炎のストッパー・元広島カープの故津田恒実投手の息子さんも大学編入経験者。

炎のストッパー・元広島カープの故津田恒実投手の息子さんも大学編入経験者。

炎のストッパー津田恒実投手の息子さんの津田大毅さんは、

お父さんの記念館の設立に向けてがんばっているそうです。

 

津田大毅さんも大学編入の経験者でいらっしゃいます。

最初は別の大学に通っておられましたが、

お父様が現役時代にお世話になった古葉竹識監督が、

東京国際大学野球部の監督に就任したため、

古葉監督の指導を受けるために、

東京国際大学に編入学なさいました。

指導を受けた人を求めて、大学編入をするというのもすばらしいですね。

 

津田投手の座右の銘は、

「弱気は最大の敵」でした。

受験の励みになる言葉ですね。

国語力のアップと、哲学思想の知識を得られる一石二鳥の3冊。『14歳からの哲学』(池田晶子)、『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(原田まりる)、『人生を危険にさらせ!』(須藤凛々花)。

国語力のアップと、哲学思想の知識を得られる一石二鳥の3冊。『14歳からの哲学』(池田晶子)、『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(原田まりる)、『人生を危険にさらせ!』(須藤凛々花)。

『14歳からの哲学』(池田晶子)、

『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(原田まりる)、

『人生を危険にさらせ!』(須藤凛々花)、

の3冊は中央ゼミナールの社会学の掲示板(壁新聞)にも貼っておきましたが、とても読みやすくてたのしく学べるいい本ですよ。

 

『14歳からの哲学』は、あのビリギャルが国語力をつけるために最初に読んだ本としてよく知られています。

 

『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(原田まりる)、

[原田 まりる]のニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

 

は、男装アイドルグループの「風男塾」の元メンバーの元アイドルによる哲学書です。

哲学好きな原田さんの視点で、わかりやすく哲学のことが説明されています。

また、『人生を危険にさらせ!』(須藤凛々花)

は、先日のAKB48グループの総選挙で話題になった須藤さん(NMB48、おそらくもうすぐ元NMB48に)と学者による対談形式で哲学について学べる本になっています。

あまりにも難しい内容の哲学書を読んでも、とても読むのが時間がかかりますし、

なかなか理解できないことが多いですし、入試までに理解できるかわかりませんが、

これらの本は、比較的すいすい読めますので、国語力がつきますし、

分かりやすく書いてあるため論文に使える哲学・思想の知識も身につけることができます。

そのため、編入社会学の試験対策にもなりますよ。

社会学は、多くの学問分野とリンクしており、哲学、社会心理学、文化人類学などもある程度知っておくに越したことはありません。

もちろん、編入社会学の授業でも、隣接分野は取り上げて行きます。

6月25日(日)10時30分から編入社会学の夏期講習の履修説明会を行います。

6月25日(日)10時30分から編入社会学の夏期講習の履修説明会を行います。

6月25日(日)10時30分から

編入社会学の夏期講習の履修説明会を行います。

夏期講習の勉強方法、夏期講習の履修方法など、夏の過ごし方に向けての話があります。

出席は必須ではありませんが、参加するとためになることがいろいろあると思います。

模試出席できなった人は、指導スタッフに個別に夏の履修などについて相談してください。

 

 

 

 

中央ゼミナールでは神学部、仏教学部、神道文化学部などの編入対策もやっています。

中央ゼミナールでは神学部、仏教学部、神道文化学部などの編入対策もやっています。

上智大学神学部

同志社大学神学部

駒澤大学仏教学部

國學院大學神道文化学部などへの編入学をお考え他の方々のための編入対策を

中央ゼミナールでは行っています。

宗教の学部だからといって、信仰を強要されるわけではありませんからね。

宗教の勉強ばかりではなく、文化、歴史、思想、教育、福祉、社会など

幅広く学べますからね。

「インパルス」の堤下敦さんも大卒。

「インパルス」の堤下敦さんも大卒。

最近の芸能人は本当に大卒が多いですが、

「インパルス」の堤下敦さんも大卒です。

ミッションスクールのご出身で、

小泉進次郎衆議院議員

アジアンカンフージェネレーション

常盤貴子さん

松田優作さん

石塚英彦さん

などと関東学院の同窓でいらっしゃいます。

関東学院は100年以上の伝統があるミッションスクールですね。

 

睡眠薬が効きすぎてふらふらしているのを警察に保護されたと報道がありました。

心配です。

お元気になって欲しいですね。

 

