カテゴリー別アーカイブ: 社会学について

フィクションで楽しむ社会学

フィクションで楽しむ社会学

 

コロナ対応で外出を控える方も多いと思います。

 

編入する、しないは別にして、

せっかくできたこの時間を、おもしろい本やDVDで

有意義に過ごしてみませんか?

 

例えば、社会学の知識が随所にちりばめられた

伊藤計劃の『虐殺器官』は、一気読み必至です。

虐殺器官は、予言の自己成就の呪い版といえそうです。

 

芥川賞を受賞した『コンビニ人間』は、

「ふつう」ってなんだろう?と思うようになる一冊です。

まわりから「ふつうじゃない」と思われている主人公に

深く深く共感できれば、

社会学の素質ありですよ。

 

さいごに、

DVDで観られるアニメ『サイコパス』シリーズも、

おすすめです!

人間の犯罪係数を測定し、数値が高ければ潜在犯として制裁される社会。

機械がデータをもとに判断しているとしても、

人間の手がまったく入らないわけではないですよね。

犯罪と犯罪でないものを分ける境界線は、

実は、現代社会においても「逸脱とはなにか」を決めるものさしと

通じるものがありますよね。

 

この週末、社会学的なフィクションの世界で楽しんでみませんか?^^/

 

B級観光地が流行っているようです

B級観光地が流行っているようです

 

3月21日の日経新聞の記事によれば、

B級観光地が、ゆるく人気なのだそうです。

 

零細で、手作り感満載なところも、

そのアナログさがおもしろかったり、

新鮮だったりしますよね。

 

ちくわ笛で有名な住宅さんが館長を務める

倉敷市の桃太郎のからくり博物館も、

そんなゆる~い博物館です。

 

こんなふうに、

ブームになりそうな事象や、

ブームになっていることを研究できるのが

社会学のおもしろいところです。

新聞やテレビで気になった話題は、

覚えておくと志望理由書のテーマに使えるかもしれませんよ^^/

 

フェアトレードチョコも研究できます

フェアトレードチョコも研究できます

 

今日の日経新聞で、

今、世界では、フェアトレードチョコレートで、

人権を守ることへの関心が高まっているという記事を読みました。

オランダのトニーズ・チョコロンリーは、

カカオ生産者が搾取されることがないよう、

児童労働をなくせるよう、

フェアな取引によって、

カカオ生産に携わる人々の人権を守る活動をしています。

 

今年は、デパートでもフェアトレードチョコが取り扱われるなど、

値段や見た目、ブランドだけでなく、

その食べ物がどう作られているかまで

思いを寄せる人たちが増えているようです。

 

こうしたフェアトレードチョコの研究も、

社会学を勉強すればできますよ!

 

チョコっと関心をもったら、

ぜひ、こちらの中央ゼミナールでの

3月15日の進学ナビに足を運んでみてください。

詳細はこちら→ http://www.chuo-seminar.ac.jp/guidance/navi/

あなたの人生も変わるかも!

もうすぐデビュー・Snow Manの佐久間くんは社会学系で、阿部くんは上智出身。

もうすぐデビュー・Snow Manの佐久間くんは社会学系で、阿部くんは上智出身。

Snow Man
佐久間大介 城西国際大学メディア学部
阿部亮平  上智大学大学院理工学研究科

上智大学の編入学は今年は12月1日にありましたが、

神学部だけは2月にも二次募集がありますよ。

今なら、Sexy Zoneのマリウス葉くんも通っていますね!

さぁ、上智を受ける人はラストスパートだ!

 

佐久間くんが卒業した城西国際大学メディア学部は、

元KAT-TUNの田中聖くんも通っていましたね。

石原裕次郎さんは慶應ボーイ。

石原裕次郎さんは慶應ボーイ。

石原裕次郎さんは、

慶應義塾大学法学部政治学科のご出身です。

湘南の逗子から埼玉の慶應志木高校を経て、

法学部です。

湘南ボーイ、慶應ボーイはかっこいい

というイメージに決定的な影響を与えましたよね。

このように、メディアが形成する地域などのイメージについて研究できるのが社会学ですよ。