【独学か予備校か?(論文編)】

こんにちは。法学系スタッフのHHです。穏やかな天候が続き、日増しに暖かくなっているような気がします。ただ、花粉症の私は日に日に「顔」が辛くなっていきます。

今回は、編入対策は【独学か予備校か?】というテーマで、特に論文試験対策についてお話ししてみたいと思います。ここは中央ゼミナールのブログなので、予備校を利用した方がいいと言うに決まっているとお思いでしょう…。正解です。その通りです。しかし、それには理由があります。逆に言えば、これからお話しする点がクリアーできれば独学でも対策を立てられると言えるでしょう。

論文試験については、どのような形式でどのような内容が出題されるか学校によって大まかな特徴があります。したがって、論文試験対策の詳細は学校によって若干異なってきます。しかし、出題傾向は急に変わりますし、受験校の幅を広げるためにも、学校別の対策を立てるというよりも、どのような形式や内容で出題されてもそれに答えていけるだけの力が必要だと言えるでしょう。

では、その「力」とはどのようなものでしょうか?多くの学校で問われるのは、法学や政治学(両方の場合が多い)の知識を前提とした問題です。したがって、法学や政治学の分野で前提とされている程度の知識が必要とされます。これをざっくり言ってしまうと「入門書」や「基本書」、つまり標準的教科書のレベルの知識と言えるでしょう。

他方で、論文試験は、その名の通り「論述」することで問題に答えていくことになります。自分の文章を客観的に読むことのできる方は問題ないのかもしれませんが、自分が書いた文章は思っている以上に相手には伝わっていない場合が多いものです。また、それが一定の専門性をもった内容となると、その可能性は高くなります。したがって、問題やその中で示される課題文を読解し、それを文章で答えていくための論述力が必要になります。

このように見ると、論文試験で必要とされる力には、「インプット」して高めるものと、「アウトプット」して高めていくものがあると言えます。この両者を独力で行なえる場合、論文試験対策を独学で行なうことは可能です。つまり、教科書の内容を理解し覚え、それを正確で適切な文章で伝えることを一人で鍛えることができれば独学も可能でしょう。

しかし、実際、一人でこれらを鍛えることは難しいと思います。確かに教科書は一人で読むことができますが、どこを理解し覚えればよいでのでしょうか?また、どのぐらいの深さで理解し覚えることが必要なのでしょうか?また、そもそも理解できているのでしょうか?この辺りは、専門的知識を持った人(学校の先生や先輩など)に聞くことで克服できるかもしれません。しかし、より問題となるのは、自分の書いた文章がはたして正確で適切なのか、それが相手に伝わっているかということです。これを書いた当人が判断するのはとても難しいことです。つまり、論述力を高めようと思ったら他者の目が必要になるということです。

したがって、論文試験で問われる力を高めようと思ったら、専門家の目、他人の目がどうしても必要になると言えるでしょう。これを自前で調達できる方は、独学でも大丈夫です。ただ自前で調達できない方は、予備校の利用をお考えになってはいかがでしょうか?当校は、専門知識の教授だけではなく、専門知識を持った講師が生徒さんの書いた答案を添削し指導する形で授業が構成されています。専門家の目、編入試験について知っている他人の目をお探しの方は、一度ご相談してください。より具体的なアドバイスを差し上げることができますよ。

 【プレ学期】3月7日より全6回 「法学論文の書き方」14:35~16:25

 

【プレ学期が始まります】

こんにちは。

法学系スタッフHHです。今日の東京は気温が低く雨が降っているので、とても寒く感じる一日です。

今回は【受講案内】と【イベント情報】の告知です。

今週の日曜日から「プレ学期」が始まります。プレ学期とは、4月からの本格的な授業開始に向けて、年度が変わるこの時期に「基礎中の基礎」を人に先んじて勉強してしまおうと位置づけられた学期です。2月22日(日)より毎週日曜日に「基礎からの小論文」「初歩からの添削英語」(各全8回)、「今から始めるTOEIC対策」(全6回)という講座が始まります。また、3月7日(土)より毎週土曜日に専門論文の書き方の講座や添削英語の講座(各全6回)が始まります。

法学系(政治学を含む)分野への編入を考えている方にとって、このプレ学期は編入試験に必要な学力を知る良い機会だと思います。是非、プレ学期への参加を考えてみてください。法学系専門論文については「法学論文の書き方」、英語については、様々なレベルの講座が準備されています。