義家弘介文科副大臣は明治学院大学のご出身。

義家弘介文科副大臣は明治学院大学のご出身。

ヤンキー先生の義家弘介衆議院議員は、元ヤンキーの高校教師出身ということで有名です。

 

長野の高校から北海道のヤンキーらを受け入れる北海道の高校から、

明治学院大学法学部に進学なさり、教職を取って母校の先生になり、

その後、国会議員になりました。

 

その人生はドラマ化もされており、

嵐の櫻井翔くんがヤンキー先生を演じました。

 

明治学院大学(前身のヘボン塾も含めて)からは、

高橋是清元内閣総理大臣、

セクシーゾーンの中島健人くん、

森田健作千葉県知事、

ジ・アルフィーの3人、

アイドリングの横山ルリカ、

乃木坂の桜井玲香さん、

作家の島崎藤村、

ノーベル賞候補だった香川豊彦、

元AKBの中村麻里子さん、

ジャニーズジュニアの阿部くん、

アートネイチャーの創業者、

大塚食品の社長

など、多くの著名人が輩出されていますね。

 

明治学院大学は、編入学試験が熱心な大学です。

「明るく学べる場所」だとセクシーゾーンの中島健人君は言っていました。

港区の白金(国際学部は横浜市戸塚区)というおしゃれな立地で学ぶのもいいと思います。

 

中央ゼミナールの社会学の勉強をしておくと、

社会学部

国際学部

などを受けることができます。

 

ヘボン式ローマ字を発明したヘボン博士(医者)が作った歴史があるミッションスクールです。

 

ジャイアンツの13連敗が話題になりました。読売新聞の社長は、文学部出身者が多いです。

ジャイアンツの13連敗が話題になりました。読売新聞の社長は、文学部出身者が多いです。

今年のジャイアンツは弱いようですね。高橋監督は頭が痛いでしょうが、読売新聞の首脳も頭が痛いでしょうね。

読売新聞の今の白石社長は京都大学部文学部のご出身で、

内山前社長は日本大学文学部(社会学専攻)でいらっしゃいます。

ナベツネさんは東京大学文学部(哲学科)ですし、

読売新聞は文学部の人がなかかな出世できるようですね。

 

文学部、社会学部系のみんなも、いいところに編入して、がんばりましょう!

小栗旬のモノマネで人気のピン芸人・おばたのお兄さんは、エリート大学卒。

小栗旬のモノマネで人気のピン芸人・おばたのお兄さんは、エリート大学卒。

小栗旬のモノマネで

人気のピン芸人

おばたのお兄さんは、

スポーツ界の超エリート大学である

日本体育大学のご出身なのだそうです。

体育会の東大ですね。

スペシャリストの大学も素晴らしいですね。

スポーツをするのが苦手でも、

社会学には、

スポーツ社会学もありますし、

スポーツの分析も盛んにやっていますので、

趣味のスポーツ鑑賞の研究で

大学に編入するのも楽しいと思いますよ。

今度の土曜日には中央ゼミナール大学編入フェアがあります。

今度の土曜日には中央ゼミナール大学編入フェアがあります。

6月10日(土)には、中央ゼミナールにおて、大学編入フェアという催し物があります。

編入セミナー、個別相談会など企画が目白押しです。

17時過ぎからは、編入社会学コースの分化会があり、社会学の編入の志望理由書の書き方がより詳しく学べます。

 

中央ゼミナールから有名大学に編入した先輩たちの合格体験談もあります。

上智大学神学部合格者

明治大学情報コミュニケーション学部合格者

法政大学キャリアデザイン学部合格者

関西大学社会学部合格者

群馬大学社会情報学部合格者

の来校があります。体験談と座談会がありますので、貴重な生の声を聞くことができます。

お気軽にご参加ください。予約不要、参加無料です。

校内生も校外生の方もお気軽にどうぞ。

人気上昇中の女性お笑いコンビ「はなしょー」も早稲田。

人気上昇中の女性お笑いコンビ「はなしょー」も早稲田。

人気上昇中の女性お笑いコンビ「はなしょー」の

山田さんも早稲田大学のご出身だそうです。

乙女コントが人気ですね。

早稲田出身の女芸人と言えば、ハリセンボンの箕輪さんが思い出されます。

また、オアシズの光浦さん(外語大)と大久保さん(千葉大)は、

学生時代に早稲田大学のお笑いサークルに入っていたそうですね。

 

早稲田大学出身のお笑い芸人には、タモリ、小島よしお、かもめんたる、

平井ケンジ、そのまんま東などとても多いですが、

今後、早稲田出身の女芸人も一大勢力になっていくかもしれないですね。