論述試験って何?

こんにちは。法学政治学系スタッフのHHです。

今日は、法学政治学系への編入を考えている方に向けて、編入試験のうち、特に論述試験について、どんな試験なのかお話ししたいと思います。

まず、論述試験とは何かというと、文字通り、問題に対する答えを文章によって採点者に伝える試験です。法学政治学系の編入試験では、一部の例外(金沢大学、埼玉大学、信州大学(2年次)、國學院大學、神奈川大学など)を除いて、多くの大学でこの試験が課されます。

そして、論述する内容としては、ニュースで話題となっている時事的・一般的な事柄や社会科学の全般的な内容、さらには、法学や政治学の専門知識まで多岐にわたります。これは大学によって出題傾向が異なるので、傾向に合わせた対策が必要となります。総じて、難関校とされる大学ほど、法学や政治学の専門知識が必要とされます。試験科目が「小論文」となっていても、専門知識が必要とされる場合があるので、科目名で判断しないことが大切です。

また、論述する文字数は問題によって異なりますが、文字数が指定されているもの、指定のないもの様々です。指定されない問題の場合は、与えられる解答時間で標準的な論述量も異なってきます。しかし、当然ですが、たくさん書けば点数がもらえるわけではありません。問題に「正しく」答えていなければ評価されません。

そして、「正しく」答えるためには2つのことが必要となります。まず、ひとつに、法学や政治学の専門知識を身につけていることです。例えば、3年次編入であれば、編入後は法学部の3年生として勉強していくことになるのですから、憲法や民法総則、刑法総論など、2年生までに勉強する内容は専門知識として身につけておいた方がよいでしょう。もちろん、必要性の濃淡はあるので優先順位を考えた対策が必要となります。

加えて、その知識を適切な日本語で表現できることが求められます。論述試験なので、文章として表現できない限り採点者に伝えることはできないからです。したがって、「表現したいこと」を正確に「表現できる」ようになっておく必要があります。ただ、これは法学政治学系に限ったことではなく、どの分野に編入するとしても必要なことでしょう。

要するに、知識と論述力をいかに高めていくかが論述対策ではカギになるということです。論述練習(答案作成練習)の反復のみが、これらを高めてくれるでしょう。

【春の新年度準備講座】
「TOEFL対策」「TOEICスコアアップ」 2月8日~
「法学の論点と論文の書き方」3月7日~