自分の受講科目を今一度、考える

こんにちは、法学系スタッフのDMです。

授業が始まって、第5、6回目を迎えた頃ですね。HH先生が受験スケジュールについて考えてくださったので、私の方は「受講科目」について考えてみたいと思います。

総合生の場合、語学以外の専門科目で4科目受講し、そのうえに「法学部の添削英語」、英語記述式・要約演習、マーチレベル一般入試型演習、日東駒専レベル一般入試型英語演習等の語学科目から個々人の必要に照らして数科目受講しているかと思います。平均…を出してはいませんが、7科目前後を受講されていることでしょう。

端から見ると、大学学部の講義に加えてこれらの科目を受講することは、大変に根気がいだろうと思います。1日中勉強している感覚に襲われている方もおられでしょうし、この授業にはついていけない(やばい!)、あるいは、この授業は自分の志望するレベルと比べて低い(しまった!)等と感じている授業もあるのではないでしょうか。

要するに、学習状況に一抹の不安が生まれてはいませんか?

中央ゼミナールでは、学生とスタッフとの間で「学習状況確認のための面談」を現在、実施しています。積極的に面談の予約を入れて、このような一抹の不安を払しょくし、今後の学習をより確かなものにしていきましょう。

「自分の受講科目を今一度、考える。」これも編入対策を効率良く行なうために適宜自己確認しておくべきことだと思います。