受験アシストコース

海外からの編入・院/受験アシストコース

海外から日本の大学に編入する場合、「いつ・なにを・どのように」進めていけばいいのかという基本的な情報から入手しづらいのが現実です。具体的に筆記試験や志望理由書の対策をおこなうにも、自分がやりたい勉強がどこでできるのか、その場合に必要な対策は何であるのかがわからなければ、効率的に進めることができません。

そのような情報面での「弱さ」を、長年培ってきたノウハウを活かして強力にサポートするのが「海外からの編入・院受験アシストコース」です。国や地域、また学校によって異なる個別の事情を考慮しながら、必要な情報の提供および情報収集の代行をおこないます。

対象者

本コースでは、日本の大学への編入を志望される日本人の方を対象とします。

A.長期留学中の方

B.短期でも6か月以上の方

C.海外で働いている方

D.帰国子女の方(帰国が決まっていて、帰国前から対策を行いたい方)

ただし、次の条件を満たす必要があります。

  • メールでのやり取りが可能な方。
  • 日本に連絡が取れる家族が在住している方。
  • EMS(国際郵便)で配達可能な地域に在住している方。
  • 電話による入学相談を済ませて、入学の許可を得た方

日本人学生でも、すでに帰国されている帰国子女の方は、通学のコースをご検討ください。

コース内容

情報提供など、受験に際して必要な各種サービスが受けられるコースです。

英語や論文などの筆記試験対策も併せて行いたい方は、通信添削コースをご覧ください。

情報提供

●中央ゼミナール保管の過去問題の提供

過去問題は、1回につき5項目分を上限として、月に2回まで、メールでご請求いただくことが可能です。提供方法は、PDFファイルを添付したメール送信を原則としますが、入会者側に受信環境が整っていない場合や、情報の性質上紙媒体での発送が望ましいと当校が判断した場合は、EMSを利用します。いずれの提供方法でも、ご請求から送信・発送完了まで、1週間程度お時間をいただきます。あらかじめご了承ください。

●各種資料の提供

次の資料をご入学時にお送りします。また、新年度の試験日程表、ガイダンスの動画などは、ホームページの校内生向けのページにアップし、新着情報をメールにてお知らせいたします。

  • 『まるわかり!大学編入データブック[最新版]』
  • 「受験体験記集」
  • 最新の試験日程表
  • 研究計画書・志望理由書の書き方
  • 各種タイムズ(受験情報誌)

受験情報収集代行

各種受験情報に関しては、本コース生の在卒状況と志望大学や分野などをお伺いし、当校担当者が情報収集の代行をいたします。

たとえば・・・

●受験資格

海外の大学や短大から日本の大学に編入する場合、受験資格の有無を個別に確認することが必要となります。

●提出書類

大学編入の受験にあたっては、国内からの受験者同様、成績証明書や卒業証明書、志望理由書などを提出することが求められます。

●資格審査

在籍または卒業された海外の大学や短大によっては、受験資格を補完するための資格審査が必要となる場合もあります。

個別面談

●メールによるご相談

簡単な質問や疑問等はメールにて担当者が対応します。メールは24時間いつでも受けつけていますが、担当者から返信をするためには数日いただく場合がございます。メールで対応するには不相応な内容、指導にかかる内容については、電話や来校によるご相談にて対応いたします。

●電話によるご相談

入会期間中、お電話によるご相談を、15回までご利用いただけます。(相談対応時間:平日は日本時間13:30~19:30、日・祝日は日本時間13:00~18:30。コレクトコール不可。Skypeを利用される場合は、事前にお問い合わせください。)

●来校によるご相談

受講期間中、来校による直接の個別相談を、1回1時間で5回まで受けることができます。帰国時にはぜひ面談にご来校ください。(相談対応時間:平日は日本時間13:30~19:00、日・祝日は日本時間13:00~18:00)

※お電話による相談、来校による面談は、事前の予約が必要です。(電話予約受付時間:平日は日本時間10:30~19:45、日・祝日は13:30~19:00)

志望理由書

●個別の添削指導

メール添付の方法によりご送付いただいた志望理由書を、志望分野の専門スタッフが添削いたします。

●志望理由書ガイダンスの視聴

毎年実施する「志望理由書ガイダンス」を収録した動画をインターネット上で視聴することができます。

公開模試

本コース生は、入会期間中に実施する基礎力確認模試を無料で受験することができます。ただし、他の受験生よりも処理が遅れるため、模試の科目別順位については「何位相当」という表示になります。詳しい模試日程については、ホームページにてご確認ください。

割引受講

帰国後、当校が主催する夏期講習などの通学生向けサービスを受講する場合、入会金の減免や校内生割引受講などの各種割引が受けられます。

入会金・受講料

海外からの編入・院受験アシストコース/入会金・受講料

※受講料には、当校から発送する資料にかかる郵送料が含まれます。

※サービスの適用期間は、お申し込みから12ヶ月間となります。

※EMSの第3.第4地帯(こちらからお調べいただけます)在住の方は、受講料が+5,000円となります。

※学生から当校への発送にかかる郵送料は、学生個人の負担になります。

通信方法

全受講生共通の情報については、ホームページからPDFファイルでダウンロードしていただく形式になりますので、事前に閲覧環境の確認をお願いいたします。

個別に必要な情報で、PDF形式による提供が難しい場合は、EMS(国際郵便)を使用した郵送となる場合があります。国によっては追加料金が発生する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

受講生個々に異なる情報の提供や、情報収集代行の依頼についてはメールでのお申込みとなります。必要事項をご記入の上、申請してください。

簡単なご質問はメールによる方法を選択できます。進路指導、学習相談、志望理由書指導、面接指導などは、お電話または来校しての個別面談で対応します。また、当校ホームページで校内生用にアップされている動画、各種資料を閲覧することもできます。

緊急の場合や、口頭で伝える必要のある場合は、電話やSkypeを使用することも可能ですが、事前にメールなどで時間や担当の確認をとってください。

志望理由書や研究計画書の添削を希望される場合は、メールに添付するかたちをとることになります。したがって、手書きでの提出を課された志望理由書については、誤字脱字などの最終確認はできませんのであらかじめご了承ください。なお、スキャナで手書きのものを取り込み、それを添付するという方法をとる場合は、そのような形式での添削も可能ですので、ご希望の方はご相談ください。

注意事項

  • 初回セットには、当校のノウハウが蓄積された諸資料が含まれているため、初回発送後の入会取り消しは一切できません。事前の入学相談で不安な点を解消し、よくご検討なさってからお申込みされることをお勧めします。
  • 本コースは、学費サポートプランの適用外とさせていただきます。ただし、国内にお住まいの親権者様等の名義でお申込みいただく場合に限り、通信サポートコース用学費サポートプランの利用を許可します。