月別アーカイブ: 3月 2011

1週間遅れます

1週間遅れます

こんにちはバラックです。
地震以降自分も世間もバタバタと落ち着かなく、あっという間に3月も終わりを迎えようとしていることにとにもかくにも驚きです。
福島原発がなかなか落ち着かず、枝野さんだけでなく原子力保安院のあの方の顔を見るのもすっかり毎日の日課となってしまいました。私はなぜかこの人の説明は安心して聞くことができます。おそらくそれはいいニュースの時とよろしくないニュースの時の目元が異なるからでしょうか。
それにしても当初は今日の放射線の量をニュースでチェックする、そんな日が現実にやってくるとは夢にも思いませんでしたが、原発の問題が起きた当初よりもだいぶ落ち着いて受け止められるようになってきた、そんな気もします。もちろん避難されている方や風評被害に直面している茨城や福島の方にしてみれば、そんな悠長なことはいっていられないわけです。目の前の現実としてあるわけですからね。
私も当初は放射能という言葉だけで拒否反応を示すようなびびりっぷりでした。それはおそらく小学生の時に受けた原爆反対教育の賜物だと思います。
しかし冷静に理屈で考えるとそれほど怖がる必要はないんですよね。怖いと思うことと、怖がることはまったく別のもので、怖がるというのはいたずらに恐怖や不安を膨らませ、不確かな情報に振り回されてしまう、現実に悪い効果をもたらしてしまうものです。
知り合いの人にその人の地区の水道はどうかたずねたら「僕は放射能をお化けのようなものだと思っている。だから怖くない。ノーガード戦法でいきます」と返事が来ました。
大事なのは彼のいっている内容ではなくこうしたスタンスですよね。
「放射能は危ない!今すぐ東京から逃げろ!日本から離れろ!」と騒ぐ人もいました。そういう人は本人の恐怖や不安を回りに撒き散らし、周りの人にもそうした不安や恐怖も伝染します。
でも「怖くない」「怖いけど・・・・なのだから大丈夫、怖がる必要ない」と説得的に語れる人の話しを聞くと、不思議なことにそうした落ち着きもまた伝染します。
私の地元は山形で東京よりもだいぶ福島に近いのですが、山形の人は「山があるから大丈夫」と妙な自信を持っています。よくよく考えるとそれもどうかという話ではあるのですが、それでもそうした落ち着きや自信(?)はいたずらな不安を掻き立てない碇の役割を果たしているのではないか、とも。
また知り合いのリトアニア人の科学者がメールをくれ、こんなことを言ってました。
「このことが君たち日本人の不安を和らげられるかわからないけど、僕は昔チェルノブイリのクリーンアップ作業に参加したよ。妻もその時妊娠してたけど、僕も妻もなんともないよ」と。
海外メディアの多くはいたずらに不安や恐怖をあおるだけのものだっただけに、こういう言葉はまたもう一つの碇となってくれました。
さて、こんな時期ですから皆さんもたくさん不安を抱えてしまうと思います。でも何か一つ自分なりの碇を見つけて、しっかりと現実に足をつけておくようにしてください。そしてこれは編入でも一緒なのですよ。不安は勝手に暴走します。自分を現実から引き離してしまいます。でも自分を現実に留めておく碇があれば、不安を抱えながらもその不安で心を折ることもなく、しっかり勉強を続けることができるのです。しかも受験の時は不思議とその勉強をするという行為それ自体が碇となったりします。何だ、結局は勉強しろと言うことか。
と今回は多少ばかり説教くさい雰囲気になってしまいましたが、本来すべきであった話はここからです。
中ゼミのHPにもお知らせが載っていると思いますが、今回の震災を受け、中ゼミでは授業開始を1週間ほど遅らせることにしました。その代わり入学された方向けに当初社会学系の授業をする予定だった時間をつかってガイダンスや社会学早わかり講座、合格者との座談会などを計画しております。ですから皆さん安心して入学してくださいね。このあたりの詳細は決定し次第ここでもアップしていきますので、チェックして下さいね。

