カテゴリー別アーカイブ: 中央ゼミナールの授業内容紹介

『明治大2年次編入論文(社会科学系)Ⅱ』が冬期講習であります。

『明治大2年次編入論文(社会科学系)Ⅱ』が冬期講習であります。

2年次編入の難関、明治大学の専門論文試験に対応できる力をつけることを目標とした講座です。論文構成についての基礎を確認したうえで、社会科学的視点についての土台作りを中心に進めます。Ⅱでは過去問題演習を中心に実践的な力を身につけていく予定です。主に情報コミュニケーション学部や文学部心理社会学科志望者を対象としますが、難関2年次編入レベルの論文対策を希望する学生や、志望に関わらず論文を書く回数を重ねたい学生も受講可能です。またⅡでは、希望に応じて情報コミュニーケション学部で課されるプレゼンーテションについて、対策を行う場合があります。なお、文学部文芸メディア志望者はご相談ください。

2月の冬期講習『明治大英語直前対策』あります。

2月の冬期講習『明治大英語直前対策』あります。

この講座は、明治大学の編入試験の過去問題を教材として、最初は皆さんに答案作成していただき、狩猟後に解説するプレテスト形式で実施します。単語・熟語や文法事項、構文の取り方、訳出の仕方、文脈の読み方まで説明しますので、明治大学各学部を受験される方には、模試感覚で受講できる最適な講座です。

明治大英語対策テスト演習、明治大英語直前対策

明治大英語対策テスト演習、明治大英語直前対策

この講座は、明治大学の編入試験の過去問題を教材として、最初は皆さんに答案作成していただき、狩猟後に解説するプレテスト形式で実施します。単語・熟語や文法事項、構文の取り方、訳出の仕方、文脈の読み方まで説明しますので、明治大学各学部を受験される方には、もし感覚で受講できる最適な講座です。

明治大2年次編入論文(社会科学系)Ⅰ、12月14日から日曜日13時30分から16時20分。

明治大2年次編入論文(社会科学系)Ⅰ、12月14日から日曜日13時30分から16時20分。

2年次編入の難関、明治大学の専門論文試験に対応できる力をつけることを目標とした講座です。論文構成についての基礎を確認したうえで、社会科学的視点についての土台作りを中心に進めます。Ⅱでは過去問題演習を中心に実践的な力を身につけていく予定です。主に情報コミュニケーション学部や文学部心理社会学科志望者を対象としますが、難関2年次編入レベルの論文対策を希望する学生や、志望に関わらず論文を書く回数を重ねたい学生も受講可能です。またⅡでは、希望に応じて情報コミュニーケション学部で課されるプレゼンーテションについて、対策を行う場合があります。なお、文学部文芸メディア志望者はご相談ください。

「大学・大学院別対策論文(社会学・学際系)」Ⅰ、12月19、26日、1月9、16日木曜日18時30分から20時10分

「大学・大学院別対策論文(社会学・学際系)」Ⅰ、12月19、26日、1月9、16日木曜日18時30分から20時10分

この講座では、社会学、文化人類学といった単一の学問のアプローチで研究する大学・大学院と、学際系(要素還元論のアプローチではなく、幅広く学ぶ分野斬新的なアプローチ)の大学編入および大学院入試(東大、京大、慶應、上智、明治、立教、法政など)の論文対策を行います。

社会学とは社会の見えない楮を明らかにする学問です。さまざまな理論をフィルターとして、社会の見えない構造を可視化するような答案を省エネで書けるようにして、人気校、有名校への合格を引き出すことを目的としています。

皆さんがやるべきことは、①段落構成のマスター、②学際ネタのストック、③応用力の構成の3つです。

しっかりした段落構成で話がつたわるようにしつつ、採点官に勉強している人だと思ってもらえるような学際ネタを盛り込んで考慮する練習をします。そして、さまざまな過去問題を解けるように応用力を養います。

受験は要領と気合です。

冬期講習のパンフレットできてます。

冬期講習のパンフレットできてます。

2019年度の

中央ゼミナールの

冬期講習のパンフレットができております。

お気軽にご請求ください。

入学相談もお気軽にどうぞ。

 

毎週水曜日の2学期は、「後期スタート!社会学論文」という0から学ぶ授業も始まりますよ。毎週水曜日の19時20分から21時00分までです。授業内容は以下の通りです。

毎週水曜日の2学期は、「後期スタート!社会学論文」という0から学ぶ授業も始まりますよ。毎週水曜日の19時20分から21時00分までです。授業内容は以下の通りです。

社会学とは、社会の見えない構造を解き明かす学問です。政治学ならば政治現象だけを扱い、経済学は経済現象だけを扱いますが、社会学は、政治も経済も近代化、福祉、格差、貧困、子育て、ボランティアのようなものから、アイドル、アニメ、マンガ、ゲーム、映画、ドラマ、宝塚、歌舞伎といったものから、プロレス、バスケ、サッカー、そして、結婚、恋愛、お見合い、宗教、占い、スピリチュアルなどなんでも研究対象にできる学問で、好奇心が旺盛な人に向いています。社会学者のウェーバー、デュルケム、テンニース、ブルデューといった人たちの理論を通して、社会の見えない構造を読み解いている答案を書けるようにする訓練を効率よくやっていきます。段落構成をマスターし、キーワードをストックし、様々な出題に対処できる応用力を養成していきます。

1学期も折り返し地点、後半の授業が始まりました

1学期も折り返し地点、後半の授業が始まりました

中ゼミでは、1学期に12回の授業が行われます。

今週はいよいよ7回目に突入。

今学期の授業も、あと半分となりました。

今なら、入学金減額や免除の特典がありますよ!

しかも、夏期講習から始める方よりもスタートダッシュできます。

ぜひ一度、ご相談にいらしてくださいね。

前回の「編入社会学論文」の授業内容。

前回の「編入社会学論文」の授業内容。

前回は、

フランスの思想家の

フランソワ・リオタールの

『ポストモダンの条件』の

大きな物語の喪失、ポストモダンなどを学びました。

そして、

ニート、フリーター問題

若者の政治的無関心

などいろいろな過去問題を解けるようにしました。

みんなこつこつ復習だよ。

中央ゼミナールプレ学期。講座番号623 社会学・学際系論文の書き方 3月2日から土曜日14時35分から16時25分、全六回。

中央ゼミナールプレ学期。講座番号623 社会学・学際系論文の書き方 3月2日から土曜日14時35分から16時25分、全六回。

社会学・学際分野の答案作成では、社会の見えない構造を、理論を使って可視化することが評価につながります。 そのためには、社会学および文化人類学、政治経済、思想など隣接分野の理論の習得と、現代日本と海外におけるさまざまな出来事の把握、そしてそれらを論文として構成していく力および応用力が必要です。論文はこう書くのかという感覚をつかんでいただければと思います。 今週末からスタートです。1学期からの学習の先取りができます。 スタートダッシュしませんか?