行きたい大学、行ける大学

こんにちは。法学系スタッフのDMです。

ありふれたお話を1つ(「行きたい大学」と「行ける大学」)。大学受験の際にも見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

行きたい大学とは実力より上だが受験勉強によって目指す大学であり、
行ける大学とは実力程度であって小手先の対策でも突破できる大学。

で、中ゼミで受ける(法政治学系の)入学相談の傾向を大雑把に整理すると

1学期までの入学相談では「行きたい大学」を質問されることが多い。
2学期以降の入学相談でも「行きたい大学」を質問されることが多い。

中ゼミでなくとも一般にはこのようになるでしょう。ですが、その受験傾向からみてどうなるかというと

1学期開講から「行きたい大学」を目指して対策を開始した人→「行きたい大学」中心での受験

夏期講習前後から「行きたい大学」を目指して対策を始めた人→「行ける大学」上~中位で受験

2学期開講から「行きたい大学」を目指して対策を開始した人→「行ける大学」中~下での受験

となります。なお、志望校によってはTOEIC等のスコア提出の壁を越えられず、志望校の変更を余儀なくされる受講生もいることは言うまでもありませんが。

どうせなら「行きたい大学」(人によっては大学受験で敗れた大学かもしれませんね)をキチンと受験したいものですね。

また、前回の記事で入学相談が少ないかもということをお伝えしたわけですけれども、一つ言わなかった点があります。それは入学相談で質問される上記の傾向の変化です。

1学期の入学相談でも「行ける大学」を質問されることが増加していること。

例えば、「(自分は)○○大学法学部(行ける大学)へ合格できますか」という質問。なお、この質問に対して私個人が示している回答は「受験には合格か不合格かしかないから絶対に合格できるとは言えない」です。

そして、私たちにできることは【絶対に不合格になる失敗】を指摘して改善させることと、【ノーミス答案を作成する学力】の修得、合格した後も十分に付いていって卒業できる【対応力】の向上であり、かつ、これらのことは「行きたい大学」でも「行ける大学」でも同じであるということを申し添えさせていただいています。

確かにスタッフの中には合格させればそれで良いと割り切った人も居ましたけれども、個人的にこの考え方は好きではありません。

「行きたい大学」をキチンと受験させてあげたい、合格後はそのレベルに付いていける実力をつけられるようにしてあげておきたいなと(私だけのお節介かも知れませんが)思い、入学相談に臨んでいます。

DM

 

中央ゼミナールの入学相談は、来校・電話いずれも可能です。

中央ゼミナール
【来校】
JR中央線快速・JR中央総武線・東京メトロ東西線「高円寺駅」南口下車徒歩1分
西武新宿線・野方駅、西武池袋線・練馬駅、JR赤羽駅よりいずれもバス停「高円寺駅」下車徒歩1分
【電話】
03-3316-9595
【マップ】
Google Mapアプリで開く