに・・・編入できないの?
中大に行きたかったら社会学はやめた方がいいのか・・・・
と思われる方もいるでしょう。もちろんどうしても「中大じゃなきゃいや。」という方は社会学系ではなく経済系をお勧めします。
ただ社会学系から中大に行くことは不可能ではありません。これまでも社会学系の学生で推薦で中大に入った方、あるいは経済系で試験を受けた方などがいるのですよ。経済系の試験でも社会科学系・時事系の問題であれば社会学系の人でも問題なく解けたりします。
ただ行ってから学ぶ分野が経済になってしまいますし、あくまでもオプション的な選択肢と思ってくださいね。
さてさて、これでマーチ紹介第四弾も終わりです。あまり紹介になってはいない気がしますが気のせいと思い込むことにしましょう。
次回はマーチのラスト、HのHは法政のH。ということで社会学系で人気の法政大学をご紹介します。

フェア。

フェア。

こんにちは、赤い実です。
麦秋(ばくしゅう)という季語があります。
「秋」という字で思わず秋の季語と考えてしまいがちですが、
実は旧暦の4月、現代の今頃の時期を指すそうです。
なぜ「秋」かというと、秋=実りという意味で、
ちょうど今頃が麦の収穫時期であるために、そう、呼ばれるそうです。
あまり日本ではお目にかかることのない実った麦畑を、
日本の季語を通じて想像できるのはなかなかおもしろいものです。
個人的には「ばく」という音から
「麦芽」→「ビール」と連想してのどが渇くのですが・・・
さて、サッカー・ジャーナリストの大住良之さんの記事を読む機会がありました。
5月7日に行われたJ1の大宮対新潟の試合である記録が出たそうです。
ファール判定がゼロ。
一般的に1試合各20ずつ計40くらいファールを出すのが平均なので、
いかに「クリーンな」試合だったか分かります。
ここで大住さんは問いかけます
「クリーンな試合であればフェアな試合と言えるのだろうか?」
それについてはっきりとした答えを出してはいませんが、
1965年のヨーロッパにおける「もっともフェアといわれる試合」を例に挙げ、
サッカーの「フェアさ」とは双方の試合への臨み方で決まるのでは、と結んでいます。
どちらかというとスポーツの観戦には興味が無く、
新聞のスポーツ欄も大体は飛ばしてしまう私ですが、
興味深く考えさせられた記事でした。
フェアとは一体、何でしょうね。
いろんな場面で問われる「フェアさ」について、
これを機会に考えてみようと思いました。

R is for Rocket

R is for Rocket

邦題にすると『ウは宇宙船のウ』ですね。ご存知のお方もございましょうが、アメリカの生んだ偉大なSF・ファンタジー作家のひとり、レイ・ブラッドベリの短編集です。SFといってもハードなものではなく、抒情豊かで詩的なのがブラッドベリの持ち味です。『華氏451度』の原作者でもあり、これはマイケル・ムーア監督の『華氏911』のタイトルの元にもなっています。
ずいぶん熱っぽい解説ですね。はい、好きなのです。SFというと、ロケット?ロボット?宇宙?ときょとんとしがちですけども、実はある科学技術があったら社会や人間はどうなるか、というのが小説という形で書かれているもので、科学ではなく人間や社会、特に他者の文化に興味がある人にとってはかなり面白い読み物なのですよ。
と熱い思いはさておき
こんにちはバラックです。
マーチ紹介シリーズも三回目の「ー」に突入しました。
マーチの「-」は日本語で書くと「ー」ですが、アルファベットで書くとR、そう、つまり立教大学です。
中ゼミ社会学系編入で立教を目指す場合、実際に受験するのはコミュニティ福祉学部がターゲットになります。
そして社会学系では毎年5人以上の合格者を出しているお得意様になります。コミュニティ福祉と言われてもピンとこないかもしれませんが、福祉学科とコミュニティ政策学科があり、政策学科の方では社会学やジェンダーなども学ぶことができます。もちろん福祉学科を受験して合格される方もたくさんいます。
試験はまず1に英語、2に英語。英語の試験内容自体は長文総合問題、和訳や内容一致、語句の選択問題、内容説明などの記述型などで、Sレベルとそこまで難しいわけではありません。それゆえしっかりと点をとること、ミスを犯さないことが求められます。
論文の方は以前は課題文型で新聞記事やグラフなどが出題されていましたが、ここ数年はテーマ型が多いようです。内容はいのちの尊厳や社会的弱者、高齢者などなど。1次を合格した人が二次の面接に進むことができます。これまではあまり面接で落ちる人はいなかったのですが、去年は珍しく二次で不合格という人も少しでましたので油断できません。
さてもう一つ編入で重要な志望理由書。ここにはなぜ編入したいのか、入った後は何を学び研究したいのか、どうしてその大学・学部なのか、将来はどうするのかといったことを書く必要があります。そこで問題になるのが研究テーマですが、立教コミュ福の場合には「誰を助けたいのか」ということをとっかかりに考えていくと良いでしょう。ここ数年人気のテーマは「子育て支援」でした。「老老介護」や「高齢者の孤独死」などもわかりやすいですね。その辺をうまく「コミュニティ」という視点を入れてからめてやるとばっちりこの大学・学部に適したテーマになります。
それからここを受験するうえで欠かせないがのが『コミュニティ福祉学入門』という本を読むことです。福祉やコミュニティに関する概念をしっかり押さえ筆記対策や面接対策とするだけではなく、入った後の研究テーマもこの本を読みながら探しておくとよいでしょう。もしぜったい立教に受かりたい!という人は必読の一冊ですよ~
また立教コミュ福の編入試験は10月とちょうど編入試験のピーク時の中でも少し早めに来ます。立教志望のひとはこの受験を中心にスケジュールを組み立てていくと良いでしょう。
今までの大学紹介に比べるとかなり実践的な内容でしたね・・・字が多くて読むのに疲れたという人、社会学系編入のカギはいかにしっかり文章を読めるかですよ。なんていったって本を読むことが勉強なのですから。
さてさてそんな具合で次回はマーチ紹介第四弾です。