専門論文をどう対策する?

新年度の編入試験にむけて準備を始める時期になってきましたが、3月8日のTOEICのテストは中止になってしまいましたね(https://www.iibc-global.org/info/administration/urgent_12.html)。目下のところ、新型コロナウイルス感染症が、試験にどのように影響してくるのか気になるところです。

ただ事態の推移に十分注意する必要はありますが、論文試験の重要性は増しこそすれ、減ることはないでしょう。法学政治学系の編入試験では、國學院大學のような英語試験のみの学校もありますが、論文試験が課される場合が多いのはご存知のとおりです。

論文試験では、大きく「知識を説明する力」と「自分の考えを展開する力」が求められます。ただ、すべての大学がこの二つの力を同等に求めているわけではなく、大学によって重視される力は異なってきます。例えば、神戸大学や筑波大学は前者の力がより求められる「知識吐出型」の出題が多いと言えますし、大阪大学や名古屋大学は後者の力を必要とする「自説展開型」の出題がなされます。また、北海道大学では、年度によっては法学特有の「事例問題」が出題されますが、これは知識を説明しつつ、自説を展開する必要のある問題形式です。両者が求められる点は、問題の抽象度が高い京都大学にも共通した傾向です(京都大学と北海道大学が同じ問題と言っているわけではありません)。

これらの試験形式に対応するためには、法学や政治学の知識はもとより、解釈や是非など考え方が分かれること(これを「論点」と言います)については、論拠とともに自分の見解を展開できるようになっておく必要があります。

法学には多くの論点があるので、それを網羅的に勉強するためには莫大な時間と労力が必要となります。しかし、大切なのは、編入試験ではその論点のすべてが出題されるわけではないということです。論文試験攻略のカギは、論点の重要度や出題頻度を考えて、優先順位をつけて勉強していくことです。適切な優先順位で勉強できれば短期間で合格に近づくことは可能でしょう。すべてについて完璧を求めすぎて挫折するのはよくある話です。

当校のような予備校を利用するメリットのひとつは、この優先順位を考えた論文対策ができるということかもしれませんね。何をどのように勉強したらよいか、論文試験に必要な力をどのように身につけるのか、是非ともお気軽にご相談ください。また、来月から法学論文の対策講座も始まります。編入対策を始める手がかりに受講してみてはいかがでしょうか。

ご相談をお待ちしております。

【春の新年度準備講座】

「法学の論点と論文の書き方」(土曜日14:10~16:00)3月7日より全6回