自分がどの講座を受講すればよいか、なかなか判断に迷うところだと思いますので、プレ学期の受講講座を迷われている方は、今週末2月21日(土)15:00より開催する「法学系大学編入/次年度受験者対象説明会」へ是非参加してみてください。

また、この説明会はプレ学期の紹介だけではなく、法学論文の攻略方法や編入試験全般についての情報も提供したいと思っています。なので、法学系への編入をお考えの方、編入自体に迷われている方も、是非、法学系説明会に参加してみてください。説明会後に個別相談もOKです。

編入試験全般を含め、是非、当校へご相談いただければと思います。

 【法学系分野別説明会】2015年2月21日(土)15:00より

【プレ学期】3月7日より全6回 「法学論文の書き方」14:35~16:25

 

【法学ってなに?】

こんにちは。

法学系スタッフのHHです。

法学分野の編入先で勉強するのは、当然ですが、法学です。では、みなさんが編入して勉強しようと思っている法学では、いったい何を勉強するのでしょうか?今日は、ちょっと硬いテーマですが、法学という学問の中味についてお話ししようと思います。

法学という学問分野は、その研究目的によって「法解釈学」と「基礎法学」に大別することができます。「法解釈学」とは、法解釈という法の運用方法(使用方法)を研究する学問です。この法解釈学を学ぶことによって、社会で生ずる様々な紛争を回避・解決する能力を身に付けることができます。多くの方が「法学」と聞いて抱く具体的イメージである弁護士は、この法解釈を中心に訓練を積んだ専門職です。

他方、「基礎法学」とは、法の運用方法ではなく、法そのものを研究する学問です。法そのものを研究することによって、社会において法がどのように働いているかを理解できるようになります。そして、法そのものの理解が深まると、法の運用(法解釈)をうまく行えるようになります。

このように、法学は「法そのもの」と「その運用方法」という学問からできています。「法哲学」、「法史学」、「法社会学」などは基礎法学に、「憲法学」、「民法学」、「刑法学」などは法解釈学に主眼をおいた学問です。病気そのものを理解しているだけでは、また、治療法や手技を知っているだけでは名医とは呼ばれません。病気そのものに対する理解を前提として、適切な診断や治療を行なえることが必要です。同様に、法についての理解を前提として、適切な場面で適切な法解釈を行えるようになることが法学を学ぶひとつの目的となります。

他分野と同様に、この道のりは平坦ではありません。しかし、これらの学習を通じて身に付くのは、知識はもとより、知識の使い方です。この力は、将来どの分野に進んだとしても役立つ力です。「法学部卒はつぶしがきく」と言われますが、これは法学を学ぶことで知識だけではなく、知識の使い方を身に付けることができることに由来します。

法学への第一歩を踏み出してみませんか?中ゼミは、この第一歩のお手伝いをすることができますよ。お気軽にご相談して下さい。

【プレ学期】3月7日より全6回 「法学論文の書き方」14:35~16:25

 

【法学系分野別説明会】 2015年2月21日(土)15:00~

こんにちは。

法学系スタッフHHです。

 

法学系(政治学を含む)の分野別情報が欲しくても、なかなか入手できなかった皆さま、お待たせいたしました。法学系ブログが満を持して立ち上がりました。今後、法学系編入に関係ある話やない話を、このブログを通じて発信していこうと思っています。少しでも、法学や政治学に興味を持ってもらえるといいなと思っています。

 

まず、第1弾として、今回は【イベント情報】です。来たる2月21日(土)15:00~より法学系の「大学編入/次年度受験者対象説明会」を開催します。この説明会では、「法学部編入試験の実施状況」や「試験スケジュール」などの法学系編入の一般的説明の他、実施回ごとに特色あるテーマでお話をしています。これまでに、「編入試験(英語)対策」、「編入試験(時事課題型論文)対策」について実施しました。

 

今回は、「編入試験(法学論文)対策」についてお話しする予定にしています。編入試験で課される法学論文とはどんなものか?どんなことを知っていなければいけないのか?どんな勉強が必要か?どのように勉強すればよいのか?など、法学系への編入を考えた時に、必ず出くわす疑問に答えていこうと思っています。直近の過去問題や中ゼミ秘蔵の資料を一部限定公開しながら、情報盛りだくさんの説明会にする予定です。

 

もちろん、各回完結していますので、これまでの説明会に参加されていない方でもお気軽に出席ください。説明会後に個別の相談もOKです。

 

どうぞご期待ください!