カテゴリー別アーカイブ: 合格状況

うれしい合格報告!

うれしい合格報告!

編入試験のピークは10~12月。

ということは、発表ピークは10月下旬~12月中旬で、

先週、今週と、次々と合格の報告が寄せられてます。

ほんとうにおつかれさまでした!

 

そして、まだまだチャレンジが続く人もいます。

多くの人が希望する明治大学情報コミュニケーション学部だけでなく、

日本大学国際関係学部、

公立の名桜大学国際学群など、

年明けも編入受験は続きますよ。

いつでもご相談を受けつけておりますので、

今年度のラストチャンスに賭けてみませんか?

 

 

早稲田の一般入試の合格者は2年間で3444人減少。

早稲田の一般入試の合格者は2年間で3444人減少。

早稲田大学の一般入試の合格者は、

’16年~’18年の2年間で3444人も減少したそうです。

文部科学省による大規模大学は定員を厳守しないと

補助金カットという政策の影響です。

ほんらいだったら、早稲田に行けた人がMARCHにながれ、

MARCHに行けたはずの人が日東駒専に流れるといったように、

悔いの残る結果になる人が増えてしまいそうです。

納得がいかない人は、

ワンランク、

ツーランク上にステップアップする

編入試験を受けるのはいかがですか?

法政2年次合格の声も届き始めました。

法政2年次合格の声も届き始めました。

編入試験の人気大学の法政の2年次編入の合格の声が届き始めました。

2年次編入は、法政、明治、同志社などが人気を集めます。

その法政の合格の声はうれしいものです。

2年次編入のご相談もお気軽にどうぞ。

偏差値が低いところに落ちて、偏差値が上のところに受かることがあるのも大学編入試験です。

偏差値が低いところに落ちて、偏差値が上のところに受かることがあるのも大学編入試験です。

大学入試の偏差値と、

編入試験の難易度は、

ある程度比例しますが、

必ずしも比例しません。

 

難易度が高いところには受かったものの、

一般受験ではそこよりもかなり低いところに落ちることもあります。

 

編入試験は、合格枠が極めて小さいところと、大きめのところがありますので、

一般受験の偏差値の上下とは全然違う難易度になるケースもあります。

 

編入試験は特殊な試験ですので、

多目に併願しておいた方がいいですよ。

中央ゼミナール 編入社会学系コースから、上智大学合格者が今年も複数名出始めました。

中央ゼミナール 編入社会学系コースから、上智大学合格者が今年も複数名出始めました。

上智大学の編入試験の試験結果が判明し始めましたが、

中央ゼミナールの編入社会学系コースからは、

今年も上智の合格者が出始めました。

当コースでは、社会学科、新聞学科、神学科などを

ターゲットにしております。

今のところ、神学科の合格者が複数名判明しています。

今後も合格の報告がありそうです。