カテゴリー別アーカイブ: 社会学について

石原裕次郎さんは慶應ボーイ。

石原裕次郎さんは慶應ボーイ。

石原裕次郎さんは、

慶應義塾大学法学部政治学科のご出身です。

湘南の逗子から埼玉の慶應志木高校を経て、

法学部です。

湘南ボーイ、慶應ボーイはかっこいい

というイメージに決定的な影響を与えましたよね。

このように、メディアが形成する地域などのイメージについて研究できるのが社会学ですよ。

社会学でも芸術の研究ができますよ。

社会学でも芸術の研究ができますよ。

芸術の研究は、美学、美術史などだと思っている人も少なくないと思いますが、

社会学でも芸術の分析はできますからね。

映画の内容の分析であるとか、

文化施設の運営であるとか、

アートイベントによるまちおこしであるとか、

芸術によるエンパワーメントなど

切り口は無限にありますよ。

社会学は守備範囲が広いので、

好奇心が旺盛な人に合っている分野ですよ。

片づけの魔法の「こんまり」さんも社会学専攻で、卒業論文のテーマも片づけだったそうですよ。

片づけの魔法の「こんまり」さんも社会学専攻で、卒業論文のテーマも片づけだったそうですよ。

近藤麻理恵さん(通称こんまりさん)は、

東京女子大学で社会学を専攻なさり、

卒業論文でも片づけについて書いて、

会社員を経て、片づけコンサルタントになり、

日本でブレークし、今は海外でも大ブレークなさっています。

社会学は、ライフスタイル関係も

なんでも題材にできる楽しくてためになる学問ですよ!

お気軽にご相談くださいね。

東京女子大学などの女子大の伝統校は、

若者にはやや人気がなくなって来ていますが、

企業の評価、社会的評価は高いため、

かなりおいしい穴場だと思いますよ!

中央ゼミナールは女子大対策にも強い予備校ですよ。

今日は国連が決めた国際女性デー。

今日は国連が決めた国際女性デー。

今日の3月8日は、

国連が国際女性デーと定めています。

女性の歴史、

女性の生き方、

女性の人権の抑圧からの解放など

について考えてみたい人は、

編入で社会学部に行って、ジェンダー論を学ぶというはどうでしょうか?

編入社会学論文の五回目は、アメリカの社会学者デビッド・リースマンの『孤独な群衆』など。

編入社会学論文の五回目は、アメリカの社会学者デビッド・リースマンの『孤独な群衆』など。

編入社会学論文の五回目は、

アメリカの社会学者デビッド・リースマンの

『孤独な群衆』などを学びました。

それによって、流行現象、政治とメディア、

いじめ、ダイエット、などについて書けるようになりましたよね。

毎週、編入試験で頻出の問題を解けるようになっています。

復習をしっかりとやって、どんどん合格に近づいて行きましょう!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

高円寺の昭和レトロな超有名喫茶店『七つ森』。

高円寺の昭和レトロな超有名喫茶店『七つ森』。

RCサクセションのみなさんも通っていたという昭和レトロな名店が高円寺にありますよ。

予備校での勉強に疲れた時に、物思いにふけるいい場所ですよ。

いいカフェという都市ならではの文化装置の研究も大学では行われていますよ。

[小林章夫]のコーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史 (講談社学術文庫)

カフェの研究で大学、大学院に進学した

中央ゼミナール生は10人ぐらいはおりますよ!

カフェマニアはカフェの研究で編入するのもいいと思いますよ。

カフェ研究は社会学の研究テーマの定番の一つですよ。

ジャニーズWESTの中間淳太くんの指導教授の最新刊。『広告で社会学』

ジャニーズWESTの中間淳太くんの指導教授の最新刊。『広告で社会学』

広告の分析も社会学が得意とするところです。

メディア論の王道のひとつですね!

メディア論の第一人者でいらっしゃる難波教授の指導受けに、

関西学院大学社会学部に編入するのもいいのでは?

中間淳太くんの先生の代表作であるユースサブカルチャー研究の金字塔。

中間淳太くんの先生の代表作であるユースサブカルチャー研究の金字塔。

若者文化を研究するのは若者らしくていいですよね。

年を取った教授にはなかなかもうできません。

そういう卒業論文を指導すると、

教授も勉強になってうれしがります。

ジャニーズWESTの中間淳太くんの指導教授によるメディア論の名著ガイド。

ジャニーズWESTの中間淳太くんの指導教授によるメディア論の名著ガイド。

1冊で30冊も有名な社会学の本の内容を学べる素晴らしい入門書ですよ!

きっと中間淳太くんも読んだでしょうね!

紫苑ゆうさん(宝塚歌劇団星組元トップスター)のショーでも取り上げられた『パパラギ』のような南の島の伝統文化のようなことを研究する文化人類学の対策も中央ゼミナールではやっていますよ!

紫苑ゆうさん(宝塚歌劇団星組元トップスター)のショーでも取り上げられた『パパラギ』のような南の島の伝統文化のようなことを研究する文化人類学の対策も中央ゼミナールではやっていますよ!

宝塚歌劇団星組の元トップスターの

紫苑ゆうさん

現在は、宝塚音楽学校で演劇の先生(渡辺先生)をなさっておられます。そんな紫苑ゆうさんのショーでも取り上げられたのは

『パパラギ』です。

南の島の酋長の講演録です。

こういう世界の多様な文化(日本国内でもOK)を

フィールドワークによって研究する

文化人類学系の編入対策も中央ゼミナールではやっていますよ!

お茶の水女子大学文教育学部の社会学専攻には、新しく文化人類学の先生がスタッフに加わりましたが、その先生のご専門が南の島の文化人類学です。お茶の水の文教育学部の社会学専攻の教授は3人でいらっしゃいましたが、昨年より文化人類学の先生が加わり4人の教授になったのでした。

紫苑ゆうさんの相手役だった白城あやかさんは、タレントの中山秀征さんの奥さまです。

 

もちろん、社会学では宝塚歌劇の研究もできますよ!

紫苑ゆうさんは、

兵庫県立御影高校から

宝塚音楽学校に入った秀才

でいらっしゃり、

宝塚歌劇団を退団後には、

社会福祉のお仕事を経て、

宝塚音楽学校の講師に就任なさいました。

社会福祉の研究も、宝塚の研究も、社会学ではできますよ!

紫苑ゆうのライフヒストリー研究だって社会学ではできますよ!(中央ゼミナールには紫苑ゆうについて詳しい講師もおりますし。)

紫苑ゆうさんは、『パパラギ』の上演前の稽古中に、

アキレス腱を断絶してしまい、

兵庫県宝塚市の宝塚大劇場の公演は

休演となってしまいましたが、

リハビリに取り組まれて、

東京日比谷の東京宝塚劇場の講演は無事にお勤めになられました。

紫苑ゆうさん(シメさん)のがんばりを見習って、みんなも編入の勉強をがんばろう!

そういえば、昨年の中央ゼミナールには、紫苑ゆうさんを二番手として支えた麻路さきさんとお母さんが友達という人が2人おり、おふたりは慶應と法政の大学院に合格なさいました。余談ですが。