少子化から。

少子化から。

とうとう先行きへの不安から、
福島の農家の方が自殺するという事態にまでなりました。原発事故。
実家が農家である私には他人事とは思えない辛い話です。
実際に命を絶たずとも、それに近い思いで、
ギリギリのラインで生きている人々は少なくないでしょう。
避けられない天災だけがこれの原因だという人は、
もはやいないのではないでしょうか。
遺族の悲しみや怒りはいったいどこへ向ければいいのでしょうか?
さて、話題は変わります。
社会学のみならず、
現代社会を舞台とする学問で触れられるテーマの一つに、
「少子化」があります。
その少子化が都市における防災という側面で思わぬ影響を与えています。
少子化が進めば、当然必要な学校の数も減ります。
その結果、学校の統廃合が進み、
最終的に小学校の数が大幅に減少することになります。
広い敷地などを確保するのが難しい都市部では、
これまで小学校が主な緊急避難場所でした。
それが減少したということは、
安全に短時間で避難できる場所を失った人がいるということになります。
当然、統廃合の際にそんなことは考慮されないままですから、
今回の震災に遭って初めてそれを認識したわけです。
少子化と防災。一見次元の違う問題に思えますが、
こんなところでつながっています。
NS

自分はどこに。

自分はどこに。

新年度学生が徐々に入学しています。
やりたいこと、志望動機、これまでの経歴・・・
さまざまな方がいらっしゃいます。
大半の人が質問するのが
「自分のやりたいことはどの学問分野なのか?」
ということです。
中ゼミには理系や看護をはじめ、
法学・経済学・人文学・社会学・経営学・国際学など、
様々な分野があります。
自分がそのどこに入るのか初めのうちは分からないのは無理もありません。
なぜなら、学問領域とはそもそも明確に分けることのできないものだからです。
扱うテーマは同じでも、
切り口や角度が変わることで導かれる方向性と結果は変わってきます。
また、ひとつの領域に絞ったとしても、
その領域だけの手法や思考だけで研究することは難しいです。
編入を考えてまだ、行動していない人の中にも、
まだはっきりやりたいことが決まっていないから相談できない、と
踏み出せない人もいるかもしれません。
そんなとき、中ゼミでは一緒に可能性を探っていきます。
人と話すことによって、見えてくるものもあります。
是非お気軽にお問い合わせください。
NS

風評被害。

風評被害。

放射能という目に見えない脅威が次第に影響を強くしています。
日本国内はもちろん、海外まで。
中国ではネット上(たぶん)で放射能に関する「デマ」を流したとして、
当局が拘束という手段を取る事態にまでなりました。
いやはや、中国!
ところで「デマ」は似たような意味で「風評」とも言い換えられます。
そして「風評」は「被害」と合わさって、
「風評被害」という四字熟語で使われることが多いようです。
この「風評被害」、実は社会の情報化と密接なかかわりがあります。
もちろんどんな規模であれ、地域社会があって言語があれば、
「噂」は流れますし、それによる影響も少なからずあるでしょう。
けれどその規模が様々な境を越え、拡大し「被害」にまでなるには、
やはりテレビやネットなどが大きな役割を果たすことになるのです。
情報の真偽を判断する術を持たない人々が、
簡単に影響力の強い情報にアクセスできるために、
単に範囲の拡大だけでは済まない問題を生むことになります。
これを防ぐためには情報の送り手と受け手との間に、
しっかりとした信頼関係があることが欠かせないわけですが、
今のところそれは期待できないでしょう。
それこそが情報化社会の特徴のひとつでもあるわけですから。
何気なく触れる日常的なものについて流されるあらゆる情報。
範囲が広がることで、小さな一滴が及ぼす波紋はどんどん大きくなります。
私たち一人一人が選ぶ行動が誰かの人生を狂わせるかもしれません。
けれど、誰だって自分や自分の大切なものを守りたい気持ちはあるわけで、
それを責めたり否定することはできません。
「デマ」や「風評」にどう対処するか。
人任せにせず、自分自身で情報を集め、考える力が問われる時代です。
NS

電気。

電気。

昨日は春分の日でした。
夜が優勢だった時期が終わり、
これからは少しずつ昼が長くなっていくことになります。
被災地のことを思えば、春の訪れは切実なものでしょう。
節電で寒かったり暗いのが当たり前の日々が長引くにつれて、
どれだけ無駄な電気や明かりを私たちが使っていたかを思い知らされます。
一方で、医療機器などを中心に、
電気の安定供給の重要性も改めて認識しました。
だからこそこの事態は、
単に東京電力の不手際だけで終わらせてはいけない気がします。
人々に欠かせないものを支えている場所が
別の人々の生活を追いつめるのはやはりおかしい。
「想定外」「予想以上」という言葉で済まされてはいけない問題が、
次から次へと浮上してきています。
責任は、もちろん問われるべきで、決して表面的なものであってはいけません。
糾弾や批判という派手な衣装で、
根本的な問題が覆い隠されてしまわぬよう、
しっかり目を開いて社会を見つめていきたいものです。
NS