月別アーカイブ: 1月 2011

チームワーク

チームワーク

しゃ…写メールが
…かわいく撮れたぞ
…いい感じ
…ガッキー風かな?
…暗い青春
どうも、ベッケンバウアーです。
今日は松木さんとセルジオさんに編入試験についてうかがいましょう。
実況「編入試験はいかがですか?」
松木「最高だね。人生変えるチャンスだからね。絶対チャンスをモノにしてほしいね!」
セルジオ「ただね、編入も甘くないですよ。しっかり対策しないと足元すくわれますよ。」
松木「いやぁ、ぐいぐい行って欲しいね!」
セルジオ「当然ですね。気持ちが重要ですね。」
と書き始めてみたものの、いまいちですね。
アジアカップの勝因の一つがチームワークでした。今年の社会学の中ゼミ生を見ていて感じたのも「チームワーク」の大切さでした。今年は例年以上に、受験生どうしが結束し助け合っている印象を受けました。先週も、すでに合格が決まった学生たちが、まだ受験を控えている学生たちの応援のために中ゼミにかけつけてくれました。
編入試験は一般入試と比べると、モチベーションの維持が難しいものです。まわりの友人たちは遊んでいるし、マニュアルも少ないため、途中で「もういっか…」となることが多いのです。
予備校は単に知識を習得する以上の場所だと思います。モチベーションの維持という意味でも予備校の存在は非常に大きいです。もちろん合格は個々人の努力の賜物ですが、今年の社会学編入ではチームワークがそれを後押ししてくれたように思いました。
松木「なんとかなるだろう!」
セルジオ「信じましょうよ」

デンマーク。

デンマーク。

というわけで、学生の皆さんは今頃早稲田で闘ってますね!!
日本もアジアカップを見事制しました。
良い波には関係なかろうと興味なかろうと是非乗っていきましょう(笑)。
何はともあれ、これまでの努力が実りますように!!!
昨年リベルタ出版から出た、
鈴木優美著『デンマークの光と影 福祉社会とネオリベラリズム』が気になってます。
デンマークといえばスウェーデンと並ぶ「完璧な福祉国家」のイメージがあるのではないでしょうか。
この本にはそれだけではないスウェーデンの最近の姿が、
在住している者ならではのあたたかいけれど厳しい視点で描かれています。
タイトルからも分かるように、
デンマークにも新自由主義の波は押し寄せていて、
国際標準化され数値化された基準の下、
成果主義が貫かれた結果、
格差社会となりつつあります。
また、医療面においても、
「医療費無料」の影にあるのは非常に興味深い現実でした。
「国民の健康は国の責任」をうたうデンマークの現状は、
格差社会と言われて久しい日本について、改めて考える上でも必読の書です。
もちろん、面白さという点でもお勧めします。
それにしても、
一歳年上なだけの彼女。
同世代としてかなり尊敬します。
NS

名言

名言

こんにちは。小皇帝バラックです。
先日の日韓戦は白熱でしたね。ドイツファンの自分も思わず手に汗握りました。
何せ韓国チームの中にどうみても井手らっきょさんが!
気のせいですか。気のせいですね。
ちなみに自分の中の永遠の名選手はカール・ハインツ・シュナイダー選手です。
彼が日本戦で発した
「サッカーは、強いものが勝つんじゃない。勝ったものが強いんだ!」
は名言です。間違いない。
あれ、しかもこれ編入にも活用できそう
「編入は、すごい人が受かるんじゃない、受かった人がすごいんだ!」
かっこいい。言ってみたいですね。でも自分でいうのは恥ずかしいから
友達同士でお互い言い合ってみてください。
ちなみに自分がもっともよくつぶやくのは
「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄~ッ」

「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ」
うーん二律背反。
そんなわけでインフルエンザがはやっています。無駄かもしれないなんて思わず
にげないでマスク・うがい・手荒いをしてくださいね
さて恒例の編入あいうえお作文
へん・・・変身願望
に・・・にじみ出る私の
ゆ・・・行く末は
う・・・ウルトラCの早稲田社学
明日は早稲田社学の入試です。みなさんの検討をお祈りしています!

最小不幸社会?

最小不幸社会?

だいぶ前の話になりますが、
菅首相が言っていたセリフをふと思い出しました。
「最小不幸社会」
はじめ聞いた時には、
ベンサムの「最大多数の最大幸福」から考えたのかな、
不幸が最小になるのならまあ、いいか、ぐらいに思っていました。
しかし。
よくよく考えてみる何とも志の低い言葉です。
不幸、無くさないんだ。
存在することは甘んじて受入れて、
それを最小限に留めるだけなんだ。
幸福を高らかにうたうことがあまりに理想主義であり、
それからしたら不幸を最小限に留めるほうが、
現実的だと考えたのかもしれません。百歩譲って。
ですがその不幸の中身が今度は問題になってきます。
その不幸が「平等」かどうか。
些か矛盾のにおいがする表現ですが、
常に不幸を背負う人や職業や地域や年齢が決まっていて、
それ以外の人々はそれを見て最小限の不幸であると考える。
それはやはりおかしい。
宮崎での鳥インフルエンザ。新燃岳の噴火。日本海側の大雪。
自然と関わりながら地道に行ってきた努力の結果が、
どうしようもない災害によってあっという間に失われてしまう。
仕方の無いことではありますが、その後にどれだけの補償ができるのか。
救いの無い状況に憤りと、もどかしさを感じながら、
上のようなことを考えました。
本当に、大変です。
日本列島。
東京にいるとその辺鈍感になってしまいがちですが、いやあ、本当に。
NS

盛り上がり。

盛り上がり。

ブログが盛り上がってます!
では、私もあいうえお作文を・・・
とできればいいのですが、
とても自信が無いのでいつもの調子で書いてしまいます。
許してください
大学新卒者の就職率の低さが、今年もニュースになっています。
このこと自体は社会的な問題として、テーマにもなり得ますが、
それと同時に最近気になるのが、内定者の事前「研修」です。
大変な思いをして内定をとった喜びもつかの間、
卒論や修論もそこそこに、
ほとんど無給の状態で朝から晩まで研修をすることも少なくないようです。
もちろん、これから働く職場について知ること、
本格的な社会人になる前にある程度仕事の流れを把握することは、
意味のあることではありますが、
場合によってはそれが「もう一つの最終試験」になることがあるのが問題なのです。
内定という言葉のもともとの意味からすれば、
それが取り消される可能性はあって当然です。
ですが「即戦力」を求めるあまり、
本来であれば企業が担うべき「新入社員への教育」という責任が果たされていないことが
この問題の根本的な原因であることを見逃してはいけません。
早まる就職活動のために学問の追究が犠牲になるのであれば、
せめて企業がそれぞれの将来についてもっと重く考えて欲しい。
そう思うのはもはや時代遅れなのでしょうか。
より理想的な自分に近づける職業に就くために、編入を考える人もいるでしょう。
編入したその先にある道が少しでも充実したものになる日を願って止みません。
NS